SHOPPING レンズ SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS ソニー Eマウント APS-C SEL1670Z

SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS ソニー Eマウント APS-C SEL1670Z

ソニー SONY 標準ズームレンズ Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS ソニー Eマウント用 APS-C専用 SEL1670Z

SONYのカールツァイスの標準ズームレンズ。日常で使う頻度の高い焦点距離を、ワンランク上の画質で撮影したいならこのレンズがおすすめ。APS-Cのαシリーズユーザーは必須のレンズかも!?

α6500などの6000シリーズユーザーに大人気のカールツァイスの標準ズームレンズ。

レンズボディのサイドに青いカールツァイスのバッジが何とも言えないかっこよさ。このロゴがあるだけで欲しくなってしまいそうですw

日常でもよく使う焦点距離の標準レンズだからこそ、拘りたいレンズでもあります。

SEL1670Z Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

まずはスペックから。

焦点距離16-70 (35mm判換算:24-105) mm
F値F4
レンズタイプズームレンズ
種類広角
フィルター径55mm
レンズ構成12群16枚
レンズマウントEマウント
手ブレ補正あり
絞り羽根7枚
最短撮影距離0.35m
重量308g

F4通しの標準ズームレンズです。焦点距離は16-70 (35mm判換算:24-105)mmと広角から中望遠距離までこのレンズ1本で対応出来ます。

手振れ補正もあり、重さも308gと軽くコンパクトなので、日常使いにもってこいのレンズです。

普段、もっと明るい単焦点レンズ等を使っている方には、ちょっと暗く感じてしまうかも知れませんが、手振れ補正も付いてるし、ある程度はカバー出来るかなと思います。F4〜というのが気になるとの意見も多い様ですが、もっと明るくF2.8になると、サイズも重さも価格もメチャクチャ大きくなってしまうので、個人的にはこのスペックが最高に丁度いいのではないかと思っています。

レンズを余り増やしたくない人にもおすすめ

綺麗に撮れるレンズは欲しいけど、余り沢山買う予定も無いと言う方にもこのSEL1670Zはおすすめのレンズです。

α6500はボディのみの販売でキットレンズはありませんが、α6300・6000はキットレンズとして電動ズームレンズのSELP1650付きの商品があり、今まで標準レンズはSELP1650を使っている方も多いと思います。

SELP1650でもある程度綺麗な写真は撮れますが、慣れてくると「もっと綺麗に撮りたい」という欲が出てくると思います。このSELP1650のワンランク上のレンズがSEL1670Zになります。

SELP1650より望遠側が70mm (35mm判換算:105)とより望遠側に強くなるので使う頻度も高くなると思います。数字で20mmの違いですが、実際にレンズを通してみるとかなり違いが出るんですよね。

SELP1650はかなりコンパクトなサイズで持ち運びには便利なのですが、レンズリングもコンパクトなので操作しにくいという方も多いです、またパワーズームが付いていますが、普通のレンズ操作に慣れている方は、細かい操作等ちょっと扱いづらかったりもします。

その点SEL1670Zは少し大きくなりますが、充分にコンパクトなサイズなので旅行等の荷物を減らしたい場合にも大活躍です。大きくなってる分、リングサイズも大きいので、ピントもズームも操作しやすくなります。

SEL1670Zはどんな写真が向いているか

標準レンズなので、特殊な被写体でなければほとんどの場合で使えます。

広角側で自然や風景、建物など広く撮る事も出来るし、70mm (35mm判換算:105)まで使える望遠側は被写体とちょっと距離を撮りたい時でも、ズームで背景をボカしたりと本当に沢山の使い方が出来ます。

このように使う頻度・使えるシチュエーションの多い標準ズームレンズは出来るだけ良いレンズを使いたいですね。

このSEL1670Zは長い間販売されているので、作例もたくさんネット上にあふれています。
なかでも世界中のカメラマンが撮影した写真が集まるFlickrのpoolのリンクを張っておきます。

LinkSEL1670Zのpool|Flickr

SEL1670Zより明るいレンズは?

F4通しのSEL1670Zより明るい同じような焦点距離が欲しい場合、他のレンズはあるのか?

答えは残念ながらありません。厳密に言えばAPS-C用のレンズでは販売されていません。今後も新商品が出る可能性もかなり低いと思います。

しかし、どうしてもというのならフルサイズ用のレンズに手を出すしかありません。フルサイズ用のレンズならこれになると思います。

このレンズはF2.8通しのフルサイズ用標準ズームレンズとなります。ソニーのレンズの中でも評判と信頼の高いGマスターレンズです。焦点距離が24~70(35mm判換算:36~105)mmになるので、広角側が弱くなりますが、より明るいレンズと言えばこれになります。

広角側が我慢出来たとしても値段が思いっきり跳ね上がり、ソニーストアで252,500 円+税 となっています。

フルサイズ機ももっていて、写りに妥協は出来ないという方はこれをおすすめ出来ますが、正直SEL1670Zと比べるのは違うような気がしますw

他のラインナップを見ても比較出来そうなレンズも無いので、より綺麗な標準ズームをとなると、やはりSEL1670Zが最有力候補になりますね。

フルサイズユーザーじゃなくて、高いGMレンズ買える予算があるのなら、SEL1670Zと他の単焦点レンズ等を買い足した方が楽しいかも知れませんね。

ということで、使用頻度の高い標準レンズの中でもおすすめなSEL1670Zの紹介でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

お問い合わせプライバシー・ポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE