SHOPPING レンズ ズームレンズ 広角 ソニーαEマウント 広角ズームレンズSEL1018(E 10-18mm F4 OSS)

ソニーαEマウント 広角ズームレンズSEL1018(E 10-18mm F4 OSS)

ソニー SONY 広角ズームレンズ E 10-18mm F4 OSS ソニー Eマウント用 APS-C専用 SEL1018

SONY αEマウントの超広角ズームレンズSEL1018。F4通しで軽量コンパクトで使いやすいレンズです。SONY純正レンズの中では一番の広角域を持つこのレンズ。広角好きなら持っておいて損はない1本です。

SONYのαEマウント用広角ズームレンズ「SEL1018(E 10-18mm F4 OSS)」の紹介です。

特徴は何と言っても超広角な焦点距離です。純正のレンズの中でも一番を誇る広角です。

APS-C用のレンズで、αEマウントユーザーでとにかく広く撮りたいという方には必須のレンズになるかと思います。

SEL1018(E 10-18mm F4 OSS)|広角ズーム

SEL1018(E 10-18mm F4 OSS)は、超広角もカバーするAPS-C用ズームレンズです。

焦点距離10-18mmで、35mm換算でも15-27mm、画角も109°-76°と純正のレンズ内では一番の広さです。

次に広いレンズは16(35mm換算:24)mmからとなるので、超広角も撮りたい方には物足りないと思います。

SEL1018(E 10-18mm F4 OSS)のスペック

まずはSEL1018の基本的なスペックからみてみましょう。

焦点距離10-18(35mm換算:15-27) mm
F値4
レンズタイプズーム
種類広角
フィルター径62mm
レンズ構成8群10枚
レンズマウントソニー Eマウント
手ブレ補正あり
絞り羽根7枚
最短撮影距離0.25m
重量225g

F値について

SEL1018の最小F値は全域でF4通しです。
もうちょっと明るいと嬉しいですが、この値段・サイズ・重さでこれだけの超広角を手に出来るのなら文句は言えません。

星などをメインで広角で撮りたい方で、F4以下のレンズが欲しい場合は単焦点で探した方が良いかもしれません。

ただ、このSEL1018じゃ星は撮れないかとういとそうではありません。F値の低い単焦点には負けますが、ISO感度等しっかり使えば星も普通に撮れます。

初心者に超広角はズームのほうが使いやすいかも

明るく綺麗な単焦点が良いのは分かりますが、広角側は1,2mmの違いが結構大きく変わる感じです。

広いが故に写したくない部分まで入ってしまうのが広角レンズの難しい所です。標準域〜は風景でもテーブルフォトでも切り取った撮影がしやすいですが、広角域はそうも行きません。

画角が広すぎて扱いが難しい広角域でも、ズームレンズであればその辺りが凄く便利になります。

やっぱり純正は安心

フルサイズのEマウントレンズでは、ここまで広角の純正レンズは現在発売されていません。しかしAPS-C機では純正でゲット出来るのは嬉しい所です。

やっぱりAF等の動作の事を考えると純正が一番です。初心者にとっても大きな安心になります。

別途でマウントアダプターを購入する必要もありませんね。

SEL1018はどういう写真が向いてるか

この広角レンズSEL1018を使うのはどんなシチュエーションが向いているのかというと、結構なんでも行けちゃいます。

大きな建物の外観を撮る時も、室内でも部屋の広い範囲が撮れたり、街、森、山、海、空、星、風景などなどいろんな場面で使えます。APS-Cの場合望遠側で24mmまでいけるのである程度の切り取りも可能です。

向いていないものというと、ボカした写真が苦手です。これはSEL1018に限らず広角レンズ全てに言える事です。

広角レンズは被写界深度(ピントが合っている部分)が広く、標準レンズ等と比べるとボケにくくなります。基本的に広角レンズにボケを要求する人は少ないと思いますが、一応念のため。

このSEL1018は長い間販売されているので、作例もたくさんネット上にあふれています。
なかでも世界中のカメラマンが撮影した写真が集まるFlickrのpoolのリンクを張っておきます。

LinkSEL1018のpool

画質の評判

ネット上のレビュー等でも解放から綺麗に描写し、広角レンズの特徴の四隅の流れもよく押さえられているようで、絞っていけばより画質も流れも良くなっていくようです。

特に解放から綺麗な描写は嬉しい所です。解放より1段階くらい絞った方がキレが良くなるのは分かりますが、最小F値がF4なので星の撮影なんかでは余り絞りたくないシチュエーションもあります。そんな時でもどんどん解放が使えれば撮影も楽しくなります。

SEL1018はフルサイズのα7シリーズでも使える!?

このSEL1018はαEマウントのフルサイズ機でも使う事が出来ます。

ただ使うだけならどのEマウントAPS-C用のレンズも使えるんですが、言って見ればただトリミングしただけのような処理になるので画質がガクンと下がってしまいます。

しかしSEL1018は擬似的にフルサイズレンズとしても使えます。方法はカメラの設定で「APS-C自動認識機能をOFFにするだけ」、そしてレンズを付ければフルサイズレンズのような扱いになります。

ただ、広角側の10~12mm辺りはケラれてしまうそうで、それ以上の焦点距離のみになってしまいますが、それでもこの超広角ズームレンズがフルサイズ機でも使えるのは嬉しいですね。現在販売されているレンズでこの焦点距離の純正フルサイズ用レンズはありません。

レンズフィルターが使えるのも嬉しい

広角レンズは前玉が丸く出っ張った形状でレンズフィルターがつけられないレンズもあります。しかしこのSEL1018は保護フィルター含め、他のNDやC-PLフィルターなども使えます。

広角レンズは普通に撮ってもパースの効いた特徴的な写真になります。実際の見た目と違う描写とフィルターを使い光や時間を調節しより印象的な写真にする事も出来ます。

このフィルターの有無は無ければ無いで諦める事ができそうですが、あるとやっぱり嬉しいポイントです。

その他のSONY αEマウント広角ズームレンズ

フルサイズ・APS-C含めSEL1018ほどの超広角のレンズはありません。ズームレンズだと広角側は16mm〜しかありません。

その中でも「広角」に拘るとこれしかありません。

同じF4通しのフルサイズ用広角レンズSEL1635Z。このレンズはカールツァイスレンズで、発売当初からずっと人気のあるレンズです。

フルサイズ機で使えば充分に広角なんですが、α6500などのAPS-C機で使うと標準のような焦点距離になってしまいます。

そしてフルサイズ用という事もあり、SEL1018と比べると高いです。でもフルサイズユーザーなら持っておきたいレンズでもあります。このレンズもっての旅行は楽しそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

お問い合わせプライバシー・ポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE