SHOPPING カメラグッズ 物撮りに最適!!LED定常光ビデオライト これがあればフラッシュいらず!?

物撮りに最適!!LED定常光ビデオライト これがあればフラッシュいらず!?

LOE(ロエ) 定常光ライト LED 410球 大光量 2000ルーメン 色温度調整機能 ACアダプター付 (410B)

410球のLEDライトで室内の物撮り等でも大活躍するLED定常光ビデオライトです。ACアダプタによる電源供給で長時間でも安定した明るさを保つ事が出来ます。色温度3200Kと5500Kもダイヤルで細かく調節出来ます。
さらに小さく軽く持ち運びにも適しています。バッテリーによる電源供給も可能なので屋外での撮影にも使用可能です。

フラッシュ代わりに使ってますが、本当便利です

私が普段、レビュー記事などで使う商品写真を撮影する時に使っている自作の撮影ブースがあります。その自作撮影ブースでメイン照明としてこのLED定常光ビデオライトを使っていますが、もう手放せません。

メインで使っているカメラα7にはフラッシュが付いていないので、室内で物撮りに苦戦していました。わざわざ三脚セットしてシャッタースピードを長くして明るさを稼ぐという面倒くさい方法で撮影してました。

そこでフラッシュが欲しくなり探してみると、ソニーの純正フラッシュはなかなか良いお値段。社外品で探せば安く押さえる事も出来るみたいなんですが

さらに私は被写体の正面からではなく、上から左右からと色んな方向から光を当てるという使い方がメインになりそうだったので、それをフラッシュで実現するとなると更に費用がかさみます。

何とかならないかと色々見てみるとビデオライトなるものを発見。詳しく見てみるとまさに私の希望と一致する商品でした。

フラッシュとビデオライトの違い

フラッシュはシャッターボタンを押すと瞬間的に強い光を出します。なので構図や被写体の配置などの設定を行っている時はフラッシュの光が被写体にどのように当たってるかは分かりません。

光の強さや角度などは実際に撮ってみた画像を見るまでは確認する事も出来ません。慣れればセッティング等も速く出来る様になると思いますが私の技術では出来そうもありません。。。

その点ビデオライトは常時光があるので、角度・量・距離・色温度など実際に見ながらセッティングする事が出来ます。これは初心者にも嬉しいポイントです。

光があたりどの様に影が出来るか、また影の強さや角度等、照明を使った撮影に慣れていない初心者にはとても解りづらく難しい物です。しかしビデオライトなら直接見ながら確認出来るのでミスショットも少なくなります。

ボディには三脚穴も付いているので通常の三脚やミニ三脚などの商品とあわせて使う事も出来ます。とくにミニ三脚との相性はバッチリで、卓上での物撮り等に最適です。このミニ三脚との組み合わせでより自在に光を簡単に操る事が出来ます。

個人的にはビデオライトを購入の際はミニ三脚も合わせ買いする事をお勧めします。ちなみに私は下記商品を使っています。

合わせて使うとこんな感じ。

上記商品はManfrotto(マンフロット)のPIXIという商品なのですが、PIXI EVOというニューモデルもあります。こちらは若干金額も高くなってしまいますが、最大耐荷重も1kgから2.5kgにパワーアップされ、開脚角度は2段階・脚の長さも5段階で調節出来ます。最低高も10.5cmとより低く使えるので、一眼レフなどのカメラで使用する際にも大活躍間違い無しです。金額に問題が無ければこちらのPIXI EVOをお勧めします。

フラッシュほどの光量はありませんが、物撮りなら全く問題ありません。フラッシュより弱いといっても最大光量にした場合は直視出来ないくらいに明るいです。

ビデオライトのレビュー記事

自作撮影ブースの記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

お問い合わせプライバシー・ポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE