The north face サンダージャケットをゲット!

スポンサーリンク

先日の冬準備の手袋の記事に続いて、今回も冬準備のために購入したアイテムのご紹介です。
今回の商品はThe north face サンダージャケットです。

サンダージャケットは薄めの軽いダウンジャケットです。

最近はユニクロや他メーカーからも販売されているライトダウンと呼ばれるものですね。

実はこのライトダウン、これまではユニクロや無印の物を買ってはみたものの、シルエットやカラー、質感などに納得いかず、あまり使うこともなくなってしまっていました。

ユニクロなどの物はかなりの低価格なので気軽に買えるのは良いんですが、色々と納得いってなかったのが正直な感想です。

そこで今年は価格帯は全然違うけど、納得いくものをゲットしようという事で、気になっていた「The north face サンダージャケット」を購入してみました。

スポンサーリンク

The north face サンダージャケットのブラックをゲット


今回購入したものはこれ。

サンダージャケットの中でもベーッシックなものですね。
ジッパーを閉めればしっかりと首元まで保護してくれます。

サンダージャケットの中には他にもフードがついたタイプやラウンドネックのものがあるので好みに合わせて選べるのも良いですね。

ロゴは刺繍ではなくプリントとなっていて左胸と右肩にあります。

ジッパーには紐がついていて開け閉めしやすくなっています。

生地表面はサラサラした質感。安っぽいテカリはありません。
内側はツルっとした質感になっていますが、直接肌に触れても嫌なくっつき感はありません。

ポケットの内側は起毛した素材になっているので手を入れるとあったかい。

内側にもポケットが一箇所。

この左胸の内ポケットに収納できるようになっています。収納してみるとこんな感じ。

コンパクトになるのは良いんですが、この状態にするのがなかなか大変。。。スムーズにはいきませんでした。

袖口もゴムが入っていて隙間風を防いでくれそうです。

身長170cmの私が選んだのはLサイズ。Mサイズはちょっと袖丈が短く感じました。そしてインナーによってはかなり窮屈になりそうなのでLサイズにすることに。

サンダージャケットは他のThe North Faceの商品と比べるとちょっと小さめな感じなので可能なら一度試着してみると良いでしょう。

170cmの私がLサイズを着てこんな感じです。

選んだ理由

私がThe north face サンダージャケットを選んだ理由をご紹介。

ダウン・素材がすごい

サンダージャケットはダウンと化繊わたを合わせて作られています。
ダウンジャケットは人口物か天然物か品質が違い、天然物の方が好まれる傾向もあるようですが、サンダージャケットは人口物になります。

しかしただの人口ダウンではありません。化学とテクノロジーを駆使したハイテクなダウンジャケットなのです。

どうすごいかというと、着てる人の体が発する遠赤外線エネルギーを使って保温効果を発揮する仕組みとなっています。さらにダウン自体撥水性が施されています。

また表面生地も耐久撥水加工が施されているので急な天候変化にも安心して着用でます。
撥水加工はされていますが、肌触り自体はサラサラしてるしテカテカツルツルしていないのも良いですね。

見た目的にはちょっとマットな感じになっており、この感じが安物とはちょっと違うオーラを出しています。

シルエットがかなりお気に入り

正直購入の決め手の最大の理由がこれだと思います。着てみてシルエットが超しっくり着ました。

これまでに購入してきた他メーカーのライトダウンは、軽さや値段などの気軽さは最高だったけど、個人的にシルエットが残念に思ってました。

しかしThe north face サンダージャケットは違いました。特に腕周り。無駄に膨らむこともなくダウンなのにシュッとしたシルエット。まさにライトダウンとして望んでいたものがコレでした。

ゴツめのダウンジャケットなら膨らみ感も含めたデザインなので良いんですが、ライトダウンとなるとシルエットはどうしても重要。これまで買ったものが気に入らなかったのもこれが理由。

軽いし動きやす、けれどしっかりした保温性。これ最高じゃん!!

特に私の住んでる宮崎は車社会。移動となれば車に乗り込んでとなります。運転中にも邪魔にならない着心地。もうヘビーローテ間違いなしです!

この良い感じのシルエットはフロントジップを閉めても開けても良い感じです。どちらでもイケるので色んな着回しができそうですね!

長く使える

このThe north face サンダージャケットは毎年出ていますが、定番商品なので大きくデザインが変わることもないので痛まない限り来年も再来年でも使えそうですね。

そして本格的なダウンジャケットとは違い、肌寒くなる秋口から春頃まで使えるのも良いですね。
お気に入りの冬服はちょっと早めでも着たくなってしまいますが、タイミング間違うとめちゃくちゃ寒がりみたいな人になりかねませんw

サンダージャケットは脱いだ後にコンパクトに収納することも可能なのでちょっと暑いと思えば脱いでコンパクトに持ち運べます。これは本格的なダウンジャケットだと出来ないですね。

真冬になると流石にサンダージャケットだけだと厳しいかもしれません。ただサンダージャケット自体保温性はばっちりなので上に軽めのジャケットを羽織れば解決です。

特に相性ばっちりなのは同じThe north faceの商品。私が去年購入したマウンテンジャケットとサンダージャケットを合わせれば防寒にも保温にも優れた組み合わせとなります。この組み合わせで真冬でもいけそうです。

さいごに

着心地、見た目、保温性ともに最高な軽いダウンジャケット。本当に買ってよかった。最初からこれかっとけばよかったと思うくらいです。

サンダージャケットは今回私が購入したベーシックなものの他にフーディ、ラウンドネックのものもあります。
もちろんレディースもありますよ。

スマートなシルエットでしっかりとした保温性のあるダウンを探している方はチェックしてみてください。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PHOTO for LIFE

コメント