BLOG ストックフォト fotolia PIXTA シャッターストック 写真が趣味ならストックフォトをしないと損!? 写真が売れるストックフォトサービス

2017/3/3

写真が趣味ならストックフォトをしないと損!? 写真が売れるストックフォトサービス

ストックフォト fotolia PIXTA シャッターストック


スポンサーリンク


写真やカメラが好きな方は登録しておかないと損するかもしれない、写真が売れる「ストックフォトサービス」についてです。

テレビ等のメディアで目にしたことのある方も多いと思いますが、自分でとった写真が売れてお小遣い稼ぎが出来るサービスです。

実はこのブログ、最初はストックフォトサービスについて書いていました。ですが去年の9月頃からはストックフォトサービスに新しい写真を登録するのをやめていました。

写真の新規登録はしていないのですが、アカウントはそのままにしていたので、過去に登録した写真がストックフォトサービス上に残っています。そんな写真がいまでも毎月ちょっとずつですが売れていて、「ほったらかしでも売れるんだぁ」という事が分かり、これは紹介しないとと思い記事を書いています。


スポンサーリンク

おすすめのストックフォトサービス

写真を売るというと、「プロじゃないと売れない」「高価な機材が必要」等思うかもしれませんが、以外にそんな事無く初心者の私が登録しても以外と売れてしまう、といった感じです。
売れるといっても登録枚数も少ないので毎月数枚程度売れるくらいですが、一応毎月何らかの写真が売れてます。

そして売れている写真も海外の写真とかモデルを雇って撮った写真とかではなく、庭で撮った写真や室内で撮った写真なんかが普通に売れてます。もちろん絶景や使いやすい人物写真なんかはもっと売れるんでしょうけど、普通に撮った写真でも売れる事はあるので初心者でも充分にチャンスはあると思います。

そこで初心者でも気軽に始められるストックフォトサービスをいくつかご紹介したいと思います。

シャッターストック|shutter stock




一番おすすめしたいのは間違いなくシャッターストックです。
海外のストックフォトサービスで、登録に身分証明としてパスポートが必要ですが、私が登録している中でも一番売れるのがシャッターストックです。

管理画面もしっかり日本語化されているので操作に困る事もありません。スマホ用のアプリもあるので、わざわざパソコンでログインしなくても売れた写真等の確認が出来るので便利です。後述するfotoliaにもアプリはあるのですが、使いやすさ・分かりやすさではシャッターストックの方が上です。

私が登録している中で一番写真の枚数が70枚と少ないシャッターストックですが、売上枚数が一番多いです。そして私のシャッターストックで一番売れてる写真がこちら。

買ってきた訳ではなく、実家の庭に咲いてたフリージアを撮った写真です。フリージアは妻の好きな花なのでよく撮っているんですが、こんな何気ない写真でも売れるようです。

線香花火もよく売れます。

夏にはかなりの数が売れた線香花火の写真ですが、なぜか冬でも売れてこれも毎月1枚は売れています。

シャッターストックは全世界で販売されているので、本当に良く売れています。ユーザー数が多いからなのか、色んな写真がまんべんなく売れているのでシャッターストックには色んな種類の写真を登録すると売上に繋がりやすい印象です。

私はもう新規の写真を登録していないので枚数は70枚と少ないですが、一応シャッターストックでの作品一覧を張っておきます。

Linkシャッターストックでの作品一覧

シャッターストックの審査について

シャッターストックの審査はとてもスピーディで採用・不採用の結果がかえってくるのがとても早いです。登録して2,3時間のうちに返答がくる事もあります。

そして審査の厳しさですが、私の場合だと7割くらいの確立で採用されています。数年前は厳しい審査で有名でしたが思っていたより採用されるといった印象でした。

審査も早い・採用率も高い・売れる枚数も多いといった理由からも本当におすすめ出来るストックフォトサービスです。これからストックフォトを始めようと言う方は絶対に登録しておいたほうがよいサービスと言えます。

シャッターストックの報酬

写真が売れる事で手に入る報酬は、購入者の使い方や過去の売上金額によって変動します。初めのうちは$0.25~$1.88の幅となります。金額で見ると少なく見えますが、沢山の写真を登録する事で売上も増えてきます。詳しい報酬金額は下記画像を参照ください。

そして報酬を受け取るには最低$35からとなっていて、受け取るにはpaypalが必要です。現在の獲得金額ではあと少し足りないのでまだ受け取った事はないのですが、paypalを使用する等、普通の日本の銀行口座に直で振り込んではもらえないので、この辺りは少し面倒かも知れません。

少し古くなりますが当ブログでのシャッターストックについて書いた記事をご紹介。これから登録される方は過去記事も見て頂けると、どのような流れで進んでいくか分かると思います。

Linkシャッターストックについての過去記事一覧

シャッターストックの登録はこちらから

フォトリア|fotolia

fotoliaもかなりおすすめです。現在はAdobeに買収されADOBE STOCKとなっています。
Adobe Stockになりましたが、fotoliaの管理画面自体もまだ稼働しているのでどちらでも登録・販売出来るようです。パッと見た感じでは新しいAdobe Stockの管理画面のほうが解りやすく使いやすくなっています。

なのでこれから新規で登録される方はAdobe Stockを使った方が良いかも知れません。

そして写真素材をよく購入するであろうデザイナーの方達に必須なillusutratorやphotoshopなどのアプリケーションと連携したサービスとなっている為、購入に繋がるチャンスは大きいと思います。

このfotolia(adobe stock)ですが、こちらも新規登録はしていなくほったらかしの状態ですが、毎月数枚の写真が売れています。

fotolia(adobe stock)で一番売れている写真はシャッターストックの紹介でも挙げた「線香花火の写真」なのですが、それ以外だと、

このバラとラナンキュラスの写真はよく売れてます。結構季節問わず売れているようです。


こんなのも売れてます。ギターgibsonのレスポールです。

その他も色々と売れていますが、fotoliaは売れる写真が偏ってる気がします。そして1枚売れると何故かとんとんと他の写真も売れる事が多いですね。たまたまなのかもしれませんが。。。

全部で90枚登録しています。その他の写真は下記リンクから見れるので気になる方は見てみてください。どれも日常の生活範囲内で撮った写真ばかりです。

Linkfotoliaでの作品一覧はこちら

fotoliaの審査について

fotoliaの審査も比較的速く、遅くても3日以内には返ってきていました。
採用率は私の場合6割くらいで、シャッターストックより少し厳しいかなといった感じです。

fotoliaの報酬について

fotoliaの報酬単位は「クレジット」と呼ばれるものになっていて、1クレジット=150円となっています。

売れる毎にもらえるクレジットは購入者のプランやライセンス・サイズ等で変動するのですが、一番多いのが0.20クレジットです。

これも少ない金額に思えますが、fotoliaはたまに1.60クレジットや1.65クレジットと多めの報酬をもらえる事があります。そして一度だけ2.40クレジットという事もありました。

私の場合だと0.20クレジット前後が6割くらいで、1クレジット以上が4割といった感じです。

この様にfotoliaは、報酬が多めになる事が多いので、枚数はシャッターストックに負けても、トータル金額では勝っています。この報酬の差はかなり大きいのでfotoliaも登録必須といっても良いと思います。

fotoliaの最低換金金額は7,500円〜となっています。

fotoliaの審査や売り上げ報告が過去記事にありますのでこちらも参考にして頂ければ、よりfotoliaについて解るかと思います。

Linkfotoliaについての過去記事一覧

fotolia|adobe stockの登録はこちらから

絶対に登録をおすすめするのはシャッターストックとfotolia(Adobe Stock)

これからストックフォトを始めようという方はこの二社は必ず登録しておきましょう。他のストックフォト実践者をみても必ずこの二社には登録していますし、売り上げを見ても高い傾向にあります。そして私も自身を持ってお勧めします!!!

シャッターストックの登録はこちらから

その他のストックフォトサービス

ここまでは特にお勧めなストックフォトサービスの二社を紹介しましたが、他にも沢山ストックフォトサービスはあります。

そんなストックフォトサービスをいくつかご紹介して行きます。

PIXTA

日本のストックフォトサービスでこちらもかなり有名なサービスです。
私も登録していて現在182の素材が登録されています。

LinkPIXTAでの作品一覧

日本の会社なので登録も簡単、そして審査もめちゃくちゃゆるめで182の素材を登録するまでに3回しか審査落ちした事はありません。

ここまでだとかなり優良なサービスと思うかも知れませんが、個人的にはあまりおすすめではありません。

なぜかというと、ビックリする位売れないからですw

売れないのは私の写真が悪いのもあると思うんですが、基本的に他のサービスと同じ写真を登録していて他社では売れている写真もさっぱり売れないんです。

売れないのも理由があるようで、どうやらPIXTAは「独占販売」という契約(PIXTA以外では同じ写真は売れない)している方を優先しているようで、それが写真を検索する際に差が出ている様なんです。

検索しても出てこなければ売れないのも当たり前です。また、他社との差別化の為にこのようなやり方をしていると思うので悪い事ではないんですが、登録する側からするとちょっと。。。という感じです。

なのでPIXTAで売り上げを伸ばすなら独占契約をしないと厳しいかも知れません。

一応過去記事にもPIXTAについていろいろと書いてますので気になる方は見てみてください。

LinkPIXTAについての過去記事一覧

PIXTA|ピクスタ

写真AC

私は登録した事は無いのですが、素材が無料でダウンロード出来る為、ユーザーやダウンロード数が多く初心者にもおすすめのストックフォトサービスです。

無料で使えるのに素材提供者には報酬が入るという太っ腹なサービスです。

素材のクオリティはシャッターストックやFotoliaなどにはかなわないといった印象(もちろん全部じゃないですよ、素晴らしい写真も沢山あります)ですが、やはり無料というのは使う側には最大のメリットですね。

でも登録する写真は、他の有料サービスに登録してない物にした方が良いと思います。他では有料なのにここでは無料というのはちょっと個人的におすすめできるやり方ではないかなと思います。

なので他の有料サービスで審査落ちした物を登録する等した方が良いかも知れません。

写真AC

Snapmart

スマホの写真が売れるSnapmart。登録から販売までスマホで完結できる素晴らしいサービスです。

もちろん一眼レフやミラーレスで撮った写真も登録出来るのですが、スマホでの写真をメインとしたサービスはsnapmartが初ではないでしょうか。

スマホならカメラを持っていなくても気軽に始められるので本当に便利なサービスです。

最近のスマホは画質もよく、いつも持ち歩いてるし、いつでもどこでも気軽に写真が撮れます。もしかしたら一眼レフやミラーレスで撮るよりも面白い写真が撮れるかも知れません。

しかもスマホはクリップ式のレンズが格安で沢山出ているので、低価格で色んな画角の写真を撮る事も出来ます。これが一眼レフやミラーレスだとレンズ1本で数万円飛んで行くので、コストも気にせず始める事が出来ます。

関連記事2016-06-28
初心者向け スマホでの写真撮影方法について
最近、私が写真をしてる事を知ってる知人や私の妻などから写真の事を聞かれるようになりました。 でもその事を聞いてくる人たちの殆どは、一眼レフやミラーレス機、コンデジなどのカメラで

Snapmart|スナップマート

ストックフォトで写真を売る為に

ストックフォトで売り上げを伸ばすには売れる写真を増やすしかありません。あたりまえですが大事な所です。

売れる写真・売れない写真

しかし、「売れる写真」に意識が向きすぎるのも良くないかも知れません。
よく言われるのは、「花の写真はライバルが多すぎて売れない」というのがあります。しかし、私の写真では花の写真が結構売れています。こんな情報を鵜呑みにして売れないから撮らないとなってしまうと損をしてしまうかも知れません。

変な固定観念で決めつけるのではなく、日常の物でも探せばいくらでも売れる被写体はあると思います。
線香花火の写真も簡単に撮れるのに実はライバルがメチャクチャ少ないので売り上げが伸びています。

取りあえず撮って登録してみる。これが売り上げを伸ばすきっかけになるかも知れません。

Lightroom|RAW現像

これは必須ではないですが、あった方がかなり有利だと思います。
撮った写真を見返すとレンズにゴミが付いてたり、ホワイトバランスを変えたかったり、ISO感度を上げた事によるノイズを減らしたかったりした事はありませんか?他にも彩度やコントラストを少し変えるだけでも印象がガラッと変わる場合もあります。(やり過ぎは禁物!!)

他にも写真の管理が楽になったり、色んな利点があるのでその内でも導入をお勧めします。

ゴミや汚れには厳しいです

審査ではレンズに付いたホコリやゴミにも厳しめの印象があります。せっかく良い写真が撮れてもこれで台無しになってしまうかも知れません。

撮影前にはブロワーやレンズペンを使ってホコリやゴミを除去する習慣をつけておきましょう。

最後に

かなり長くなってしまいましたが、過去の写真をHDDに眠らせておくよりストックフォトで販売する方がお得ですよ!という記事でした。

お金の為だけではなく、続ける事で上達にも繋がるし、いつもとは違う視点で被写体を探す様になったりと良い事尽くめだと思います。

初めは面倒かも知れませんが、写真が売れると舞い上がるほど嬉しくなりますよw

ストックフォト fotolia PIXTA シャッターストック

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

fotoliaから審査結果のメールが届きました

最近は滞っていたfotoliaへのアップロード。今月の12日に久しぶりに12枚の写真を申請に出していたのですが、その結果が今日帰ってきました。 審査期間は4日かかり、fotoliaでは少し遅め(平均2 […]

fotoliaで今週二枚目の写真が売れました

今日fotoliaで今週2枚目の写真がうれました。 1枚売れるたびにはしゃいでブログでご報告させてもらってますが、売れる枚数は少なくてもやっぱり売れると嬉しいのでついつい書きたくなってしまいます。 こ […]

fotoliaから審査結果が届きました。

写真素材:https://pixabay.com/ 今日の朝4時にfotoliaより審査結果のメールが2通届いていました。 fotoliaはいつも深夜から早朝の寝ている時間にメールが届きます。朝起きて […]

fotoliaで線香花火の写真が売れました

今日ようやく以前fotoliaで販売開始となった写真が売れました。 線香花火の写真は撮ってても楽しかったし、個人的にもいい感じと思っていたので、売れなかったらどうしようと密かに心配してました。 購入し […]

【ストックフォト】Fotoliaでの売り上げを上げる方法 初心者向け

ストックフォトサービスのfotolia。外資系の会社で購入ユーザーも多いfotoliaですが、私が登録しているストックフォトサービスの中でも一番の売り上げです。 といってもまだ換金出来る額まで行ってな […]

fotoliaとシャッターストックで写真が売れました

昨日の夜にfotoliaで1枚、そして今日シャッターストックで初となる1枚の写真が売れました。 今月から始まったシャッターストックでやっと1枚売れました。

fotoliaからの採用・不採用通知が届きました。

写真素材:https://pixabay.com/ 本日の22時頃(ついさっき)、fotoliaより審査結果のメールが届きました。 届いたメールは全部で7通。採用が3通、不採用が4通となりました。 ち […]

fotoliaから審査結果のメールが届きました。

fotoliaから8枚分の審査結果が届きました。 結果は8枚中7枚が採用となりました。   落ちた1枚は、自分の中でも少しピントが甘いかな?と思っていた写真でした。 やはり、fotoliaはしっかり審 […]

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE