BLOG カメラ SONY α7をセンサークリーニングに出してみた|センサーのゴミよ、さよならだ

2017/10/10

SONY α7をセンサークリーニングに出してみた|センサーのゴミよ、さよならだ

カメラ


スポンサーリンク


カメラの中でもっとも重要と言えるイメージセンサー。このセンサー部分に汚れや埃がついてしまうと、撮影する写真に写りこみ影響が出てしまいます。

ブロワーで吹いて簡単に取れる汚れもありますが、頑固な汚れもあります。

こういった汚れや埃は、どんなに気をつけていてもレンズ交換中についてしまいます。特に私のカメラSONYのα7は、レンズを外すとセンサーがすごそこにあり、埃のつきやすい構造になっています。

普段気をつけてレンズを交換していたのですが、写真に写りこむような汚れがついてしまったので、SONYにセンサークリーニングに出すことにしました。

SONYのセンサークリーニングサービス

SONYにセンサークリーニングを出すには「直接ソニーストアに持ち込む方法」と「インターネットで依頼し郵送する方法」の二つがあります。

私の住んでいるところには近くにソニーストアがないため、今回は「インターネットで依頼し郵送する方法」にしました。インターネットから申し込む場合は下記リンクより申し込みます。

SONY|修理のご相談

上記ページにアクセスし、センサークリーニングを依頼したいカメラの型名を入力します。α7の場合は「ILCE-7」になります。数文字入力すると候補の型名が出てきます。

次に「症状を選択してください」で、一番下にある「イメージセンサークリーニング」を選択します。

症状を選択すると、修理目安料金と申し込みのボタンが出てきます。
今回のα7のイメージセンサークリーニングの料金は5,000円+税となりました。ちなみにこの金額には往復の送料も含まれています。

そして注意が必要なのは、ソニーストアで購入してつけられる「長期保証」では、イメージセンサークリーニングは対象外となり有料となってしまいます。
イメージセンサークリーニングが無料になるのは、購入後の1年以内のみとなっています。なので特に汚れが気にならなくても、購入後1年以内に一度はクリーニングに出した方がお得ですね。

金額に問題がなければ規約に同意して修理を申し込みます。
申し込むと、自動配信で内容の確認のメールが届きます。

このメールに受付番号や引取り予定日などが記載されています。また修理経過がわかるURLもあるので、そこから進捗状況を知ることが出来ます。

あとは予定日に カメラを取りに来てくれるのを待つだけです。

カメラを送る際、配送会社が梱包に必要なものも持って来てくれるので、事前に梱包の用意は必要ありません。

取りに来たのは日本通運。梱包資材も精密機械用に独自開発した「パソコンポ」という特殊フィルムで挟み込む構造でした。

傷や付属品などの確認をして丁寧に梱包してサインをして完了です。支払いはセンサークリーニングから戻って来てからになるので、この時はお金も必要ありません。

発送が終わればあとは戻ってくるのを待つだけ。申し込み時の「内容の確認」のメール内に、修理の経過情報を確認できるリンクがあるので、そちらから随時確認することができます。

ちなみに私の場合は24日に発送して29日には到着しました。

受け取りの時にセンサークリーニングと送料を含む5400円(税込)を支払います。

綺麗になって帰ってきたα7と再会

まごころ込めて清掃していただきました。

清掃された箇所はイメージセンサーだけではなく、「液晶パネル・外装」「ファインダー」「レンズ面」も一緒にキレイにしてくれたようです。
写真の右にある青いのは入れていたバッテリー。バッテリー1個も丁寧に梱包されてました。

そしてカメラ本体は埃や湿気から守る為に密封梱包されていました。ここまで丁寧にしてくれるとなんだか嬉しくなりますね。

おまけなのかクリーニングクロスもついていました。

これでセンサーもボディもキレイになったα7でまた写真が楽しめそうです。

今回のイメージセンサークリーニングは、購入後1年以上たっていたので、往復送料を含め5,400円でした。センサークリーニング自体の料金は3,000円です。

ちょっとした注意

クリーニングから帰ってきたカメラの撮影設定が多少変わっていました
変わっていたのは「画質」の部分。

いつも私はRAWのみで撮影していたのですが、帰ってきたα7の設定は「jpgのファイン(初期値)」になっていました。検査の過程で変える必要があったんでしょうね。

変わっていたのに気付かず、綺麗になって帰ってきたカメラに浮かれ撮影に出かけたのはいいんですが、帰宅してLightroomに読み込む時に気付きました。。。

もしかしたら他にも変わってる部分があるかもしれないので、大事な撮影前にしっかりと確認していた方が良いですね。

ちなみに、「親指AF」の設定などはそのままでした。

持ち込みでクリーニングしてもらう場合

近くにセンサークリーニングに対応した店舗がある方は、送料無しで持ち込みのクリーニングが出来るので多少は安く押さえる事が出来ます。SONYのセンサークリーニングに対応した店舗は「秋葉原」「名古屋」「大阪」「沖縄」の4店舗となります。

Linkソニーサービスステーション窓口一覧

店舗持ち込みの際は、事前に予約が必要との事なので注意が必要です。

お得にセンサークリーニングをする方法

持ち込みでも3,000円、郵送での申し込みで5,400円の費用が掛かってしまいます。そんなに頻度が高くなければ大した金額ではないですが、ただでさえセンサーに汚れが付きやすい構造になっているα7シリーズ。出来れば半年に一回くらいの頻度でクリーニングに出せれば良いんですが、頻繁に出しているとお金も掛かります。

そんなクリーニング費用を安く押さえる事が出来るサービスがあります。それが「αあんしんプログラム」です。

αあんしんプログラムに加入すると、センサークリーニングなどのαメンテナンスが50%offになったり、レンズ長期保証5年(ワイド)が50%off、カメラスクールのαアカデミーの受講が10%offになったりと様々な特典があります。

ほかにも期間限定でいろんなサービスがあるようです。詳しくは公式ホームページを見てください。

αあんしんプログラム

αあんしんプログラムの料金は、月額500円+税の月払いか、年払いの6,000円+税の2つがあります。また通常入会金が3,000円+税が必要なんですが、10月20日までに入会すれば、入会金は無料となっています。

私も今まで加入してなかったんですが、この機会に加入する事にしました。

センサーの汚れを確認する方法

センサーの汚れがひどいと普通の写真の撮影でも汚れ等が映り込むので、パソコン等で確認していると簡単に気付く事があります。

しかし、もっと簡単にどの位汚れているか確認する方法があります。それは。

・F値を最大にする
・ISO感度を低くする
・ピントを外した状態で白い壁を撮る

です。この方法を試すとどの位センサーが汚れているか分かると思います。

ただこの方法を試して、今まで知らなかったセンサーの汚れを知ってしまい、汚れが気になって仕方が無いなんて事になるかもしれないので、今までクリーニングした事の無い方は覚悟して試してくださいw

詳しいチェックの方法は、全カメラユーザーの強い味方「Studio9」さまの下記リンクを読んでいただければわかると思います。

Link本当は怖い。。カメラのセンサーゴミをカンタンに確認する方法!|Studio9

自分でセンサーを綺麗にする方法

イメージセンサーは下記の商品を使えば自分で清掃する事も可能です。自分で出来ればかなり安上がりになりますね。

ただ、イメージセンサーに万が一傷を付けてしまったら大変です。私は自分で清掃に自信がなかったので、有料でプロの手でしっかりとクリーニングしてもらう事にしました。

さいごに

自分でも出来るイメージセンサーのクリーニングですが、カメラにとって心臓部と言える大事な部分なので、多少のお金を払ってもプロに任せて良かったと思います。

今後もセンサークリーニングはプロにお願いする事になると思います。

また、購入後1年以内なら無料でクリーニングしてもらう事が出来るので、保証期間が残っている方は期間内に1度は清掃してもらうと良いかと思います。

発売日にα6500を購入された方は、もうすぐ1年経つ頃なので忘れずに出した方が良いですね。

カメラ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

使用しているカメラやレンズ等の紹介

今回は私がカメラを買ってから今までに購入してきた物を紹介したいと思います。メインの写真は、愛用している機材達です。 以前ネットで撮影機材を銃のように並べた写真を見ていつか自分もしてみたいと思ってたので […]

【テザー撮影】sony α7とLightroomでRAW画像のテザー撮影をする方法

今日はテザー撮影について書きたいと思います。 テーブルフォトや自室の簡易スタジオ撮影などで便利なテザー撮影ですが、私の持っているsony α7は、そのままではLightroomでテザー撮影が出来ません […]

夜とカメラと職務質問

どうも、こんにちは。カメラも写真も大好きなストック(@stockphoto_info)です。 写真を撮りに出かけているとたまに警察の方から職務質問を受けます。 ネットを見ていると私以外にも職務質問を受 […]

ソニーストアでα6500の先行予約開始!!ついにこの時が来ました!!

今日、11月2日の10時より、ついにソニーストアでα6500の先行予約販売が始まりました!! いきなりの海外発表時からネット上でも注目を浴びているα6500。APS-Cミラーレス機最高峰といっても過言 […]

【作例あり】α6500で撮影してきました。連写と手振れ補正は凄すぎです

前回に引き続き、α6500のレビューになります。 今回はちょっと時間も取れたので、家族と近くの公園に行ってα6500で撮影してきました。 実際に撮影してみると色々分かり、改めて良いカメラだという事が分 […]

α6500を約6ヶ月使ってみて再レビュー

去年の12月4日に発売されたSONY(ソニー)のAPS-Cミラーレスα6500。 先行予約していたので発売日に手にする事ができ、それから約6ヶ月経ちます。α6500が来てからは撮影の際には必ず持ち歩き […]

ソニーのα6500やα7用にEマウントの広角レンズが欲しすぎて迷っています

α6500を購入する前からですが、ずっと超広角か広角レンズが欲しくて迷っています。 広角レンズで景色や星等を撮影したいと思っているのですが、手持ちのレンズで一番広角になるのは、α7レンズキットに付いて […]

最近写真に興味を持ち出した娘(4才)のために子供用カメラを探してみました

最近4才の長女が写真を撮るのにハマっています。私がカメラを持って出かける時は必ずカメラ機能付きのおもちゃを持ってきて一緒に撮影を楽しんでいます。 今娘が使っているのは、カメラがメインのおもちゃではない […]

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE