BLOG レンズ ズームレンズ 望遠 ソニーのレンズSEL18200LEを買ってみた!これ1本でなんでもイケそう

2017/4/26

ソニーのレンズSEL18200LEを買ってみた!これ1本でなんでもイケそう

レンズ ズームレンズ 望遠 APS-C SEL18200LE SONY


スポンサーリンク


遠くを撮りたい!!だって田舎はだだっ広いんだもん!!

どうも、ここ最近のソニーの大活躍っぷりが嬉しくてたまらないストックです。

望遠レンズはやっぱり必要ですね。遠くの景色を撮るのにも、子供の運動会などで使うにも、ボケた背景を撮るのにも以外と何でも使えてしまう望遠レンズ。よくダブルズームキット等の販売で望遠側のレンズがセットで販売されてますが、本当使いやすいですね。

こんだけ使いやすいからキットレンズでも売られてるんでしょうね。

これまでずっと望遠レンズを持っていなかったんですが、ちょっと前にようやくゲットしました。
購入してから時間は経ってますが、思ってた以上に便利だったのでレビューしたいと思います。

私はα6500用にと購入しましたが、他のソニーのEマウントAPS-C機、α6300/6000/5100などにもおすすめです!!

撮影時の荷物も減るし、これ1本で色んな写真が気軽に撮れてしまいます!

SEL18200LE ソニーEマウントASP-C用レンズ

買ったのはこのレンズ。SEL18200LE(E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE)になります。

このSEL18200LEをα6500用に買ってみました。スペックはこんな感じです。

焦点距離18-200 (35mm換算:27-300) mm
F値3.5-6.3
レンズタイプ高倍率ズームレンズ
種類望遠
フィルター径62mm
レンズ構成13群17枚
レンズマウントEマウント
手ブレ補正あり
絞り羽根7枚
最短撮影距離0.5m
重量460g

焦点距離が18-200mmですが、ASP-Cのα6500で使うと35mm換算で27-300mmになります。

普通の望遠レンズというと70mm〜のレンズですが、これは18mm〜とかなり幅の広いレンズになります。こういうレンズを高倍率レンズと呼びます。個人的に望遠も使える物が欲しくてコレを買ったんですが、トータル的にいい感じで思ってた以上に良いレンズでした。まさに便利ズーム!!

値段はソニーストアで71,238 円+税となっています。ソニーストアで購入する場合は、事前にMy Sony IDに登録しておけば10%offのクーポンが貰えるのでおすすめです!!

ソニーストアのクーポン

値段に関しては高くもなく激安でもない購入しやすいレンズかなぁと思います。高いか安いかは人それぞれですが、フルサイズ用のレンズとか見てると安く感じてしまいます。

このSEL18200LEを買うまでかなり悩みました。フルサイズ機のα7も持ってるのでフルサイズ用のレンズを買えばα7とα6500両方で使えます。なのでフルサイズ用にしようかなとも思ったんですが、とりあえず望遠が欲しかった理由が娘の幼稚園での発表会や運動会だったんです。

そうなるとα6500の連写などが便利だし使いやすいだろうと思いかなり悩んでAPS-CのSEL18200LEに決めました。ちなみに候補にあがった他のレンズはコレです。

候補にあがった望遠レンズ達

まず最初に考えたのはコレ。

憧れの白レンズです。
フルサイズ用だし、Gレンズだし、F4通しだし、ストームトルーパーみたいだしでずっと欲しいレンズの1つでもあります。

焦点距離を変えてもレンズの長さが変わらないのもポイント高いんですが、デカくて重いです。ここまでデカいとせっかくのα6500の機動力の良さが減ってしまいそうで却下となりました。

で次に候補に挙がっていたのがコレ。

これもさっきのレンズと同じのフルサイズ用でGレンズですが、テレ端が300mmまであります。α6500で使うと450mmの望遠となります。この450mmにはかなりひかれますが、ちょっと高いのと854gとちょっと重いのが気になり却下となりました。

フルサイズ用はやっぱりデカくて重くて高いのでAPS-C用で探してみ事に。するとコレも候補にあがってきました。

またまたGレンズで価格も安め。フルサイズ用ほど重くないし、パワーズームも付いてるんで動画撮影にも便利に使えます。あと見た目も好きな感じなので前から欲しかったレンズなんですが、テレ端が105mmまで。今回は望遠側が特に欲しかったので「足りない」となるのが怖く却下になりました。

こんな感じで色々と目移りしながら悩んだ結果、決めたのがSEL18200LEとなりました。

SEL18200LEに決めた理由

実は今までこのSEL18200LEを欲しい!と思った事は一度もありませんでした。広角から望遠までレンズ交換なしで撮影出来るのは便利だろうなぁとは思っていたんですが、高倍率だし画質とかどうなんだろうと疑ってました。

そんな風に思ってたけどSEL18200LEにした理由は値段と大きさと重さでした。

α6500で使うなら出来るだけ小さい方が良いし、重さも460gと軽いし広角も望遠もレンズ1本だと楽だろうなぁというのが最大の決め手となりました。

あと値段も手頃だったのも大きいですね。高価なレンズが良いのは充分に分かってはいるんですが、そろそろ出ると噂されているフルサイズ用の広角ズームレンズがあるんです。ずっと待ってるんだけどなかなか出てきません。しかし販売となったらどうしても欲しくなるだろうしで、今高価なレンズを買う余裕は無かったんです。

SEL18200LEが安いと言ってもフルサイズ用と比べたらというだけで、そこそこのお値段なんですけどね。ていうかもう高い安いの基準が分からなくなってきましたw
最近ソニーがレンズにも本気出してきてるのはメチャクチャ嬉しいんですが、お値段も本気なので10万以下だと安っ!!って思ってしまいます。多分やすくないんですけどねw

ストック

このレンズ7万だって!!安いね!!
もう1本いけるんじゃない!?

充分高いと思うよ!?感覚大丈夫!?
そして2本はダメだよ!?

とまぁこんな感じでSEL18200LEをゲットする事になりました。
ゲットはしたんですが、娘の運動会もまだだし、発表会はすでに終わったしでちょっと訳の分からないタイミングだったと買ってから気付きましたw

こんな微妙なタイミングで買ってしまったのは、ずっと待ってるレンズが出ないのもあり、ちょっと前にこんな記事を読んでしまったから。

Link子供をより印象深く撮影する時のポイント(隊長のおすすめ)

はてなブロガーの隊長さんのこの記事を見てついつい買ってしまいましたw
望遠レンズの特徴や子供を撮る時に気をつける事など珍しく真面目な記事になっています。たぶん隊長さんはSEL18200LEより高価な望遠レンズだと思います。

まだこのレンズで娘達の写真をそんなに撮ってませんが、今度親子遠足があるのでその時に大活躍する予定です。

さらに最近はα6500にSEL90M28Gの組み合わせにハマっていて、使う頻度も極端に少なかったです。

でもせっかく買ったんでレビューはしたいと思い、先日ちょっとじっくり使ってみたのでレビューしてみたいと思います。

SEL18200LEをじっくり使ってみた

前置きが長くなりましたがここからが本題のレビューとなります。今回は開封の儀は吹っ飛ばして、作例メインでレビューしていきます。

見た目も重さもコンパクトに出来ているので、レンズが伸びていない状態では望遠レンズではなく、標準レンズくらいに見える大きさです。このサイズ感が本当α6500にピッタリ!!気軽に持ち歩けます。

レンズは焦点距離によって長さが変わります。ワイ端(広角時)ではコンパクトですが、テレ端(望遠時)にするとこんなに長くなります。

移動時等に勝手にレンズが伸びて来ない様にロックもあります。ロックしてない状態だとちょっとずつですが伸びてきます。移動中はロックしてた方がいいですね。

操作性はちょっとズームリングが堅い様に感じます。引っかかる感じと言うか。。。でもこの堅さのおかげで真下を向いても簡単に伸びて来ないのかもしれません。
ズームリングは幅があり操作しやすいんですが、ピントリングはボディ側に近く幅が狭いのでファインダーをのぞきながらだと、手探りで探す事が何度かありましたが、慣れてしまえばそのような事も無くなると思います。

画質について

正直買うまでは高倍率ズームレンズは便利さだけで画質は残念なんだろうなぁと思ってました。この考えのせいでSEL18200LEが今まで候補に挙がって来なかった理由でもあるんですが、いい意味で裏切られました。

単焦点レンズなどと比べるとさすがに劣りますが、充分に使えます。むしろ想像より良かったので大満足です。やっぱり使ってみないと分からないですねぇ。

広角側は広角特有の歪曲が目立ちますがlightroomの補正で修正出来るレベルです。

下の写真が広角で撮った写真ですが水平線がまっすぐじゃないのが分かると思います。

色々撮ってみた

作例というにはちょっと微妙な写真ばかりですが、色々と撮ってみたので張っておきます。

ズームすると面白い

まずは広角。

そして望遠。

もうどこの部分か分からないくらいズーム出来ました。これは楽しい。
この日はちょっとガスってたので望遠側の写真がちょっとあれですが、空気のきれいな時はもうちょっと綺麗に撮れそうですね。

さらに広角で撮影していたらちょうど飛行機が飛んできました。まずは広角側の写真ですがどこに飛行機があるか分かりますか?

目視でもちょっと遠かったんですがズームしてみるとこんな感じ。

レンズを変えずにサッと景色にも望遠にも対応出来る。まさに高倍率ズームレンズの良さですね。

ズームで見た雲の動きも面白かったのでちょっとタイムラプスを撮ってみました。

目視だとただ流れてる様にしか見えない雲もこんなに激しく動いてるんですね。ただここまで寄ると何か分からないですねw

望遠のおかげでボケる

そして望遠によるボケも。標準域などではF値を開放にしてボケさせるんですが、望遠を使えば絞ってもボケてくれます。下の写真はF値10でもしっかりボケてます。

その他の写真

スポンサーリンク

最後に

レンズの交換をしないのは本当に便利ですね。旅行などで荷物を少なくしたいけど、景色も撮りたいし建物も撮りたいし遠くも撮りたい、なんて時はSEL18200LEの様な高倍率ズームレンズがあれば1本でOKです。

本気で綺麗な画質で残したい時は頑張って色々レンズを持っていくのをお勧めしますが、気軽にいろいろ撮影したいとなればコレしか無いですね。

レンズ ズームレンズ 望遠 APS-C SEL18200LE SONY

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SONYの新しい広角レンズ16-35mm f/2.8 GMはいつ出るんだろう

てっきりフォトキナで発表されるのかなと思ってたSONYのGマスターの広角レンズ16-35mm f/2.8 GM。 フォトキナ開催中毎日ワクワクしていたんですが発表は無かったですね。。。 F値も2.8と […]

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE