BLOG カメラ ミラーレス α9が来た!!ソニーが新しいカメラ「α9」とSEL100400GMを発表

2017/4/20

α9が来た!!ソニーが新しいカメラ「α9」とSEL100400GMを発表

カメラ ミラーレス Eマウント SONY α9


スポンサーリンク


α9がついに…

ソニーがαシリーズで最高クラスのカメラ「α9」を発表しました。

少し前からα9の噂が出ていましたがついにこの時が来ましたね。α7シリーズが値下げされ、そろそろ出る頃だと購入を控えてた方も要るんじゃないんでしょうか。

α9について

Sony digital Imaging pressで発表されたα9(ILCE-9)。

もちろんスペックや外観なども出ているのであわせて紹介していきます。

α9のスペック

  • ・レンズ:Eマウント
  • ・センサー:世界初のフルサイズの積層CMOS 有効2420万画素
  • ・裏面照射
  • ・最大20枚/秒の連写AF/AE
  • ・RAW時241枚、JPEG時362枚の連続撮影
  • ・ブラックアウトフリー連写
  • ・センサーの約93%カバーの693ポイント(位相差AF)
  • ISO感度:100-51200 (拡張 50-204800)
  • ・5軸手振れ補正
  • ・デュアルSDカードスロット UHS-II対応(SLOT1)
  • ・タッチパネル
  • ・新しいバッテリー「NP-FZ100」で従来の2.2倍容量
  • ・バッテリーライフ:ファインダー使用時 480枚 / ディスプレイ使用時 650枚
  • ・サイレントシャッター
  • ・LANターミナル
  • ・大きさ: W 126.9mm x H 95.6mm x D 63.0mm
  • ・重さ:673g
  • ・2017年6月出荷開始予定
  • ・4,500ポンド

こんな感じのスペックになっています。(随時更新)
書ききれてない情報もたくさんあるので今後も詳しい情報が分かり次第追加していきます。

モンスターなカメラα9

ここ最近、レンズも含めかなり高スペックな製品を発表しているイケイケなソニーですが、フラッグシップとしてのα9ももちろん、全力できてます。

まずはセンサー。世界初のフルサイズの裏面照射積層CMOSセンサー、これが凄い。同じくソニーが出しているコンデジのRX100 Ⅳで使われていたんですが、RX100は1型センサーでした。小さいセンサーであれば導入しやすかったんでしょうが、フルサイズには搭載出来ていませんでした。

そしてこれをフルサイズでは世界初としてα9にもってきました。APS-Cを吹っ飛ばしていきなりフルサイズに導入です。(出来ればα6500にも欲しかった)

このセンサーのおかげで読み出しが速くなり、なんとα7Ⅱの20倍だそうです。2倍じゃないですよ?20倍ですよ?

また、無音・無振動で最高1/32000秒の電子式アンチディストーションシャッターを搭載されています。

テレビの記者会見などみてるとバシャバシャバシャっと凄い音がなってますよね?音が鳴るのは構造的に仕方の無い所もありますが、これがα9では無音で無振動でシャッターを切る事が出来ます。

このおかげで静かな場所でも気にする事無くいくらでもシャッターが切れます。飲食店でもスポーツの観戦中でもいつでもどこでも静かなシャッターです。

記者会見時のカメラが全部α9になったら凄く静かになりそうですねwフラッシュの光だけで皆ちゃんと写真撮ってるの?ってなりそうですw

ほかにもセンサーの約93%カバーの693ポイント(位相差AF)もすごいですよね。SONY UKのサイトに詳しく乗ってますが、凄い数ですよ。

これは他社のフルサイズ一眼と比べるとダントツなんじゃないでしょうか。

あとLANケーブルの差し込み口もついてて、サーバーにFTPアップロード出来るみたいです。凄すぎるね。

また、バッテリーも新しい物が採用され、容量も従来の2.2倍と大幅にアップしています。α7シリーズの時からバッテリーの減りの早さはかなり不評でした。
ボディーサイズとミラーレス機という事を考えるとバッテリーの問題はしょうがない様に思っていましたが、やっぱりグングン減っていくバッテリーは一日撮影に出るとなると無視出来ません。

またデュアルSDカードスロットも搭載。動画撮影時など便利そうですね。この辺りも他社のプロ向けフルサイズ一眼レフ機では当たり前になっていたのでいかにプロ向けを意識して作ったのか分かります。

そして連写枚数も大幅アップ!!α7では5枚/秒でしたが、α9では4倍の20枚/秒。α6500でも11枚/秒の連写でした。私もα6500で連写の恩恵を受けましたが、それ以上の連写性能です。しかもフルサイズで!!これも世界初のフルサイズの積層CMOSセンサーの性能のおかげかも知れません。

追従AFもα6500では充分に使える性能です。そのα6500の位相差AFポイントは425点ですが、α9では更に上を行く693点!!センサーの93%をカバーしています。こういった所を見るとα9でも追従AFの連写撮影にも充分に期待出来そうです。

気になる価格は4,500ポンド。日本での価格はどのくらいになるんでしょうかね。追記:正式な金額ではないですが、日本では市場推定価格、500,000円前後(税別)とのことです。

Linkα9 プレスリリース|SONY

ちなみにこの前でたα6500は1,500ポンドになっていて日本では149,800円+税になっています。これを考えるとα9の日本での値段は450,000円くらいでしょうか

ストック

高い。。。買えない。。。

関連記事2017-04-21
SONYのα9が日本国内でも正式発表!予約・発売日が決まりました
先日海外で発表され、その性能の凄さからネット上でも話題になっているα9。 そんなα9ですが、本日日本国内向けでも正式に発表されました。先日このブログでも紹介しましたが

今までのα7シリーズから比べると、よりプロ向けに作られたカメラですね。素人の私にはもったいなさすぎるカメラだ。。。
私はおとなしくこれで出てくるかもしれないα7RⅡの中古を狙いますw

ストック

その前にレンズが数本欲しい

ただ、動画で4K/60pが無いのはちょっと意外でした。次に出るカメラでは対応してくるだろうなと思ってたんですけど無かったですね。。。熱関係で無理だったんですかね。

α9の外観


まず正面から。
α9のロゴがゴールドになってます。ここでもα7シリーズとの格の違いを見せていますw


モニター側。ファインダーの右下に動画録画ボタンが来てますね。

α7シリーズではボディの左側についていたんですが、これが押しにくいのと、たまに誤作動させてしまう場所だったのでこの変更は良さげですね。

そしてモニターの右側に新しいマルチセレクターがついています。こういう新しいボタン等が1つ増えるだけでも格段に操作性が向上するのでここも良さそうなポイントです。
α9にはタッチパネル操作も採用されていますが、α6500のタッチパネルはあまり使ってないんですよね。タッチしてのAFポイント変更等はたまに使うんですが、ファインダーを覗きながらという操作は私には勝手が悪かったです。こういったAFポイントの移動等の操作が、この新しいマルチセレクターで出来る様になっていればより使いやすくなってそうです。


そして上部。

左側にも新しいコントロール機能が増えてます。見てみると撮影モードやフォーカスモードがここで変える事が出来るようです。これは使いやすそう。

操作性はかなり良くなりそうな印象です。いろいろとボタン等が増えたりメモリーカードが2枚に増えたりしてますが、大きさはほとんどα7RⅡと同じです。厚みが3mmほど増えただけ。すごいね。フルサイズで新機能たしてもこのサイズで出来るなんて。

α9の作例

α9で撮影された写真がすでに作例としてみる事が出来ます。

Linkα9の作例

SEL100400GM

α9と同時に新しい望遠レンズも発表されました。

100~400mmの望遠レンズです。白レンズです。Gマスターレンズです。
ついにEマウントレンズでも400mmがでましたね。しかも解像感もボケ味も評判がよいGマスターレンズです。

LinkSEL100400GMの作例

SEL100400GMの外観とスペック


やっぱり白レンズかっこいいですね〜。スターウォーズのストームトルーパーみたい。


これはα9にSEL100400GMにつけた写真です。

F値は解放4.5-5.6で最短撮影距離0.98m、フィルター径は77mmで重さが1395gになっています。
コンバーター使えば800mmの超望遠レンズに。今まで望遠側が弱かったEマウントがこれで解消されそうですね。このレンズも待ってた人多そうですね。

ストック

っていうか1635の広角GMレンズはまだ出ないの?

動画もでてきてます

発表と同時にyoutube上でもα9の動画が出てきてるので貼っておきます。

これはα9で撮影した4K動画。

最後に

今後も新しい情報が分かり次第どんどん追記していきます。

最近は快進撃を出しているソニーの新しいカメラ「α9」。だいぶ型落ちとなってしまったα7無印で全く困ってないんですけどやっぱり気になりますね。

α7RⅡと比べると解像度は落ちますが、Eマウントフルサイズ機の最高峰のα9。発売されてからも楽しみですね。

α9を買いそう/買えそうなαユーザーはすでにα7RⅡを持っていそうですが、α7Rユーザーは解像度に不満が出るかも知れませんね。今後もしかしてα9シリーズでα9Rやα9Sなんかが出てくるんですかね。

どっちにしてもソニーがプロ向けを意識しているのは間違いないですね。今年はレンズのラインナップに力を入れていくという噂もあるし、つい先日にも凄いレンズが発売されました。

新作ラッシュが続いてるソニーですが、まだ噂のあるレンズもあるので今後の展開も目が離せません。

関連記事2017-04-21
SONYのα9が日本国内でも正式発表!予約・発売日が決まりました
先日海外で発表され、その性能の凄さからネット上でも話題になっているα9。 そんなα9ですが、本日日本国内向けでも正式に発表されました。先日このブログでも紹介しましたが

参考リンク

もっと詳細を知りたい方の為にSONY UKのリンクも貼っておきます。
α9のページ:https://www.sony.co.uk/electronics/interchangeable-lens-cameras/ilce-9

α9のスペック:https://www.sony.co.uk/electronics/interchangeable-lens-cameras/ilce-9/specifications

カメラ ミラーレス Eマウント SONY α9

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

α6500でスローモーション動画を撮影してみました

ここ最近、α6500の記事ばかりになっていますが嬉しくて舞い上がっているという事でお許しくださいw 今回はα6500でスローモーション動画を撮影してみました。発売前から気になっていたこの機能ですが、今 […]

ソニーのα6500やα7用にEマウントの広角レンズが欲しすぎて迷っています

α6500を購入する前からですが、ずっと超広角か広角レンズが欲しくて迷っています。 広角レンズで景色や星等を撮影したいと思っているのですが、手持ちのレンズで一番広角になるのは、α7レンズキットに付いて […]

SONY α6500が海外で発表!!5軸手振れ補正とタッチパネルが導入されたAPS-Cミラーレス

海外でソニーα6500、APS-Cミラーレスカメラが発表されました。α6300もついこの前出たばっかりだったので、まさかこんなに速くα6500が出てくるとは思っていませんでした。APS-C最高峰カメラα6500の誕生です。

SONYのα9が日本国内でも正式発表!予約・発売日が決まりました

先日海外で発表され、その性能の凄さからネット上でも話題になっているα9。 そんなα9ですが、本日日本国内向けでも正式に発表されました。先日このブログでも紹介しましたが、改めてα9の情報を見てみるとスペ […]

打ち上げ花火をきれいに撮るためのカメラの撮影方法【一眼レフ・ミラーレス一眼】

7月に入り、雨の日もだんだん少なくなり待ちに待った夏になってました。 夏と言えば花火ですね。手持ち花火も良いけど迫力ある打ち上げ花火は誰でも心躍るものだと思います。 そんな夏の風物詩、打ち上げ花火を一 […]

sony α7 ILCE-7を購入するまでと使ってみた感想など

私は2014年の10月1日にsonyのフルサイズミラーレス一眼 α7 ILCE-7を購入しました。購入して1年7ヶ月使い続けて良かった事、悪かった事を書いてみたいと思います。   ※5/11追記有り […]

Nikon F3というフィルムカメラをもらったのでフィルムカメラも始めます

Nikon F3というフィルムカメラを父からもらいました。 最近色んな方の写真ブログを見ていて気になっていたんですが、ついこの前α6500も買ったばかりで中古とはいえ購入するまでには至っていませんでし […]

最近写真に興味を持ち出した娘(4才)のために子供用カメラを探してみました

最近4才の長女が写真を撮るのにハマっています。私がカメラを持って出かける時は必ずカメラ機能付きのおもちゃを持ってきて一緒に撮影を楽しんでいます。 今娘が使っているのは、カメラがメインのおもちゃではない […]

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE