BLOG カメラ SONYがα7RⅢを発表!!マジで凄いカメラだ・・・

SONYがα7RⅢを発表!!マジで凄いカメラだ・・・

カメラ


スポンサーリンク

ソニーが本日10/25に、α7シリーズ上位機種のα7R III (ILCE-7RM3)を発表しました。

てっきりα7Ⅲが先に発表されると思っていたんですが、まさかのα7Rでした。
α7Rは、α7シリーズの中で高画質モデルとして画質にとことん拘りたいカメラマンにも人気の機種です。

そして今回新しく出たα7RⅢには、発表とともに大きな話題となったα9の技術も導入され、画質はもちろん、様々な機能がアップグレードされています。
新しくα7RⅢが発表されたことで、さらに人気となりそうなこのカメラ。どこが変わったのか気になるポイントを見ていきたいと思います。

※追記 現在先行予約販売が行われています。絶賛販売中です。

α7R III (ILCE-7RM3)

前モデルα7RⅡが出たのは2年前。少し前にすっごいカメラα9を出したばかりのSONY。α9の衝撃が大きすぎて、正直α7RⅢが発表されて詳しいスペックを見るまでは不安もありました。あの衝撃を超えれるかどうか。。。

しかし高スペックを全力で突っ込んでくるSONY、流石です!!今回のα7RⅢもかなり衝撃の内容となっています。

発売日と価格

まずは一番気になる価格と発売日から。

α7RⅢの発売予定日は2017年11月25日となっています。ちょうど1ヶ月後ですね。

そして先行予約販売は2017年10月31日の10時からとなっています。発売日にゲットしたい方は予約必須ですね!

気になるお値段は店頭予想価格で37万円(税込)とのことで、これまでのα7Rシリーズと大きく変わらないお値段になりそうです。

より高解像度に、より速く

α7RⅢでは、信号処理システムを一新し、より強力なカメラと生まれ変わりました。

有効画素数は約4240万画素で裏面照射型CMOSセンサーと前モデルのα7RⅡと同じですが、より高速な処理が可能となった新世代の画像処理エンジンBIONZ Xを搭載することで約1.8倍の高速化。そして新しいフロントエンドLSIを導入し、イメージセンサーからの読み出しも約2倍となりました。

そして信号処理システムも新しくなったことで、中高感度域で約1段のノイズ低減しました。

また、手ぶれ補正では、世界最高の5.5段の補正効果を誇る光学式5軸ボディ内手ブレ補正となりブレの少ない高画質な撮影ができます。

連写性能も大幅アップ!AF/AE追随AF/AE追随最高約10コマ/秒

α7RⅢでは一新された画像処理システムのおかげで、最高約10コマ/秒の連写も可能となりました。

UHS-II対応のSDXCメモリーカードを使用していれば、RAWでも最大76枚の連写が可能。また無音・無振動のサイレント撮影でもフル解像度でAF/AE追随最高約10コマ/秒の連写が可能なので、静かな場所でもα7RⅢならではの高画質をいかした連写が可能となっています。

前機種のα7RⅡではAF・AE追従約5コマ/秒連写だったので大幅な改善ですね。

でも高画質のα7RⅢで連写を使いまくってたらデータ容量が恐ろしいことになりそうですねwメモリーカードも大容量を用意した方が良さそうです。

AF性能ももちろん凄くなった!

α7RⅢでは、α9の新AFアルゴリズムをα7RⅢ用に最適化し、AF速度や動体の追従性も前モデルα7RⅡと比べ、約2倍になっています。

そして約68%をカバーする399点の像面位相差AFセンサーと425点のコントラストAFポイントを導入しAF精度も大幅にアップしました。
コントラストAFに関しては前モデルα7RⅡが25点だったのに対し大幅アップの425点です。連写機能と合わせて、より精度も高くなったAFでシャッターチャンスを逃すことも少なくなりそうですね。

そして人物の目を検知しピントを合わせてくれる「瞳AF」機能も、速度や精度・追従性が約2倍にアップ。動いている人物撮影でもしっかりとピントを目に合わせ追従してくれます。

初代α7Rが出た時は、高画質すぎる上に、AF精度もあまり良くなく、子供なんかを撮影するのはかなり厳しいという意見をよくみましたが、新しくなったα7RⅢではそういった撮影でも期待できそうですね。α9での瞳AFの性能がかなり評判が良かったので、この部分に期待している人も多いのではないでしょうか。

その他もいろいろ凄い!


背面液晶にはタットパネル機能を搭載し、撮影時のフォーカスポイントを直感的に操作することもできます。

また、α9に搭載されたマルチセレクターも追加され、瞬時に簡単にフォーカスポイントを移動・設定できるようになっています。このマルチセレクターは、α9に付いた時にかなり羨ましく思ってました。これまでのα7シリーズはフォーカスポイントの移動がちょっと面倒だったので、この機能を待っていた人は多いと思います。

そして背面にAF-ONボタンが搭載されました。これで親指AFも操作しやすくなりました。これまでの機種だと専用のボタンがなかったためカスタムメニューで設定する必要がありました。

ファインダーも新しくα9に使用された物と同じになり、約369万画素で鮮明ながそうとしてみることが出来ます。

バッテリーもα9から採用された大容量のNP-FZ100に。これまで使用されていたNP-FW50の約2.2倍の容量となっています。


そしてSDカードスロットも2つに増え、リレー記録・同時記録が可能となりました。UHS-IIに対応しているのはスロット1のみですが、高画質ゆえ容量が大きくなるα7Rシリーズ。これも嬉しいポイントですね。

手ぶれ補正機能を利用した「ピクセルシフトマルチ撮影」機能を搭載。4枚の画像から合計1億6960万画素の色情報を利用した超高画質な画像を作り出すことができます。
文章だと何のことかわからないと思いますが、ピクセルシフトマルチ撮影に関してyoutubeに動画が上がっていました。動画を見ていただいたら凄さがわかると思います。マジ凄いです!

α7RⅢの機能についての動画もyoutubeに上がっていましたので、合わせてみればよりα7RⅢの凄さがお分りいただけると思います。

気になる方は公式ページもチェック

さらにα7RⅢの詳しい情報が知りたい方は公式ページもチェックしましょう。

主な仕様がわかるPDFファイルも配布していますし、α7RⅢの撮影サンプルも掲載されています。

Linkα7R III 商品情報|SONY

さいごに

新しいカメラが出るたびにハイスペックで驚くソニーのカメラですが、また今回も驚かされましたw
急いで書いたので、まだ書ききれてない箇所があるのでどんどん追記していきます。

無印のα7Ⅲではなく、先にα7RⅢが出たことにも驚きました。いつもなら先にα7が出るはずなんですが、今後出てくるんでしょうか。α7RⅢのあとにα7Ⅲを発表してもインパクトが薄くなりそうな気もしますが。。。

もしα7Ⅲが後から発表になるなら、バッテリーのNP-FZ100対応やマルチセレクターも搭載して欲しいですね。

α7シリーズの最上位機種として新しく発表されたα7RⅢ。先行予約開始までもうすぐですが皆さんはどうしますか?

カメラ

スポンサーリンク

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

打ち上げ花火をきれいに撮るためのカメラの撮影方法【一眼レフ・ミラーレス一眼】

7月に入り、雨の日もだんだん少なくなり待ちに待った夏になってました。 夏と言えば花火ですね。手持ち花火も良いけど迫力ある打ち上げ花火は誰でも心躍るものだと思います。 そんな夏の風物詩、打ち上げ花火を一 […]

sony α7 ILCE-7を購入するまでと使ってみた感想など

私は2014年の10月1日にsonyのフルサイズミラーレス一眼 α7 ILCE-7を購入しました。購入して1年7ヶ月使い続けて良かった事、悪かった事を書いてみたいと思います。   ※5/11追記有り […]

α7III発表!!SONYのフルサイズミラーレスの新基準はやっぱり凄かった

α7IIIがついに発表されました!! コンパクトながらもフルサイズセンサーを持つ、SONYの人気ミラーレス一眼のα7IIIがいよいよ登場です。 追記:本日よりソニーストアで先行予約が受付開始されました […]

気になるレンズやカメラをレンタル出来るサービス

カメラをやってるとレンズが欲しくなるという欲求は避けては通れません。 ただ安い物もありますが、欲しくなるレンズや良さそうなレンズは高価な物が多いです。 なので購入前に色んなレビューや作例を見たりはする […]

SONY α6500が海外で発表!!5軸手振れ補正とタッチパネルが導入されたAPS-Cミラーレス

海外でソニーα6500、APS-Cミラーレスカメラが発表されました。α6300もついこの前出たばっかりだったので、まさかこんなに速くα6500が出てくるとは思っていませんでした。APS-C最高峰カメラα6500の誕生です。

長女がコンデジデビューしました

先日書いた高千穂の記事で長女が写真デビューしました。おもちゃのカメラでは写真を撮ったりはしていましたが、ちゃんとしたカメラを持たせたのは初めての事でした。

【作例あり】α6500で撮影してきました。連写と手振れ補正は凄すぎです

前回に引き続き、α6500のレビューになります。 今回はちょっと時間も取れたので、家族と近くの公園に行ってα6500で撮影してきました。 実際に撮影してみると色々分かり、改めて良いカメラだという事が分 […]

ソニーα6300が最大3万円の大幅プライスダウン!!

ソニーの人気APS-Cミラーレス機の「α6300」が最大3万円の大幅プライスダウンとなりました。 後継機の「α6500」が出てからも同時販売していて売れている人気の「α6300」がここに来ての大幅プラ […]

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2018 PHOTO for LIFE