BLOG 撮影方法 初心者向け スマホでの写真撮影方法について

初心者向け スマホでの写真撮影方法について

撮影方法

スポンサーリンク

最近、私が写真をしてる事を知ってる知人や私の妻などから写真の事を聞かれるようになりました。

でもその事を聞いてくる人たちの殆どは、一眼レフやミラーレス機、コンデジなどのカメラでの撮影ではなく、スマホでの撮影方法を聞いてきます。

聞かれる事は嬉しい気もするんですが、スマホのカメラをあまり使わないのであまり知りません。

知らないけど私なりにいくつか気をつけながら撮影してる事があるのでその事を書きたいと思います。

スマホでの写真撮影について

難しい事は私もあまり分からないですが、気をつけた方が良い事など超初心者向けに書いていきたいと思います。

写真を撮る前にレンズの汚れを確認

普段一眼レフなどで撮影している方は、レンズの汚れ確認は必ずしていると思いますが、そういったカメラを使った事が無い人はレンズの汚れを気にしていない方が多い印象です。

スマホのレンズは気づかないうちに指紋や汚れが付いていたりします。
最近も妻が反逆光で娘達を撮っていた時にフレアの様なものが出たようで「なんでこうなるの?」と聞いてきました。

それでレンズを見てみると指紋がばっちり付いてました。私が持っていたクロスで拭いてあげ取り直すとフレアの様なものは無くなっていました。

また、レンズが汚れていると写真が曇って見えたり綺麗に撮れないので確認する癖をつけておくと良いかもしれません。

 

ちょうどいいフレアの様な物の参考写真がなかったのでPixabayからダウンロードしてきました。上記写真の横に伸びてる光のラインのような感じです。

 

低めのアングルでも撮ってみる

低めのアングルと言っても地面すれすれまで下げる必要はありません。ちょっと膝を曲げて屈んでみたりするくらいでも印象が変わります。私は大体お腹の辺りくらいで撮る事が多いです。

スマホで撮る時よく目線の高さで撮っていませんか?
撮りやすい位置かもしれませんが、ちょっとこの辺も意識して撮っていくと写真にバリエーションが出てくると思います。

これも参考画像が難しかったですがローアングルの写真です(Pixabayより)

 

目線のない写真も撮る

特に小さいお子さんがいるご家庭は、観光スポットをバックにみんな並んでカメラを向いてハイチーズ!で撮る記念撮影風の写真もすてきですが、歩いている後ろ姿や景色を眺めている横顔など色んな写真も撮ってみるのも面白いです。

我が家では毎年娘達の誕生日に一年間のアルバムを作っています。
撮影が私で、写真選びや文字入れは妻がしています。

そのアルバムをみて思ったのが、記念撮影風以外の写真があると、アルバムの中でストーリーが出来るというか、旅先でのふとした一瞬の写真があるとその時の光景がより鮮やかに浮かんできます。

そういった写真は妻や子供達にも好評です。

 

スマホじゃないですが私のサブブログにのせた写真です。

 

スマホの画面以外でも撮った写真を見る

スマホは撮影も閲覧も簡単に出来るので撮っただけで満足してしまいます。
しかしスマホの画面以外で写真をみると、いろんな事に気づいたりします。

パソコンやテレビ等の大きな画面で見たり、プリンターで印刷してみたり何でも良いのでスマホ以外で見る機会を増やすと良いと思います。

 

ズームは基本使わない

簡単にズーム出来る機能は便利ですが、ズームすると画像が荒れてしまうので私は基本的に使いません。さらにズームをするとちょっとした手ブレも大きく写真に現れる為撮影自体も難しくなります。

どうしてもの場合は撮影してから後加工でトリミングしたりします。

 

沢山撮って必ず見直す

写真を初めて間もない場合はとりあえず沢山撮ります。

被写体をいろんな角度から撮ってみたり、目にした物を沢山撮るようにします。そして撮った写真を見返します。撮った後すぐでなく、家に帰ったり時間がある時にじっくり見直します。

そして自分なりに暗かった、明るすぎた、ブレ等評価をし、次回に繋げます。
私はこの自己評価をしていて、自分の好きなアングルが分かったり、撮りたい写真等が分かってくるようになりました。なんとなくですけど。

はじめは何を撮ればいいか分からなくて、撮影回数が少なくなりがちです。しかしとりあえず沢山撮れば色々分かってくるし、写真を撮る事に慣れてくると思います。

 

道具に頼ってみる

最近はいろんなスマホ用レンズが発売されています。道具で上手くなる訳ではないですが、手っ取り早く色んな写真を撮れるようになります。

 

TaoTronics カメラレンズキット クリップ式 3点セット

魚眼、マクロ、広角の三点セットです。クリップ式で簡単に装着出来ます。

4in1 カメラレンズキット クリップ式

望遠、マクロ、広角、魚眼の4点セットです。こちらもクリップ式で簡単にセット出来ます。望遠付きはうれしいですね。

BUTEFO 望遠レンズ 12倍 汎用 各種スマホ対応 12X ZOOM LENS 広角レンズ 三脚付き

望遠、広角レンズと三脚が付いたセットです。望遠は手ぶれが出やすいので三脚が付いてるのはポイント高いです。

プロ用?ExoLens with Optics by ZEISS カールツァイス ワイドアングル レンズ

こちらは広角レンズのみですが、あのカールツァイスのレンズです。お値段もプロ使用になってます。フレームには三脚穴が付いてます。残念ながらiPhone6/6sのみの対応です。このレンズで撮った写真見てみたい。

 

最後に

初心者が偉そうに語りましたが、今回上げた点だけでも意識するといろいろと変化が起きてくると思います。

初心者向けの内容なので技術的な事は書いていません。技術的な事は続けていれば必ず身に付いてきますので焦らなくても良いと思います。

撮る前に色んな事を意識して撮るだけで変わってきます。そして慣れてきたらもっといろんな事(構図や露出等)を意識していけばどんどん上手くなると思います。

最近はスマホの写真が売れるサービスもあります。どんどん上手くなって写真を売ってみるのも楽しいですよ。(なんか今色々大変みたいです。気になる方はググってみてください。)

関連記事2016-06-21
スマホで写真が売れるスナップマートに登録してみた
今日はスマホから写真販売が出来る「Snapmart スナップマート」のご紹介です。 登録も写真の投稿もとても簡単です。ちょっと空いた時間で気軽にストックフォトに挑戦出来ます。

 

撮影方法

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

【テザー撮影】sony α7とLightroomでRAW画像のテザー撮影をする方法

今日はテザー撮影について書きたいと思います。 テーブルフォトや自室の簡易スタジオ撮影などで便利なテザー撮影ですが、私の持っているsony α7は、そのままではLightroomでテザー撮影が出来ません […]

蛍の撮影方法のまとめ

そろそろ蛍の季節がやってきます。去年は天候に恵まれず、蛍を撮影する事は出来ませんでしたが、今年こそはと今から意気込んでいます。 いろいろと調べてみると私のような初心者には難しそうなイメージ。かといって […]

【構図】日の丸構図について思う事 とその他の構図について

カメラや写真に興味がある方は一度は聞いた事のある「日の丸構図」。 ど真ん中に被写体を置く構図でつまらないとか、初心者っぽいとか、よくダメな例として取り上げられる事もあり、「日の丸構図はやめよう」的な情 […]

【脱初心者】おすすめの撮影モード 絞り優先モードA/Av

初心者のうちは分かりにくいカメラの撮影モード。どれをどう使っていいか分からず、カメラ任せの「AUTO」をずっと使っている方も多いかと思います。 「AUTO」は色んな設定をカメラが自動で判断してくれるの […]

【流れ星】8/12にペルセウス座流星群が見れるので流れ星の撮影方法を調べてみた

今月の12日ペルセウス座流星群が観測出来るようです。天気さえ良ければ流星群の撮影が出来そうです。夏の風物詩として花火の写真で盛り上がっていますが、このペルセウス座流星群も夏の風物詩として面白い被写体だ […]

写真・カメラを学習出来る教室やサービスの紹介|プロから学んでスキルアップ

写真が上手くなりたい。カメラの機能をもっと使いこなしたい。現像ソフトの使い方が知りたい。 写真をやっていれば誰でも一度はこの様なことを考えた事があると思います。 新しい技術や知識を身につけようとした時 […]

初心者にオススメ!簡単にいい感じの写真が撮れる逆光での撮影方法【初心者向け】

写真を撮る時に逆光はダメ。という事をたまに目にしますが、それはちゃんとした方法で撮影していないから失敗写真となってるだけで、ちょっとした方法で逆光での写真も簡単にいい感じの写真になります。むしろ逆光を […]

蛍の季節がやってきた!!さっそく蛍の写真を撮ってみました

自宅近くの蛍スポットで蛍が見れる様になりました。なので昨日蛍の撮影に行ってきました。 私は宮崎県在住なんですが、市によってはまだの所もあるようです。これから徐々に全国的に蛍が見れる様になってくると思い […]

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE