SIGMAがミラーレス用の広角レンズ16mm F1.4 DC DNの開発発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク

SIGMA(シグマ)がミラーレス用の広角単焦点レンズ「SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary」の開発を発表しました。

現段階では、発売日・価格ともにわかっていませんが、ソニーEマウントユーザーにとってもレンズの選択肢が増えるのは嬉しい限りですね。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporaryは、ソニーのEマウント用(APS-C)とマイクロフォーサーズ用の交換レンズとして発売予定。

APS-Cでは35mm換算:24mm、マイクロフォーサーズでは35mm換算:32mmの大口径広角レンズとなります。

「日常でも使いやすい軽量・コンパクトなパッケージを採用するというコンセプト」として作られているこのSIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary。
F値も1.4と明るく光源の弱いシチュエーションでも積極的に使いたくなるレンズになりそうです。

また、ソニーでは新しいAPS-C用のレンズの発表が無く、可能性も少ない状態ですが、そんな中新しいレンズの選択肢が増えてくるのはほんと嬉しいですね。α6500などのカメラを持っているユーザーにはまさに朗報ですね。

スペック

まずは簡単にSIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporaryのスペックから。

焦点距離16 (35mm換算:24(APS-C)mm / 32(マイクロフォーサーズ)mm) mm
画角83.2°
F値1.4-16
フィルター径67mm
レンズ構成13群16枚
絞り羽根9枚 (円形絞り)
最短撮影距離25cm
重量405g

その他詳細は公式ページへ

LinkSIGMA 16mm F1.4 DC DN

機能・性能

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporaryは、最新の技術を全投入しており、高画質を最優先しながらもコンパクト化している頼もしいレンズです。

AF性能も「ステッピングモーター」を採用しており、動画の撮影に置いてもスムーズなAFを可能としています。また、ソニーEマウントでは、ファストハイブリッドAFに対応していて、高速なAFも可能となっています。

サードパーティーのレンズを使う際、AFの速度は気になるポイントでもあります。ソニーEマウントでは、マウントアダプタを使えばさらに沢山のレンズ選択肢が出来ますが、はやりAF出来なかったり、速度に不満があったりするので初心者が選ぶにはなかなか難しい物もあります。

しかし、ファストハイブリッドAFに対応していたりと性能面でも充分そうなレンズが増えてくるのは有り難いですね。

気になる写りに関しては、SIGMAのHPでα7RⅡにて撮影されたサンプルギャラリーが数点掲載されています。気になる方はチェックしてみてください。

Linkサンプルギャラリー

気になる値段は?

前にも書いた様に、現時点では発売時期も価格も分かっていません。
ソニーのAPS-Cユーザーも価格はかなり気になるポイントだと思います。出来るだけ安くなって欲しいとは思いますがどうなるんでしょうか。

去年、同シリーズで「30mm F1.4 DC DN | Contemporary」という焦点距離の違うレンズがすでに販売されています。

30mm F1.4 DC DN | Contemporaryは希望小売価格で48,000円(税別)となっていましたが、現在では少し価格も下がり31,000円前後で購入出来るようです。

広角ということで30mm F1.4 DC DN | Contemporaryより少し高め位の値段で出てくるんではないかという希望まじりの予想をしています。

30mm F1.4 DC DNは標準画角のレンズとなりますが、ネット上での評判もなかなか良い感じなので、同シリーズの新しいレンズとして出てくる16mm F1.4 DC DNにもかなり期待出来そうですね。

ちなみに、どうしても純正がいい、今すぐ欲しいという方は、F値は2.8と若干違いますがソニーの「SEL16F28」というレンズもあります。

価格も安く、コンバーターをプラスするとより広角や魚眼も楽しめるというレンズです。

このウルトラワイドコンバーター「VCL-ECU2」を付けると、焦点距離12mm(35mm換算:18mm)となります。

そしてフィッシュアイコンバーター 「VCL-ECF2」を付けると魚眼レンズに早変わり。

より広い画角と魚眼も試してみたい方にはオススメのレンズですね。

でも個人的にはF1.4とより明るいSIGMA 16mm F1.4 DC DNの方が興味をそそられますね。

今後もSIGMAから目が離せない

今回発表された16mm F1.4 DC DNとは別に、中望遠〜望遠域のレンズを開発中だそうです。
ソニー純正でAPS-Cレンズの発表がなかなか無い今、こうしてどんどん新しいレンズが出てくるSIGMAから目が離せません。

α6500・6300・6000・5100やなどのEマウントAPS-Cカメラは人気も高くユーザーもかなり多いので需要も期待もかなりありそうなので、どんどん新しいレンズを出して行って欲しいですね。

また、現在でもEマウントに対応した多数のレンズがSIGMAから出ています。中には一万円台で買える単焦点レンズもあるので気になる方は是非チェックしてみてください。

amazonで探す

楽天で探す

yahooショッピングで探す

コメント