BLOG 撮影方法 線香花火を撮影してみました

2016/5/24

線香花火を撮影してみました

撮影方法

スポンサーリンク

近頃、コンビニ等でも花火を売ってるのを見かける様になりました。
すこし夏を先取りしてストックフォト用に手持ち花火セットを購入し、線香花火を撮影してみました。

今回はマクロレンズを使用し、線香花火にクローズアップした写真を撮りました。

手持ち花火を素材用として撮影するのは初めてだったので、いろいろと試行錯誤し、失敗を繰り返しながらの撮影でした。

カメラの設定について

まず、カメラの撮影モードは全てMモードで撮っていて、シャッタースピード、ISO感度をいじりながら撮影しました。

いい感じに撮れた写真の何枚かはfotoliaに申請に出したので、それ以外の写真をいくつか張っていきます。

色んな設定を試してみて、良い感じになった設定を書いておきます。

レンズは焦点距離90mmのマクロレンズSEL90M28Gを使っています。

設定は、シャッタースピード:0.6秒、F値:4、ISO:400で撮影しました。

この数値を基準にしてそれぞれのカメラやレンズに合わせて変えてくと良いかと思います。

写真ではかなり線香花火に近づいて撮影しているように見えますが、実際は30cmくらいは離れています。トリミングもしていません。

90mmという焦点距離のおかげで線香花火から離して安全に撮る事が出来ましたが、焦点距離やレンズによってはもっと近づかないとこの構図にならないかも知れませんが、近すぎすぎてやけどしたり、レンズに火花が当たらないように気をつけながら撮影してください。

 

 

 

線香花火のセット方法

今回は三脚を使い、マクロレンズでの撮影だったので、手持ちの花火を撮ると被写体ぶれが起きるだろうと思い、低めの洗濯物干?に洗濯バサミで線香花火を固定し撮影しました。

火をつける前に、懐中電灯で線香花火を照らし、しっかりとピントを合わせてから火をつけました。

おかげで被写体ぶれもなく、途中で火玉が落ちる事なく撮影出来ました。

このセット時の写真も撮っておけば良かったのですが、ストックフォト用の撮影に気を取られすぎてすっかり忘れてました。すみません。

 

線香花火の種類

今回購入した花火セットは色んな種類が入ってて1,000円くらいの安い花火セットでした。(これも写真撮ってません。ダメダメですね。。。)

これとは別に、線香花火だけはしっかりと撮りたかったので単品で線香花火を購入してました。竹ひごみたいな持ち手に黒い火薬が塗られているタイプのやつです。これも同じく撮ってませんがamazonに同じのがありました。

先に挙げた写真は、この黒い火薬タイプのやつで、fotoliaに申請した写真もこの線香花火の写真でした。

この線香花火は良かったのですが、セットの方に入ってた線香花火がちょっと微妙な感じでした。ちょっと写真を見てください。

 

なんというか火花の散り方が雑というか不揃いというか思ってた線香花火のイメージとかけ離れた物でした。

セットの線香花火は20本くらい入ってたのですが、火薬の量がすごいバラバラだったりしてひどい物は10秒もしないうちに消えたりしてました。

線香花火以外もまいてある紙の模様が違うだけで同じ花火だったり、中には火がつかない物も数本有りました。

やっぱり花火も安い物はちょっと考えものですね。
撮影目的で購入する際は、ちゃんとした物を買われた方が良いかもしれません。

 

ネットで探したら沢山有りました

どうせならもっと綺麗な線香花火はないかとamazonで探してみたら色々出てきました。

線香花火 (牡丹花12本束)

私が子供の頃よく見かけたのは多分これだと思います。そして今回もこれが欲しくていろんなお店で探してみたんですが、どこにもなかったんですよね。まだシーズン前だからかも知れませんが。。。

 

純国産線香花火 巧

これも気になります。純国産の線香花火。筒井時正玩具花火製造所という日本で3社しかない線香花火製作所の1つらしいです。「巧」の名前にすごくひかれます。

 

国産 線香花火 筒井時正 花

 「巧」とおなじ会社の線香花火、その名も「花」。
高級感あふれる桐箱に入った線香花火です。お値段も高級感あふれてます。これは写真に撮ってみたい!!!

 

純国産 手作り 線香花火 筒井時正 花々

 とどめはこれ!「花々」持ち手にあしらわれた綺麗な花。さらにロウソクとロウソク立ても付いてます。お値段も最高級。BBQの時等、サッとこの線香花火をだせばモテモテになれるんじゃないでしょうか?

 

最後に

現実的に牡丹花12本束を購入しました。一応「花々」もカートに入れてみたんですけど、妻に「冗談だよね?」と言われたのでそっと削除しました。。。

妻もどうやらこのブログをたまに見てる様なのであまり大きな声で言えませんが、いつかこっそりゲットしてみようと思います。

その時はこっそり写真を紹介したいと思います。

 

それでは。

関連記事2017-06-26
写真・カメラを学習出来る教室やサービスの紹介|プロから学んでスキルアップ
写真が上手くなりたい。カメラの機能をもっと使いこなしたい。現像ソフトの使い方が知りたい。 写真をやっていれば誰でも一度はこの様なことを考えた事があると思います。

撮影方法

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  1. oki-umeboshi より:

    妻の視線すごくわかります(笑)
    動画も楽しみにしています!

  2. stockphoto-info より:

    id:oki-umeboshiさん
    今回は妻のおかげで暴走せず済みました。笑
    動画は合格したらfotoliaで、NGだったらyoutubeにアップしますね!

ペルセウス座流星群の撮影に行ってきました...

8/12の夜、ペルセウス座流星群の撮影に行ってきました。 当日の昼間は天気も良く、今日は行ける!!と張り切っていましたが、夜になるにつれ雲行きが怪しくなり、微妙な天気でしたがせっかくの機会なので一応撮 […]

打ち上げ花火をきれいに撮るためのカメラの撮影方法【一眼レフ・ミラーレス一眼】

7月に入り、雨の日もだんだん少なくなり待ちに待った夏になってました。 夏と言えば花火ですね。手持ち花火も良いけど迫力ある打ち上げ花火は誰でも心躍るものだと思います。 そんな夏の風物詩、打ち上げ花火を一 […]

初心者にオススメ!簡単にいい感じの写真が撮れる逆光での撮影方法【初心者向け】

写真を撮る時に逆光はダメ。という事をたまに目にしますが、それはちゃんとした方法で撮影していないから失敗写真となってるだけで、ちょっとした方法で逆光での写真も簡単にいい感じの写真になります。むしろ逆光を […]

写真・カメラを学習出来る教室やサービスの紹介|プロから学んでスキルアップ

写真が上手くなりたい。カメラの機能をもっと使いこなしたい。現像ソフトの使い方が知りたい。 写真をやっていれば誰でも一度はこの様なことを考えた事があると思います。 新しい技術や知識を身につけようとした時 […]

打ち上げ花火の写真を撮ってきました

7月16日土曜日に、妻の実家のある宮崎県えびの市で花火大会があったので、打ち上げ花火の写真撮影に挑戦してきました。 去年は失敗に終わった花火大会の写真撮影でしたが、今回はどうなったでしょうか。

【脱初心者】おすすめの撮影モード 絞り優先モードA/Av

初心者のうちは分かりにくいカメラの撮影モード。どれをどう使っていいか分からず、カメラ任せの「AUTO」をずっと使っている方も多いかと思います。 「AUTO」は色んな設定をカメラが自動で判断してくれるの […]

【構図】日の丸構図について思う事 とその他の構図について

カメラや写真に興味がある方は一度は聞いた事のある「日の丸構図」。 ど真ん中に被写体を置く構図でつまらないとか、初心者っぽいとか、よくダメな例として取り上げられる事もあり、「日の丸構図はやめよう」的な情 […]

【流れ星】8/12にペルセウス座流星群が見れるので流れ星の撮影方法を調べてみた

今月の12日ペルセウス座流星群が観測出来るようです。天気さえ良ければ流星群の撮影が出来そうです。夏の風物詩として花火の写真で盛り上がっていますが、このペルセウス座流星群も夏の風物詩として面白い被写体だ […]

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE