BLOG 写真 買って良かった写真関連書籍

2017/12/7

買って良かった写真関連書籍

写真


スポンサーリンク

写真の撮影方法や現像方法、機材の使い方などの知識や考え方を身につけたくて、最近数冊本を買ってみました。

ネットでも沢山のためになる情報はありますが、個人的に何かをじっくりと読み込むのは本の方が好きです。
カメラを始めてから色んな本を買ってはいたんですが、ある程度カメラの機能も使える様になり、自分なりに色んな写真を撮ってきたのですが、独学というか自己流すぎて写真に幅も広がらず、ちょっとしたジレンマを感じていました。

そこで、特に写真に関しての知識を学びたく、カメラの使い方といったHOW TO物ではなく、今後作品と言える様な写真を撮る為に必要となる様な本を選び読んでみました。

そんな中で、個人的に買って良かった!!と心から思えた本を数冊紹介したいと思います。

本で写真を学ぶ|本当に買って良かった写真関連書籍

PERFECT PHOTO RECIPES BOOK

100枚の写真とともに、機材や設定、撮り方、ポイントが書かれた本。
綺麗な写真ではなく「面白い写真」について写真家の野寺治孝さんの考えが分かる本です。

まず写真が全部素晴らしすぎます!!写真の本なので当たり前の事かも知れませんが、個人的に感動したりこんな写真撮りたい!と思える写真ばかりです。
写真のジャンルも旅、風景、ポートレート、花・植物、食、etc…の11種類に分類されているので、写真を楽しむ幅広い方にオススメ出来ます。

写真がメチャクチャ良いよ!って言っても実際に見ないと、幾ら文章で説明しても伝わらないと思いますが、何度も見たくなる、引き込まれる写真なので、ただ写真が見たいという方にもオススメです。

しかしこの本の良い所は写真だけではありません。この本が最高に素晴らしい所は文字数が圧倒的に少ない所です。

文字数が少ないってどういう事?となると思いますが、ただ少ないだけじゃありません。良い写真に取って付けた様なポエムが添えられてる訳でもありません。
少ない文章でも意図や考え方がしっかりと分かる不思議で完結な文章です。

著者がその写真を撮る前に被写体のどこに感動したのか、どう感じたのか、どう行動したのかが簡潔にかつ分かりやすく書かれています。
本当に文字数は少ないのですが、被写体を見つけてシャッターを切るまでの感情や行動が分かる様になっています。

写真を通して自分が感じた感動をどのように第三者に伝えるのか、また自分が感動した物を写真としてどう表現するとより良くなるのか、という事が分かります。

また「ポイント」に書かれている事も合わせて読む事で、注意点なども書かれています。

もちろん「データ・機材・条件」の項目で場所や焦点距離、F値、シャッタースピード、ISO感度などの設定状況。そして使用したカメラ。天気や光、時間帯の説明も書いてあります。

他の本はこれらの情報がメインで詳しく書かれていますが、本当に簡潔に書いてあります。

本のタイトルに「レシピ」とある様に、その写真がどう撮られたのかが少ない文字の中にギュッと詰め込まれています。

少ない文字でも写真と合わせて見る事で、著者の心の中や考えている事まで見えてくる様な感じです。

正直、写真を本で学習するという事はがっつりと読み込むものと勝手に思っていましたが、この本は違いました。そしてこの本にもっと早く出会いたかったと心から思える本です。

プロのカメラマンが写真を撮る時にどの様に考えているのかが手に取るように分かる、今までに無い新しいスタイルの本です。

どのような事が書かれているのか、どの位の文字数なのかなどは、amazonの「なか見検索」で見る事が出来るので気になる方はチェックしてみてください。

デジタル写真の色を極める


写真は撮って終わりではなく、RAW現像やレタッチ等の作業をして完了という方も多いと思います。

この本はデジタル写真の仕上げる為の「色の基本」をしっかりと学べる本です。

ただ、RAW現像ではなく、Photoshopを利用したレタッチとしてトーンカーブや明暗、シャープネスなどの操作法について書かれています。RAW現像についても多少書かれていますが、みっちりRAW現像の基本を学びたいという方はちょっと違うかも知れません。

しかしPhotoshopの調整レイヤーを使った手法など、Lightroomだけでは完結出来ない手法も書かれているのでとても勉強になります

また「写真の学校」とあるだけに、基本中の基本RGBとCMYKの違いやヒストグラムの仕組み、プリントアウトとディスプレイでの違い、8bit/16bitなどのデジタルの写真や色を扱う上での大切な事も分かりやすく書かれています。 

この本は普段JPGで写真を撮っていて、RAW現像はしてないけどphotoshopで自分の色を写真に再現したいと言う方や、RAW現像後により細かいレタッチを加えて写真を仕上げたいと考えてる方にオススメです。

また、写真だけではなくてもグラフィックデザインやWEBデザイン等の制作をしている方にもオススメ出来る内容ではないかと思います。

私は普段、LightroomをメインにRAW現像しています。しかし独学というか勢いで始めてしまったので写真や色の基礎的な知識がすっぽりと抜けている状態でしたが、この本に出会えた事で足りなかった知識を吸収できたとおもいます。
なので私の様に基礎をしっかりと知りたいという方にもオススメですね。

この本は情報量も多く、始めての方には少し難しく感じる部分もあるかも知れませんが、書かれている内容を知ってるか知らないかで、レタッチの仕上がりが大きく変わりそうです。読むのは大変かも知れませんが、写真を始めたばかりでレタッチに手を出そうという方は是非読んでみて欲しい一冊です。

LightroomでRAW現像するならコレもオススメ

この本は自分で買ったものではなく、仲良くしてもらっているブログ「BACKFLOW」のLiabさんがほしい物リストの中から贈って頂いた本です。
見かけによらずフレンドリーでB’z大好き、私も大好きなHIP HOPや色んなガジェット等について書かれているブログです。

Liabさん、本当にありがとうございました!!

LinkBACKFLOW

買った物ではないのでこのエントリーで紹介するか迷いましたが、お気に入りでLightroomに関する基礎知識や考え方が理解出来た本なので簡単に紹介します。

これからLightroomでRAW現像を始める方や、独学である程度操作出来るけど基礎から学びたいという方にお勧めな本です。amazonのレビューも評価の高い本ですね。

この本ではLightroomでの写真の管理方法からRAW現像して仕上げるまでの基本的な操作方法から、どういった意図でその編集をするのか等、RAW現像に関して一通り理解する事が出来ます。

作例写真もBefore Afterがあり、どこをどう変更したのかの詳細も書かれているので、本当一緒に操作しながら写真がどのように変わって行くのかも体験出来ます。

RAW現像の方法は、写真によって変わるので本に書かれている通りにするのが正解ではありませんが、何度か操作を真似して覚えれば、自分の写真に合わせた現像方法を覚える事が出来ます。

これからLightroomでRAW現像を初めて見たいと思う方には是非見て頂きたい一冊です。

プロの撮り方 構図を極める と 構図の法則|ナショナルジオグラフィック


写真の色はある程度撮影後でも修正・変更する事が出来ますが、構図はなかなかそうはいきません。トリミングして構図を整える事も可能ですが、撮影時に意図のある構図をしっかりと取りたいと思っています。

構図は私の苦手分野でもあり、これまでいろんな構図を試して撮ってきたつもりでした。しかし、構図の種類や知識も少なく、色々試したつもりが結局は似たり寄ったりで深く取り組めていない事が分かりました。

そこでしっかりと構図について学びたくこの本を購入してみました。

内容は作例となる写真とともに構図について書かれています。焦点距離やISO感度、F値などの機材の設定も書かれています。
カメラの設定等は時間帯や光量などで変わってくるのであくまで参考程度です。

この本は構図を極めるとあるように、構図をメインに書かれています。その被写体のどこにひかれたのか、なぜこの構図にしたのか、意図は、この構図でどの様な表現をしたかったのか等のカメラマンが被写体を見つけ、構図をとり、シャッターを切るという流れとともに考え方や感情が分かる様になっています。

ただ沢山の構図のパターンを知るだけではなく、表現の意図や考え方などの感情的な物もあわせ構図の選択をしないといけないと考え直す事ができた本です。

様々な構図について詳細に書かれていますが、読んでいて面白くスラスラと読めてしまう個人的にとても面白い本でした。今後も何度も読み返したくなる、そんな本です。また、写真にマンネリを感じてきた時などに読み返すのも良さそうですね。

ナショナルジオグラフィックは、この「構図を極める」以外にも複数の本を出しています。
今回初めて買ったこの本ですっかりハマってしまったので今後他の本もゲットして行きたいと思ってます。

プロの撮り方 構図の法則|ナショナルジオグラフィック

先ほど紹介した本と同じで、ナショナルジオグラフィックの「構図の法則」になります。

この本は、自分で購入したのではなく、はてなブログでドローン特化のブログ「スカイフィッシュのドローンブログ」を運営しているスカイフィッシュさんから頂いた本になります。

先日4台目のカメラとしてドローンPhantom4 pro Obsidianを購入したんですが、その購入祝いとして頂きました。
ドローンを購入する決意ができ、新たな写真と映像に一歩踏み出せたのはスカイフィッシュさんのブログのおかげでもあるので、お礼をするのはこちらの方なのに頂いちゃいました。

スカイフィッシュさん、本当にありがとうございます!!!

Linkスカイフィッシュのドローンブログ

そしてこの本は色んな構図について詳しく書かれています。作例とともにこれのどこが悪かったのか、また良かったのか。どうすれば良くなるのかと、写真を見ただけでは掴みにくい構図の理論をしっかりと説明解説してくれてます。

詳しくは読んで頂くしか無いのですが、個人的に「右と左」や「自然界の線」、「アスペクト比」や「トリミングの演習」の項目は読んでいて面白く、為になりました。

もちろんそれ以外、というかむしろ全部、隅から隅まで読みあさりたくなる本です。

どの被写体でも構図は大切だと思うんですが、特に風景写真をよく撮る方にはかなり面白い内容だと思います。
私もよく風景を撮影します。自然の広大さ、美しさにひかれシャッターを切るんですが、家で見直してみると、どうもイマイチ。ただの記念写真という感じで、実際に見た時の感動は写真から伝わってきませんでした。

しかし、なぜ感動が自分の写真から伝わらないのか自分でも分かっていませんでした。だけどこの本を読んでからハッと気付く事が何度もありました。
あとは実際に撮影し自分のものにするのが大事なんですけど、私みたいに今まで感覚だけでなんとなく撮っていた方は是非読んでもらいたい本です。

ナショナルジオグラフィックの本で構図の物は、この「構図の法則」と「構図を極める」の2冊あります。
どちらも本当にオススメなんですが、最初は「構図の法則」の方が良いかと思います。もちろん2冊同時に読めばより深い理解が出来ると思います。
ちなみにページ数でいうと「構図を極める」の方が多いです。

さいごに

以上、買って良かったと思えた写真関連の本の紹介でした。

写真の上達の為にと購入した本ですが、上達するのには、やはり沢山写真を撮りに出かけるという事が大事だと思ってます。
しかし、基本的な知識や考え方など足りなすぎる部分もあったので書籍を選んでみました。

今までは知識が無さ過ぎて、なんとなくいい感じっぽくなるように撮っていましたが、今回紹介した本を読んだ後では意図を持って撮影や編集等が出来る様な気がします。

足りなかった知識や考え方など、多少は頭に入ったと思うので、今度は得た知識を身につけるため撮影に出かけ沢山写真を撮り、ほんの少しずつでも上達して行きたいと思います。

写真

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

初めてのドローン体験|Phantom4 PROを飛ばしてみた話

先日、人生初のドローンを体験させて頂ける機会がありました。 最近ドローンがとにかく気になっていたんですが、Twitterでドローンを持っていて、フリーフォトグラファーとして活動中のTakane Sak […]

【宮崎】春のおすすめスポットin宮崎 春のお出かけに最高です!

宮崎県では日増しに暖かくなってきて、日中では半袖で過ごせる様になりました。すっかり春です。 暖かくなってくると外に出かけたくなります。 今日はそんな春におすすめな宮崎スポットを2カ所紹介したいと思いま […]

【PR】超簡単操作で消えたデータの復元|EaseUS Data Recovery Wizardを試してみた

皆さんは写真を撮る時どんなカメラを使っていますか? 一眼レフ、ミラーレス、スマホ、コンデジいろいろあると思います。当たり前ですがフィルムカメラ以外のデジタルカメラで撮影された写真は全てデータです。 デ […]

実家の庭に咲く花

今日は、いつものストックフォトネタとは違い、実家の庭に咲いている花を紹介したいと思います。 車で10分くらいの場所にある実家。母がたくさんの花を植えてくれているので、よく撮影に行く場所の一つです。 今 […]

【宮崎県】志布志湾大黒イルカランドと都井岬に行ってきました(写真大量)

八月に宮崎県串間市にある「志布志湾大黒イルカランド」と、日本在来馬として国の天然記念物に指定されている御崎馬(みさきうま)が見れる「都井岬」に家族と出かけました。 宮崎の八月は天気がぱっとしない日が多 […]

Nikon F3で撮ったフィルムを現像に出してみました。

去年の末に父からもらったフィルムカメラのNikon F3。 フィルム2本撮りきるまでに思いのほか時間が掛かってしまいましたが、ようやく初めて現像に出す事が出来ました。 中にはピントが合ってなかったりし […]

【春にピッタリ】α6500とマクロレンズSEL90M28Gの組み合わせがおもしろい

最近はそこら中でいろんな花を見かけるようになりました。 春ですね〜。 どうもこんにちは、春になり花の写真熱が再発ぎみのストックです。 花の写真を撮ってると使ってみたくなるのがマクロレンズです。花が咲き […]

【宮崎県日南市】鵜戸神宮に行って写真を撮ってきました【写真大量】

先日、宮崎県日南市にある鵜戸神宮に行ってきました。 海岸沿いにある有名なスポットで景色も楽しめるおすすめな場所です。  

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE