BLOG ドローン DJIのドローン Phantom4 PRO+ Obsidian(オブシディアン)レビュー(開封編)

2017/11/27

DJIのドローン Phantom4 PRO+ Obsidian(オブシディアン)レビュー(開封編)

ドローン


スポンサーリンク

先日の記事にも書きましたが、4台目のカメラとしてDJIのドローン「Phantom4 PRO+ Obsidian」を購入しました。

ドローンにもすごいスピードで発展していくドローン業界にも前から興味があり、ずっと欲しかったドローンをようやくゲットすることが出来ました。

先日の記事では、ドローンをゲット出来た嬉しさと変なテンションの勢いで書いてしまい、肝心のPhantom4 PRO+ Obsidianについてあまり書けていなかったので改めてレビューというか、同時に買った物なども含めを書いてみたいと思います。

DJI Phantom4 PRO+ Obsidian

購入したのはこれ。

9月30日に発表された黒いPhantom4 PRO+ Obsidianになります。

上リンクの画像は送信機にディスプレイが付いてないタイプですが、私が購入したのはディスプレイ付きのものになります。
これまでのPhantom4は、白いボディーのみでしたが、新しくマットグレーのObsidian(オブシディアン|黒曜石)が仲間入りしました。
黒いPhantomと言われていますが、正確には真っ黒というわけではなく、マットグレーになります。

機能や性能に関しては、これまでのPhantom4 PROと違いはありません。
カメラとドローンをつなぐジンバル部分がマグネシウム素材に変わったくらいですね。カメラの性能も飛行時間も値段も変わらないので、ただカラーバリエーションが増えたというだけの物になります。

ちなみに同時に発表された、小型で人気のMavic PRO Platinumに関しては、ボディーカラーの他に飛行時間が少し伸び、飛行時のノイズが低減されたという性能の違いがあります。

Phantom4 PRO ObsidianもMavic PRO Platinumも発表は9月30日でした。
しかしそれ以降何の音沙汰もなく1ヶ月経った10月30日にようやく受注が開始されました。

速攻で注文と入金を済ませたけど、発送は2週間以上経って届いたのは11月18日。このスピード感の無さにはほんとやきもきさせられました。。。
SONYの新商品発表だと、発表後1週間くらいには予約受付が始まったりするんですけどね。。。

この間も白いPhantom4 PROに関しては通常販売されているので、早く欲しければ白のPhantom4を買えば良かったんですが、個人的に黒い方が好みなので何とか我慢しました。

では、ようやく届いたPhantom4 PRO Obsidianの開封の様子から書いてみたいと思います。

開封

普通の段ボールに入って届きました。

大きいのがドローンで小さい箱は別途同時注文したものです。

開けると白い外箱が出てきます。

外箱を開けると発泡スチロール素材の専用ケースが出てきます。このケースに入れた状態で持ち運びできるよう、持ち手もついてます。
個人的にはこのケースも黒くして欲しかったなぁ。。。

そしてケースにはロック機能がついてます。持ち運び時に勝手に開いてしまわないようになっています。
ロックはこんな感じで金具を起こし、回して解除します。

ロックを解除して蓋を開けるとPhantom4 PRO+ Obsidianの登場です。

ジャーン!!!

カッケェ。。。。

ケース内部は型のついた状態なので中身がガタツクことなくしっかりと収められています。

入っていたものを全部出してみました。

ドローン本体、送信機(プロポ)、プロペラ(2set分)、説明書関連、充電コード、USBコードが入っていました。
USBコードは白いですが、送信機も充電コードも黒い。かっこいい。ちなみに説明書は本当にちょろっとしか書いてないので、詳細は公式サイトからマニュアルをPDFでダウンロードできます。

LinkPhantom 4 Pro

1つ気になったのがプロペラ。これまでのPhantom4のレビューをいろいろみていると、プロペラは専用ポーチに入っていたのですが、これに関しては白いビニール袋になってました。(ケチったのかなぁ。。。)

プロペラは4枚取り付けるのですが、つける場所によって形状が変わります。
プロペラは二種類あり、形も違いますが見分けるには真ん中にあるリングの色で見分けます。

このように黒とシルバーのリングがついています。これをそれぞれ正しい場所に取り付けるのですが、その際はドローンボディのプロペラ取り付け部分を見るとわかるようになっています。

ボディのプロペラ取り付け部分に白いドットがあるものと無い物が二箇所づつあります。白いドットがある所にシルバーリングのプロペラを、黒いリングは残りの場所に。といった感じです。

取り付け方も簡単。グッと押し込んで少し回せば取り付け完了です。工具も何もいりません。あまりに簡単で本当にこれで大丈夫なの?と思うくらいですw

回す方向もプロペラに書いてあるので初めてでも迷う事無く脱着出来ます。

プロペラをつけて見るとこんな感じ。

かっこいい。かっこいいけどプロペラもつや消しだったらもっと良かったですね。

ドローン本体の電源を入れていない時は、カメラのブレを制御するジンバルも起動していないので、収納時などは半透明のプラスチックのパーツがあります。

ちなみに固定パーツを外すとこんな感じになります。

あとドローン本体には、Sandiskのmicro SDカード16GBが付いていました。
SDカードを買い忘れていても取りあえずは撮影出来ますが、4K動画もRAW画像も撮るとなると16GBじゃ頼りないので新しいのを買い足しましょう。

本体

プロペラをつけて電源も入れ、いろんな角度から撮ってみました。





Phantom4 PRO+ Obsidianとα7を使ってこのブログのロゴを作ってみました。

これを色々と編集して。。。

ストック

くぅ〜〜、カッケ〜〜〜!!!

アルファベットと数字のブロックは近くのホームセンターで購入。そして撮影の時は影が出ないように下から照明をあてて撮影。こんなときに自作の撮影ブースのガラス天板が役に立ちます。

送信機(プロポ)

ドローンを操縦するのに使う送信機も黒いです。


私はオプションでディスプレイ付きの送信機を選びました。
ディスプレイが付いていない送信機はiPhoneやタブレットを使うことが出来、ディスプレイ有りのものより35,000円安く購入できます。

この送信機、結構大きくて重いんですよね。
飛行中に落として壊してしまったら大変なことになるのでネックストラップをつける部分があります。ネックストラップは別売りですが、間違いなく同時購入してた方がいいですね。もちろん私も購入したので詳細は後述します。

操縦には二本のスティックを使います。
左のスティックを上下で高度の調節、左右で旋回します。

右のスティックは上下で前後、左右で横移動になります。

カメラの向きを変えるダイヤルは左側にあります。他にも色々なスイッチ関連がありますが、ちょうど操作性の良い場所にあり、慣れればすぐに目線を動かさず操作できるようになります。

ドローン保険

今回購入したPhantom4 PRO Obsidianには、無料で一年間の「DJI無償付帯賠償責任保険」が付いています。
なので購入後即加入手続きを済ませました。

主な内容としては「1事故につき 対人1億円/対物5千万円 まで」となっています。

Linkaeroentry|DJI保険に付いて

安全性能が優れたPhantom4とはいえ、完璧ではないのでどんなに気をつけていても万が一のアクシデントは起こります。ドローンユーザーとしてはその辺りも責任をもってしっかりと出来る対策をしなければなりません。

もっと保証内容をグレードアップしたい場合はさらに上のプランもあります。

Linkaeroentry|DJI賠償責任保険

上記の保険ではドローン機体に対する保証は含まれていません。20万円以上する物なので機体保険にも別途加入していた方が安心ですね。

Linkaeroentry|DJI機体保険

Phantom4 PRO Obsidianと一緒に買ったもの

注文は公式DJIストアでしました。
Phantom4 PRO Obsidianと同時にDJI公式ストアでいくつか注文したものがあるので紹介したいと思います。

今回紹介する物以外もamazonでいくつか買っているのでそれは改めて記事にしたいと思います。

送信機用ネックストラップ

送信機につけるストラップです。

Phantom4 PRO Obsidianの色に合わせて黒を選びました。

反射材を使ったDJIロゴがプリントされています。

また首に当たるクッション部分がかなり柔らかく出来ているので、重い送信機をつけても負担が少ないです。

取り付け取り外しも簡単。金具を送信機につけるだけ。カメラのストラップのように面倒ではありません。

送信機を落としてしまったら大変なことになりかねないので、安全のためにも購入をお勧めします。

バッテリー充電ハブ

これを使えば3つ同時にバッテリーの充電ができます。
付属している充電コードだけでは一個しか充電できません。

Phantom4のバッテリーの飛行時間は約30分(カタログ値)。ドローンの中では長い方ですが、気温や風の強さや使い方によってはもっと短くなってしまいます。なので思いっきり空撮を楽しむには複数のバッテリーが必要になります。

バッテリーのフル充電にかかる時間は約1時間30分。意外と短く感じますが複数のバッテリーを使うとなると、やはり同時充電できないと厳しいですね。

なので複数のバッテリーを所持する場合はこれも買っておいた方が良さそうです。

ちなみにこのハブ、社外品からはめちゃくちゃ安くで販売されています。レビューを見る限り大丈夫そうなのですが、空高く飛ぶドローンのバッテリー。万が一のことがあってはいけないと高くても純正品を買いました。

このハブには、充電するだけではなく、ストレージモードでバッテリーを保管に理想的なバッテリー量である50%まで充放電してくれます。
ちなみにこれが切り替えスイッチ。

日本語かと思いきや。。。w

買いたかったのに買えなかったもの

注文時に一緒に買いたかったのに買えないものもありました。これは今後揃えていく予定です。

予備バッテリー

Phantom4 PRO Obsidian用の黒いバッテリーが注文時には予約受付のみで注文ができませんでした。
黒いPhantom4 PRO Obsidianに白いバッテリーをつける気には無いので買いませんでした。

amazonでは販売されてるんですが、DJIストアで買えばポイントも付くので出来ればDJIストアで買いたいんですが、いざとなればamazonで注文するしかなさそうですね。。。

ストック

いくら何でも予備バッテリーは同時販売して欲しかった。。。

というか現在でも入荷待ちの状態。。。早く販売して欲しいです。

しかしこのバッテリー、値段が一個2万円と高いんです。。。SONYの純正バッテリーも高いと思ってましたが、それが可愛く見えるお値段です。こういうのはポチるときのおかしくなってるテンションで勢いよく買うものだと個人的に思ってます。

商品が届いて落ち着いた今この値段をみると流石にちょっとビビってしまいますw

ストック

でもこれ買わないとなぁ

Phantom4を買う前にこんな記事も書いてました。

バッグは後述する理由があって買わなかったんですが、そういえば注文時にNDフィルターも入荷待ち状態になってました。
取りあえず予備バッテリーは早く販売して欲しいですね。

ドローンを購入して困ったこと

待ちに待った夢のドローンですが、ちょっと困っていることもあります。

それは荷物が増えたこと。

ドローンを持って撮影に出かけるときは、間違いなくカメラ一式を持っていくことになります。
カメラ関連の機材はPeak Designのリュックタイプのバッグに入れています。

カメラはこれでいいんですが、問題はドローンです。
一応専用ケースで持運びは出来ますが、やはりバッグあった方が色々と便利そうです。

ドローンを買う前は、リュックタイプのバッグを買おうかなと妄想し、こんな記事も書いてました。

しかし、カメラもドローンも両方持ち歩くとなった場合、両方ともリュックタイプだと使えません。
これはどうしたものかと現在悩んでいる所です。

出来ればドローンをボストンバッグの様な物にいれて手に持ったり、肩にかけたりしたいんですがドローンのケースがデカいのでなかなか良いサイズがありません。。。

カメラバッグをショルダータイプにすれば解決しそうですが、カメラの方が持ち出す頻度は高そうなので出来ればカメラバッグはリュックタイプでいたいんです。

とりあえず良いバッグが見つかるまで専用ケースのまま持ち歩いてます。
肩掛けできる良いバッグ知ってる方いたら教えてください。

さいごに

ドローンが届いてから何度か実際に飛ばして撮影はしてるんですが、取りあえず今回は開封編という事で。
詳しい機能についても書きたいんですが、まだドローンを使いこなせてないし、最近は仕事が忙しくてなかなか時間が取れません。

それでも少しずつドローンを使う度に理解が深まってきてる感じはするので今後改めてか書いて行きたいと思います。

ドローン

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドローン購入に合わせて買ったもの

先日、DJIのPhantom4 PRO+ Obsidianというドローンを購入しました。 関連記事2017-11-27DJIのドローン Phantom4 PRO+ Obsidian(オブシディアン)レ […]

DJIの黒いPhantom 4 pro obsidianの発売日はいつ?

※追記あり 黒いPhantomこと、Phantom4 PRO Obsidian(オブシディアン)販売始まりました!! 9月1日にDJIが発表した黒いPhantom 4 PRO obsidian(オブシ […]

なぜDJIのPhantom4 PROが欲しいのか。その理由【ドローン】

ドローンで有名なDJI社ですが、現在DJI社は数々のドローンを販売しています。 個人が気軽に遊べるドローンから産業用の超本格的なドローンまで幅広いニーズに対応するドローンを販売しています。 そんな数あ […]

妄想が止まらない!Phantom 4 PROを買うつもりでオプション選びしてみた

私が欲しいPhantom4 PROですが、現在の販売価格はDJI STOREで204,000円税込みとなっています。 カメラでもそうですが、この手の物の買い物は本体購入だけでは済みません。必ずオプショ […]

ドローンを買ったらコレも買おう!ドローンに必要な関連商品

ドローンを買うなら合わせ買いしておきたい関連商品やアクセサリーを一挙紹介。 ドローンの関連商品は純正・サードパーティー品から色々と販売されています。例えばDJIのドローンを購入するときはDJIストアで […]

ドローンを安全に楽しむ為に知っておきたい規制

ドローンには、国土交通省より定められた厳しい規制があります。2015年12月10日の航空法改正によって無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールが定められています。 ドローンを購入し、色んな所で […]

DJIの人気ドローンのMavic proとPhantom4 proにニューカラーが登場!!

DJIがやってくれました!! DJIのドローンの中でも大人気のMavic proとPhantom4 proに超カッコいいニューモデルが発表されました。 これまでMavic proはグレー、Phanto […]

DJIドローンのPhantomをかっこ良く持ち運ぶ!ドローン収納可能なおしゃれなバッグ

DJI Phantomユーザーのみなさん。ドローンを持ち運ぶとき、どうされてますか? まだドローンを買ってもないのに最近持運びの時が気になってます。 私が欲しいDJI Phantom4に関しては、持運 […]

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE