peak designの三脚travel tripodがようやく到着!!

スポンサーリンク

Peak Desginといえば、カメラストラップやカメラバッグなどで有名ですが、去年の5月に三脚を発表しました。

私もkickstarterで即バックし、今か今かと到着を待ちわびてました。予定では2019年の12月に到着だったのですが少し遅れての到着。

三脚はmanfrottoの190とbefreeを持っていたので、どうしても必要というわけではなかったのですが、期待を裏切らないpeak designの新商品ということで楽しみにしていました。

今回はそんなpeak designの新しい三脚、travel tripodの開封と簡単な紹介です。
到着したばかりで使用レビューではなく、開封して触ってみた感じになります。

結論を先に言うと、この三脚マジで最高です!!

スポンサーリンク

peak design travel tripod開封

まずは外箱。

どの商品も外箱からいつも気合の入ってるpeak design。今回の三脚も同様です。
マットブラックのしっかりした紙製の外箱になっています。

ロゴとスペック、製品の様子がわかるシールが貼ってます。

黒地に黒のプリント、大好物です。

蓋はゴムでつながっています。

中身を出してみると専用のキャリングケースに入った状態で出てきます。
peak designお馴染みのステッカーももちろんついてます。

キャリングケースには持ち手もついてるし、アンカーをつけてpeak designのストラップをつけて持ち運ぶこともできます。

ちゃちなケースではなく伸縮性とクッション性もありそうなケースになってます。ジッパーも止水加工されてますね。

それでは三脚を取り出していきます。

外観

シンプルな形状の超かっこいい三脚。これはテンション上がる!!

私がゲットしたものはアルミ製。重さは1.56kgあるのでコンパクトな見た目の割にはちょっとずっしり感があります。

他にもカーボンもあります。
正直、アルミかカーボンかかなり迷いました。

クラウドファンディングでは通常販売より安く購入できるので、高いカーボンでも良かったんですけど、個人的に真っ黒が良かったのでアルミ製にしました。(カーボン製はカーボンの柄)

安くはないpeak designの三脚ですが、お金に余裕があればカーボンの方が軽いし(アルミ:1.56kg / カーボン:1.27kg)揺れを抑える性能も高いです。

雲台

このpeak design travel tripodの最大の特徴とも言える雲台部分。
自由雲台ですがこれまでのよく見る形状とはちょっと違います。

見てください。このシンプルな形状。流石です。

薄くコンパクトにまとめられています。ロック部分などの出っ張りもなく本当にシンプルです。

ただ形状をシンプルにしただけではなく、操作性もかなりいい感じ!

もちろん真上真下にカメラを向けることも可能。

今まで持ってたbefreeの雲台と比べるとはるかに操作が簡単です!!

そして雲台はpeak designおなじみのプレートに対応しています。スタンダードプレートも1つ付属してます。

これまでpeak designのストラップ製品などを利用していた方にはかなり嬉しいポイントですね!
さらにプレートも1枚あるのでpeak design商品を持っていない方でも別途商品を買い足すこともなく使えます!

カメラをつけるのは本当に簡単!

・プレート前方を溝に合わせる。
・カチッと音がするまではめる。
・ロックする。

以上です。まじで簡単!!

外す時はロックを解除してボタンを押せば簡単に外れます。

ボタンを押すとすぐに外れます。レンズが重いと前にガクッと取れるので注意が必要!
外す時はしっかりカメラを握ってからにしましょう!

この雲台、マジで最高です!!

脚は4段階で伸縮し、開脚は二段階です。

センターポールを外すと開脚し最低高で使用が可能になります。
センターポールを外すには雲台のボール部分に六角ネジがあるので付属のレンチで外します。

ネジは内部に固定されたままなので屋外で外しても無くす心配もありません。

分かりにくいかもしれませんがこれが一番低い高さ。(14cm)

脚を伸ばすレバーロックの作りも完璧で美しい。
befreeは結構ゴツゴツしてたんですが、peak designのtravel tripodは本当に滑らか。

ロックを解除すると自重ですっと伸びていきます。
これが結構な勢いで伸びてくるので耐久性がちょっと気になりますが、使い続けて問題があればご報告します。

レバーロックの解除もロックも片手でスムーズにできます。

本当に見た目が綺麗!
ゴツゴツしてるとカメラバッグに固定するときに引っかかったりして面倒なんですよね。。。

使うときも持ち運び時も真剣に考え機能をデザインするpeak designさすがです!!

センターポール

センターポールは取り外しが出来ることは前途しましたが、他にも機能があります。

まずは重りをつけ安定感を増やすためのフック。

これにカメラバッグなんかをかけておけば安定感が増します。

そしてこのフックを取り外すと別のアイテムが出てきます。

これなんだと思います?

実はスマホを固定するためのアタッチメントなんです。
私のiPhone Xをつけてみました。

もちろんケースをつけたままで使用可能。

高さは伸びるので約9cmまでの高さのスマホに対応してます。

これ普通だったら下記のような商品を別途購入しないといけないんですが、ついてくるのは地味に嬉しいです。
しかもセンターポールに内蔵だから忘れることもない。

使う機会はそこまで高くないかもしれませんが、使いたい時に間違いないく使えるのは嬉しいポイントです。

付属品


スタンダードプレート以外にもちょっとした付属品が。

脚に固定されているのは六角レンチになります。
大小二つのサイズのレンチでプレートの取り外しなどに使えます。

脚に固定してても干渉せず持ち運べるのは嬉しいですね。こういうの使いたい時に限って忘れてくるものです。

アンカーをつけて鍵などと一緒に持ち歩くのもいいですね。

peak design everyday backpackと

メインで使っているエブリデイバックパックにいれてみました。
写真は30Lのバックパックですが、三脚以外にカメラが3台入っています。結構余裕ですね。

中身が多い時はサイドポケットに。
真っ黒な三脚がジェットブラックにめちゃくちゃ似合ってます。

さいごに

以上、peak designの三脚travel tripodのご紹介でした。
一発目の三脚でこのクオリティ。まじでpeak designやばいですね。久しぶりにテンション上がりました。

現在は公式サイトでプレオーダーを受け付けています。

Peak Design travel tripod

コメント