BLOG 動画 ドローンで有名な「DJI」が4K手持ちカメラOSMOやPhantom4等のセール実施中

2016/10/19

ドローンで有名な「DJI」が4K手持ちカメラOSMOやPhantom4等のセール実施中

動画

スポンサーリンク

世界のドローン市場の70%のシェアを誇るDJIの公式ストアが、ハロウィーンキャンペーンで、4K手持ちカメラのOSMOや、大人気のドローンPhantom4やPhantom3のセールを開催しています。

DJIストアセール商品

OSMO 4Kカメラ付きハンディスタビライザー

OSMO 4Kカメラ付きハンディスタビライザー

その手がブレても、カメラはブレない。4Kカメラ付きハンディスタビライザー。

OSMOは24%offで89,800円が68,040円となっています。

手持ちでブレの無い高画質な4K動画(4096 X 2160)が撮影出来るOSMO。

撮影しながら動き回っても撮影している手がどんなに動いても、最先端技術を搭載したスタイビライザーがブレを無くし、滑らかな動画撮影を可能にしてくれます。

アウトドアでもスポーツでも、子供と一緒に遊びながら撮影してもブレを気にする事無く撮影に集中出来ます。

普通のビデオカメラとは全く違う見た目のカメラですが、形も撮影スタイルにも革新を起こす商品ともいえます。

この手のカメラのライバルはアクションカメラになると思いますが、そのライバルとの手ぶれ比較動画あります。これを見て頂ければOSMOの凄さが分かると思います。

そして次の動画がOSMOの紹介動画になります。機能や性能も詳細に説明されていますので、文章で見るより分かりやすいと思います。

 

4K空撮ならPhantom4。衝突回避、自動追尾機能で安全性能バッチリ!!

PHANTOM 4

空撮は安全性能で選ぶ時代へ。衝突回避、自動追尾機能、4Kカメラ搭載。

Phantom4は22%offで189,000円が146,772円のセールとなっています。

前面に付けられたセンサーが障害物を探知しぶつからないよう回避してくれます。

ActiveTrack (アクティブトラック)機能を使えば、コントローラーで操作しなくてもPhantom4が自動で撮影しながら被写体を追いかけてくれます。

また、TapFly(タップフライ)モードを使うと、タブレットやスマホの画面で目的地をタップするだけでPhantom4が自動で飛行し目的地まで飛んでくれます。

もちろん、障害物を回避しながら飛行してくれるので、操作の難しい場所へも行け、初心者でも簡単に撮影する事が出来ます。

 

Phantom3 STANDARD

PHANTOM 3 STANDARD

誰でも手軽に空撮できるオールインワンのエントリーモデル。

Phantom3 STANDARDは、40%offで108,000円が64,800円となっています。
4K動画は撮影出来ませんが、Phantom4と比べ価格も安く、誰でもより気軽に空撮が楽しめる商品となっています。4K動画は要らないけど低価格で高画質な空撮を始めてみたい方はPhantom3もいいかもしれません。

 

ドローンのPhantom4、Phantom3については、賠償責任保険が一年間無料でついてきます。楽しく空撮出来るドローンですが事故やアクシデントも起きかねないので保険は必要ですね。

セールじゃないけど気になる商品も

手ぶれ無しでスマホ撮影が楽しめるOSMO Mobile

OSMO MOBILE

スマートフォンでも、手ブレ知らずの映像に。タップひとつで自動追尾やライブ配信が可能。

最近のスマホカメラは高性能化してより動画や写真撮影を楽しめるようになりました。

しかし、動画撮影時はどうしても手ぶれが起きてしまいます。でもOSMO Mobileにスマホを付けて撮影すれば手ぶれ知らずの撮影が出来ます。

DJI GOアプリを使えば被写体を自動で追いかけ撮影してくれる機能までついてます。今娘が自転車の練習中なのですが、その様子等これで撮れば良い動画が残せるんじゃないかとか考えています。

しかも撮影自体は使い慣れたスマホなので難しい操作を覚える必要も無く、妻でもつかえるんじゃないかと思ってます。

4Kカメラの付いた「OSMO」と比べると価格も安いのでかなり気になってます。近々iPhone7もくる予定なのでかなり欲しい商品です。

個人的には4K動画撮影用のカメラはソニーのα6500を密かに狙っているので、「OSMO」は余りひかれてませんが、この「OSMO Mobile」はかなり欲しいです。

最後に

写真のデジタルカメラの進歩も最近は凄いですが、動画関連の進歩も凄いですね。さらにスマホのカメラ機能の進歩も合わさって気軽に高品質な動画が簡単に撮影出来る様になってきています。

趣味で使うのも良し、ビジネス用途で使うのも良しのDJIの商品の紹介でした。どローン等狙っていた方はこのセールがチャンスかも知れません。

私はセールじゃないけど「OSMO Mobile」を買ってしまうかも知れませんw。

 

動画

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Adobe After EffectでRAW画像からタイムラプス動画を書き出してみた

最近ちょくちょくタイムラプスを撮るようになりました。 前回はmacで簡単にタイムラプス・ハイパーラプス動画を作る、Zeitrafferという無料のアプリを使うタイムラプスの作り方を書いたんですが、今回 […]

【再検証】タイムラプス動画をAfter EffectとZeitrafferで書き出し比べてみました

昨日書いた記事の検証がちょっと不十分だったのと、レンダリングされた画質の比較も合わせて書かせていただきます。

macで簡単にタイムラプス・ハイパーラプス動画を作る方法

今日は私がmacでタイムラプス・ハイパーラプス動画を作る際に使用しているソフトや使用方法を書いて行きたいと思います。 すごく簡単に出来るので是非お試しください。

【PR】超簡単操作で消えたデータの復元|EaseUS Data Recovery Wizardを試してみた

皆さんは写真を撮る時どんなカメラを使っていますか? 一眼レフ、ミラーレス、スマホ、コンデジいろいろあると思います。当たり前ですがフィルムカメラ以外のデジタルカメラで撮影された写真は全てデータです。 デ […]

シャッターストックに4Kタイムラプスを申請してみた

数日前、昼間に少しだけ時間があった時に、空と雲のタイムラプス動画を撮影してみました。 シャッターストックは4K動画も受け付けてくれるので、早速4Kで書き出し申請してみました。

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE