フラッシュの代わりにLEDビデオライトを買ってみました【定常光】

スポンサーリンク

室内での物撮り用に、定常光のLEDビデオライトを購入しました。まだそんなに使用していないのですがレビューしたいと思います。

私のカメラSony α7にはフラッシュがついていないので、室内での物撮り思うように出来ていませんでした。本当はフラッシュも欲しいのですが、結構良いお値段なので迷った末、ビデオライトにしました。

これだと動画にも使えるので使える用途はおおいですね。

スポンサーリンク

LOE(ロエ) LED定常光ライト 410B

410球のLEDで大光量ながらも軽くて薄いビデオライトです。

 

同じ410球のLEDで「410A」もありますが、違いは色温度の調節法で、私が購入した「410B」は、3200Kと5500Kのダイヤルで色温度を調節出来るのですが、「410A」で色温度を調節するにはフィルターをはめて調節する方法になります。

ダイヤルで無段階で簡単に細かく調節する事が出来ます。

約二千円ほど高くなりますが、「410B」の方がおすすめです。

 

開封

外箱はこんな感じです。

検品シールで閉じられています。

内容物

内容物は、本体、取扱説明書、フィルター、接続ユニット(ホットシューコネクタ)、エクステンションアタッチメント、アダプターとなります。

接続ユニットを付ければ、カメラのホットシューにも三脚にも付ける事が出来ます。が、私のカメラのホットシューに付けてみた所、緩いというかしっかりはまらないので簡単に取れてしまいます。この点は何らかの改善をしないと、撮影中に落としたりしてしまいそうです。

Manfrottoのミニ三脚にも付けてみました。

 

フィルターを付ければディフューザーになり、光を柔らかく拡散してくれます。

アダプターも付いていますが、Sony NP-FM/QMのバッテリーがあればそのまま付ける事が出来、別売りのアダプタを使えば、Canon,、Nikon、Sony、Panasonic各社純正バッテリーが使えるようです。

私は取りあえず室内使用メインで購入したのでSony NP-FM/QMも無く、別売りアダプタも購入していません。

本体は本当に軽いです。
本体部分の厚さは24mmと薄く、重さも288gととても軽いです。

色温度の調整

裏面の二つのダイヤルで色温度を調節します。上が5500K、下が3200Kの調光ダイヤルです。

実際に見ながら細かく調節出来るのはポイント高いですね。

 

実際に使って撮影してみた

どんな感じに撮れるか早速試してみたんですが、被写体になる都合の良い物が無かったため、スターウォーズのストームトルーパーのフィギュアを撮ってみました。

フィギュアを撮影するのは初めてなのですが、上手く光りと陰が出るかなと思い撮ってみました。

右側からのライティング

左からのライティング

真上からのライティング

こんな感じで色んな角度から光を当てる事が出来ます。

 

 

サイズ違いもあります

168球のLEDで調光ダイヤルは付いていないタイプです。

 

198球のLEDで調光ダイヤル付きのタイプです。

 

160球のLEDで調光ダイヤル付き、小さいお子様や目が弱い方向けに設計されているタイプです。

 

 

最後に

フラッシュとは違い、ずっと光がある状態なので、じっくり見ながらカメラの設定も出来るし、自由に配置出来るので光の方向も思いのままです。

さらには動画にも使えて、フラッシュよりも安く購入出来ます。

室内でテーブルフォトや物撮りする方には特におすすめです。

スポンサーリンク
カメラグッズ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PHOTO for LIFE