BLOG iPhone iPhone Xをゲット!!

iPhone Xをゲット!!

iPhone iPhone X


スポンサーリンク

iPhone Xを無事に発売日の11/3の今日ゲットすることが出来ました。

買ったのはiPhone X スペースグレイ 256GB。

私はドコモで予約開始日に予約をしていました。しかし噂ではiPhone Xの初回台数は少ないと聞いてたので、発売日にゲットできるとは思っていませんでしたが、すんなりとゲットすることができました。

iPhone Xゲット!!

以前使っていたのはiPhone 6Sでした。7と8は見送り、iPhone Xに変わりました。

ドコモに予約に行った時も油断してiPhone X(エックス)と言ってしまわないよう、頭の中で「アイフォン テン、アイフォン テン」とイメージトレーニングしてから予約に挑みましたw

予約の時点ではいつ入荷するかわからないとの事だったので、発売日は無理かなぁと思ってたんですが、前日に「予約分のiPhone Xが入荷しました」との電話をもらい、今日の朝一で受け取りに行きました。

都会のアップルストアでは行列が出来てたようですが、さすが田舎のドコモ。誰一人並んでいませんでしたw オープン後も通常営業の感じで混み合ってる感じは全くなかったですw

ドコモで契約を済ませ、持ち帰ってバックアップを取ってたiTunesから復元しました。無事復元も終わり一通り触ってみたのでちょっと感想を書いてみたいと思います。

iPhone X開封!!

外箱だったり内容物はこれまでと似たような感じですね。

そしてiPhone Xの最大の特徴。全面ディスプレイ。
ボディサイズはiPhone 6Sより少し大きくなっただけですが、ホームボタン部分や上部がなくなっているため、かなり広くなった印象です。

カメラのレンズ部分です。
広角レンズと望遠レンズのデュアルレンズ。レンズ部分はすこし段差があります。

iPhone Xを使ってみて

iPhone Xはホームボタンがなくなり、ロック解除がface IDという顔認証になりました。

さっそく自分の顔を登録し、試してみました。

操作方法がかなり変わるので少し気になってはいましたが、face IDはかなりいい感じに思えます。
iPhone X本体に目線をやると即座にロックが解除されます。解除後は上にスワイプしてホーム画面にはいるので、これまでのホームボタンの解除方法からすると、一手間増えてしまいますが慣れてしまえば問題なさそうです。

iPhone本体を見ずに横顔とか目をつぶっていたりすると解除されません。なので寝ている間に第三者に解除されたりということはなさそうです。私は大丈夫ですが、スマホの中にやましい秘密を隠してる方でも安心ですねw ちなみに思いっきり変顔しても解除されませんでした。

あと、アプリ画面からホーム画面に戻る場合も上にスワイプで戻ります。
まだiPhone Xを受け取ったばかりの今日では、ついホームボタンを押したくなってしまう癖が残ってますが、数日使えば慣れそうですね。

手に持った感じは、iPhone6Sから比べると微妙に大きくなったのかな?という感じがします。上下とも表示領域が増えた分片手での親指操作がどうなるか気になってましたが、これも意外にすっと身体に馴染んだ感じがします。

まだ手に入れて数時間しか経っていませんが、特に気になるような違和感は今の所ありません。

iPhone Xのカメラに期待!

iPhone Xの本体価格は、256GBモデルの場合、ドコモでは14万円とスマホとして考えると高価な部類に入ります。

パソコンも買えてしまいそうなお値段ですが、私がiPhone Xを買うにはちょっとした理由がありました。

それはiPhone Xのカメラ機能です。

もっと気軽に4K動画や写真を撮りたいという思いが最近強くなっていました。特に動画には興味があり編集などもかねて挑戦して見たい思いがありました。Adobe CCの全部入りを使ってるのでpremia
やafter effectsなども使いたい放題です。

私はミラーレス一眼のα7とα6500の2台を持っていますが、いくらコンパクトなミラーレス一眼といえども、レンズはついてるしで大きさや重さはそこそこあります。

本気の撮影の時はいいんですが、ちょっとした時にもっと気軽に撮れればなと思っていました。なのでちょっと前までは4K動画も撮れる高級コンデジを買おうかなとも思ってましたが、高級コンデジは名前の通り高価なもの。そしてさらに荷物が増えることを考えるとなかなか購入に至りませんでした。

そんな時に出たのがiPhone X!!高級コンデジよりセンサーサイズは小さくなってしまいますが、iPhone Xは4K動画を60fpsでも撮ることができます。これに期待してiPhone Xを購入することになりました。

そして容量が多い4K動画のことを考え容量も256GBを選択。せっかくなので写真や動画もiPhone Xでバシバシ撮って見たいと思います。

そして動画撮影で気になるのは手ブレです。持っているカメラα6500でも4Kは撮れるし、一応手ぶれ補正もついてるんですが、動画になると手振れが目立ち、綺麗な動画をα6500で撮るなら「ジンバル」というものが必要になります。

このジンバルをα6500用に買おうとすると、これまたかなりのお値段。色々ありますが良さげなものをと考えると10万円くらいは余裕でかかります

しかしiPhone X用のジンバルとなれば、カメラより軽いのでかなり安く抑えれます。まだ購入してませんが、iPhone Xのジンバルとして狙ってるのが「DJI Osmo mobile」です。

下にyoutubeの動画を貼っておきますので詳しく知りたい方は動画を一度見て見てください。

このosmo mobileがあれば、動画はもちろん、長時間露光やタイムラプス、パノラマ撮影も簡単にできるようになります。まるでiPhone Xがパワーアップするみたいです。
もちろんiPhone Xじゃなくても8でも7でも他のiPhoneでも使えるので、iPhoneのカメラをより楽しみたい方は超必見のアイテムです。

ここまで高機能なジンバルがかなり安く使えるのはほんと嬉しいですね。

iPhone Xに合わせて買ったカバー

まさか今日iPhone Xをゲットできるとは思ってなかったので、カバーなどの関連商品をまったく用意してませんでした。入る日にちがわかってから揃えようとそれまでじっくりと選ぶ予定でした。

しかし突然手にしてしまったので、急遽家電量販店に走り、とりあえずの物をゲットしました。これはとりあえずなのでレビューしませんが、本命の商品は今日amazonで注文しました。

注文したiPhone Xの関連商品はこれ。

ネオ・ハイブリッド アイフォン X 用 カバー

衝撃に強いTPU素材のケースにポリカーボネート製のフレームを組み合わせた2重構造のカバーです。

背面はシンプルなヘリンボーン柄になっておりちょっと大人な雰囲気。もちろんQi充電にも対応しています。

そして合わせて購入した保護フィルムがこちら

【Spigen】 iPhone X ガラスフィルム

9H硬度のガラスフィルム。薄さは0.4mmで指紋や皮脂も付着しにくく、掃除も簡単にできるそうです。操作面でも問題なくなかなか評判の高い保護フィルムです。

これらのカバーと保護フィルムについては、まだ届いていないので、届き次第改めてレビューしたいと思います。

ちなみに近くの家電量販店ではSpigen製品が1つもありませんでした。。。なのでamazonでの注文となりましたが、都会には普通にあるのかなぁ。。。

さいごに

以上、iPhone Xをゲットしてテンションが上がり書いてしまいました。

まだカメラ機能なども含め、じっくりと使っていないので今後iPhone Xで撮った写真や動画などもこのブログで紹介したいと思っています。

ただのスマホとしてだけでは無く、カメラ機能に期待して買ったiPhone Xですが、とりあえず触ってるだけでニヤニヤが止まりませんw

iPhone iPhone X

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事はまだありません。

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE