BLOG ドローン 国内初のドローン業種専門の人材派遣・紹介サイト!

2017/8/16

国内初のドローン業種専門の人材派遣・紹介サイト!

ドローン


スポンサーリンク

ドローンの可能性に注目し、新たに様々なドローンビジネスが生まれ、ドローン関連ビジネスに参入する企業も増えています。

ドローンには墜落や事故などのネガティブなイメージがあるのも事実です。しかし、どんどん進化するドローン性能や規制・ルール等もしっかりと整備され、安全なビジネス利用も進んでいます。

これから大きく成長するであろうドローン市場。こういったいろんなビジネスが始まる度に、人材確保のため雇用も増えてきます。

そんなドローンビジネスとドローン関連の技術・知識をもっている人材を紹介する、日本初のドローン系職種専門の転職サイトを紹介したいと思います。

ドローン系職種専門の転職サイト|スカイエージェント(sky agent)

Sky Agent(スカイエージェント)

スカイエージェントは、日本で最初にドローンに特化した完全登録制の転職サイト。独自のネットワークで様々な業種の求人案件を取り扱っています。

求人のなかには、一流企業や地域の企業からベンチャー企業などなど様々な会社のから沢山の業種の案件があります。

Sky Agentを運営している会社は「ドローンデパートメント株式会社」で、ドローン飛行許可・申請代行ドローンスクールドローンレンタル、そしてドローン協会の企画運営など、ドローンに関わる様々なサービスを展開しています。

Sky Agentのドローン系求人の業種

ドローンを扱う業種、あなたはどのくらい思いつきますか?まだ成熟していない発展途上のドローン業界ですが、現段階でもSky Agentの扱う求人の業種は多々あります。

ではどのような業種の求人があるか見てみましょう。

  • 農林・水産
  • 林業
  • 漁業
  • 小売業
  • 観光業
  • 不動産業
  • 製造業
  • 電気・ガス
  • 通信業
  • 卸売・小売・飲食業
  • 金融・保険業
  • サービス業
  • 分類不能産業

職種も豊富

ドローンの求人はドローンの操縦だけではありません。販売や営業もありますし、動画や画像の編集、そしてドローンで撮影した動画や画像から測量したり整備の点検ををしたりと様々な職種があります。

先ほどの業種でも多数ありましたが職種も数多く存在しています。ドローンのみで勝負というより、ドローン関連の技術・知識+現職で得たノウハウ等をあわせていけば転職という視点から見ても面白そうです。

  • ドローンパイロット(空撮、測量、点検、農薬散布、リモートセンシング)
  • エンジニア
  • スクールインストラクター
  • フライト運行管理者
  • 空撮画像の分析者
  • 整備点検者
  • 販売員
  • 営業
  • 事務員
  • プロジェクトマネージャー
  • 企画
  • 社長室長
  • 秘書
  • 測量士
  • 企画・営業
  • CTO
  • COO
  • CMO
  • ディレクター
  • マネージャー
  • コンサルタント
  • SNSマーケター
  • フロントオフィス
  • インターン
  • 事業責任者
  • コーポレートスタッフ
  • メディアディレクター
  • ラウンダー

勤務地も様々

Sky Agentの求人は日本だけではなく、海外での仕事もあります。

海外での仕事を探す機会はそう多くはないと思いますが、日本以外の国の求人もあるという点で見るとSky Agentのネットワークの広さと今後の発展の可能性を感じます。

  • 日本
  • アメリカ
  • カナダ
  • 中国
  • インドネシア
  • タイ
  • マレーシア
  • オーストラリア
  • シンガポール
  • ベトナム
  • インド
  • イスラエル
  • フランス
  • イギリス
  • ガーナ共和国
  • カンボジア

スカイエージェントの特徴

スカイエージェントでは、ただ求人情報を扱うだけではなく、日本各地のドローンスクール等と連携し、操縦はもちろん、エンジニアやソフトウェア・ハードウェア開発などの多岐にわたるドローン系人材育成にも力を入れています。

やはりドローンは新しい分野ということもあり、認知度もビジネスに適応できるスキルを有する人材も少ないです。しかし、ドローン分野は今後の成長も期待されている分野で、日本はもちろん世界中でドローン系の人材が必要になる分野です。

2016年に日本国内のドローン関連市場規模は199億円ですが2020年には約1,138 億円(インプレス)、世界市場規模は2020年に約1兆5,600億円(Research and Markets)になると予想されており、今後も更なる拡大が見込まれます。
アメリカでは2025年までに10万人のドローン関連人材の新規雇用が生まれると言われており、日本でも3万人~5万人の新しい雇用の創出が予想されています。
ドローンを使ったビジネスは拡大が予想されています。
今はまだ想像もしていない様な、ドローンを活用した物やサービスが誕生してくると思われます。

Sky Agent(スカイエージェント)

今後も大きく発展していくであろうドローンのビジネス市場に、いち早く参入し、日本で初めてのドローン系の転職サイトサービスのスカイエージェントは、これからドローンを使った仕事をしたい、ドローンの分野に進みたいという方にはまさにうってつけのサービスです。



Sky Agent(スカイエージェント)

ドローン

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドローン購入に合わせて買ったもの

先日、DJIのPhantom4 PRO+ Obsidianというドローンを購入しました。 関連記事2017-11-27DJIのドローン Phantom4 PRO+ Obsidian(オブシディアン)レ […]

DJIのドローン Phantom4 PRO+ Obsidian(オブシディアン)レビュー(開封編)

先日の記事にも書きましたが、4台目のカメラとしてDJIのドローン「Phantom4 PRO+ Obsidian」を購入しました。 ドローンにもすごいスピードで発展していくドローン業界にも前から興味があ […]

ドローンを安全に楽しむ為に知っておきたい規制

ドローンには、国土交通省より定められた厳しい規制があります。2015年12月10日の航空法改正によって無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルールが定められています。 ドローンを購入し、色んな所で […]

DJIの新しいドローンSparkってどうなの?

現在販売されているDJIのドローンのなかで、一番新しいのが「DJI Spark(スパーク)」になります。 手のひらサイズでコンパクトなミニドローン。価格もMarvicやPhantom4と比べるとかなり […]

DJIの黒いPhantom 4 pro obsidianの発売日はいつ?

※追記あり 黒いPhantomこと、Phantom4 PRO Obsidian(オブシディアン)販売始まりました!! 9月1日にDJIが発表した黒いPhantom 4 PRO obsidian(オブシ […]

Phantom 4のadvancedとPROの違いは何?

現在DJIストアでは、Phantom 4はAdvanced(アドバンスド)とPRO(プロ)の2つのモデルを同時販売しています。 少し前まではPhantom 4というノーマルタイプもあったのですが、現在 […]

ドローンは地方が有利!?東京と地方の違い

ドローンを飛行させるには細心の注意が必要です。 機材の飛行前の安全点検などはもちろんですが、ドローンは絶対に飛ばしてはダメな場所が存在します。 そのダメな場所は人口集中区域や空港付近や重要施設付近等い […]

DJIドローンのPhantomをかっこ良く持ち運ぶ!ドローン収納可能なおしゃれなバッグ

DJI Phantomユーザーのみなさん。ドローンを持ち運ぶとき、どうされてますか? まだドローンを買ってもないのに最近持運びの時が気になってます。 私が欲しいDJI Phantom4に関しては、持運 […]

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE