DJIが新しいスマホ用ジンバルOSMO Mobile2を発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJIといえばドローンを思い浮かべる人も多いかと思いますが、DJIはジンバルの性能も高いです。

そんなDJIがスマホ用のジンバルOSMO Mobile 2(オズモ モバイル)を発表しました。

OSMO Mobileといえば、先日私も買ったばかりのスマホ用ジンバル。一度使うと使いやすさと動画の滑らかさからOSMO Mobileなしでの撮影が考えられなくなるほどのお気に入りの商品。

ずっと値下げが続いていたので出るだろうとは薄々感じてはいたんですが、まさかこんなに早く出るとはw

詳細等分かっていない部分もありますが、どんな製品なのか簡単に説明したいと思います。

DJI OSMO Mobile 2(オズモ モバイル)

スマホでの動画撮影の際、手ブレを抑え滑らかな動画が撮影出来るOSMO Mobile。新しくなりOSMO Mobile 2の名前がつけられました。

縦位置で撮影出来る様になった


これまでのOSMO Mobileは、スマホを横にした状態でしかセット出来ませんでした。

しかし新しくなったOSMO Mobile2ではスマホを縦にした状態でもセットし撮影可能になりました。

私個人的にはスマホで動画を撮影する際は横位置でしか撮影しないのであまり気にしていませんでした。
しかしスマホで縦位置で動画を撮影する人は多いので要望があったのかも知れません。

何かの動画素材として使う予定なら横位置のほうが使いやすいかも知れませんが、動画編集はしない、スマホ内だけで楽しむという方にも縦位置撮影も簡単に出来ると便利そうですね。

そしてスマホを縦位置で固定出来る様にアーム部分も若干長くなっているようです。

三脚穴がついた?

旧OSMO Mobileでは無かった三脚穴がついている様に見えます。

正式に記載されている訳ではないので100%とは言い切れませんが、写真を見る限りたぶん三脚穴と思います。

旧OSMO Mobileのレビュー記事でも書きましたが、タイムラプスや長時間露光などの機能はあるのに本体に三脚穴が付いてませんでした。

いくらブレを抑えてくれると言ってもやはり特殊な撮影では三脚があった方が確実です。

旧OSMO Mobileで三脚を使おうとすると別途アクセサリーを購入しないと使えないというちょっと変わった作りでした。この点はさすがに不満も多かったんでしょう。私も残念に思ってました。

しかしOSMO Mobile2ではしっかりと底部分に三脚穴を採用しているようです。コレは良さそうですね。

駆動時間が大幅アップ!!

旧OSMO Mobileでの駆動時間は4.5時間となっていました。

しかし新しくなったOSMO Mobile2はなんと15時間!!と三倍以上のアップです。

カタログ値なので実際はどの位かは分かりませんが、10時間以上も連続で撮影する事も考えられないし、普通に使っていれば一日は大丈夫そうですね。

容量が増えたからなのかバッテリーは内蔵式となりました。まあ15時間もあれば交換の必要も無さそうですね。気になるのは充電時間がどの位なのかという点ですね。

また、OSMO Mobile2本体からUSB充電ケーブルを使いスマホを充電しながら撮影といったことも出来るようです。

上に書いた2つの変化はあまり気になりませんでしたが、これはかなり羨ましい進化です。

ボタン回りやその他も色々変わっている

細かい所で電源ボタンの位置が変わっていたり、ズームの調節が左側のスライドスイッチになっていたりとボタン回りも変わっているようです。

旧OSMO Mobileでのズーム操作は、後方トリガーを押しながらジョイスティックで操作という方法だったんですが、OSMO Mobile2ではトリガーボタンも無くなっています。

カラーも変わっていますね。旧OSMO Mobileではブラックとシルバーの二色展開でしたが、OSMO Mobile2はグレーっぽい色味になっています。

撮影機能は変わり無さそう

タイムラプスやハイパーラプス、パノラマ、アクティブトラックなどの撮影機能は変わり無さそうですね。

基本的に撮影のモードや設定はアプリDJI GOを使用するのでハード面ではなくソフト面なので当たり前ですね。

気になる発売日と価格

価格は16,800円(税込)とかなり安くなりました。
旧OSMO Mobileの現在の価格はセール価格で24,800円(税込)です。

正直買ったばかりで新作がこんなに安く出てくるとは思ってませんでしたが、この16,800円という価格は嬉しいですね。やはりスマホ用として多くの方に使ってもらうには旧OSMO Mobileの価格はちょっと高い印象でした。

この価格だったらスマホでもジンバルを使って撮影する人も増えそうな気もします。

そして1/23からAppleで予約開始、DJIストアでは2月上旬ころから予約開始とのことです。

さいごに

新しくなって安くなったOSMO Mobile2。

値段も機能も魅力的なスマホ用ジンバル。これを使って撮影すると本当に楽しくなるし綺麗な動画がとれます。

スマホのカメラ機能もどんどん良くなってますが、やはりジンバルを使うとひと味違う動画が撮れます。
スマホ用のジンバルが気になっていた方、いかがですか?

LinkDJI OSMO MOBILE2

DJI OSMO Mobile|最高のスマホ用ジンバルでiPhone Xの写真・動画がパワーアップ!!
ストックこれはiPhone Xのベストパートナーだ... ずっと気になってたスマホ用のジンバルとして、DJIのOSMO Mobileを購入しました。つい最近まで読み方を知らなくオズモ?オスモ?と迷っていましたが、どうやらオズモ...

コメント