BLOG 撮影方法 蛍の撮影方法のまとめ

蛍の撮影方法のまとめ

撮影方法

スポンサーリンク

そろそろ蛍の季節がやってきます。
去年は天候に恵まれず、蛍を撮影する事は出来ませんでしたが、今年こそはと今から意気込んでいます。

いろいろと調べてみると私のような初心者には難しそうなイメージ。
かといって蛍の光が舞う神秘的な光景を撮らずにいられません。

でも何の事前知識も無く撮影に行っても失敗するだけなので、一眼レフ等で綺麗な蛍の写真が撮れるよう自分の為にもまとめてみました。

 参考にさせていただいたサイト

Linkホタル撮影マニュアル

ISO感度、F値、シャッタースピードや、蛍の数や種類等に分けて詳しく書かれています。

 

 

Linkホタルの撮影にチャレンジしませんか? | 富士フイルム

撮影時のマナーや、蛍を撮影するのにおすすめのカメラやレンズ、コンデジでの撮影法なども書かれています。

 

 

Link一眼レフで蛍をイイ感じに撮るコツ、まとめてみました。

撮影方法や必要なアイテム等はもちろん。pixlr editor for Chromeというアプリを使用した合成方法が書かれています。

 

 

Linkカメラ初心者がホタルの撮影に初挑戦した記録をつらつらと書き連ねてみた

実際に撮影された写真と撮影時の設定や、失敗経験からの注意点等も書かれています。

 

調べてみて分かった事

・蛍の撮影は夜7~9時頃がベスト
二時間位チャンスは有るので焦らずじっくり撮影したいですね。

 

・明るいうちからピント合わせ等のセッティングが必要
暗くなってからだとピント合わせや構図取りが難しくなるので、明るいうちから撮影場所に行く必要があるようです。
長時間の撮影となりそうなので、小さいお子さんなどがいるご家庭だと撮影と鑑賞は別にした方が良さそうですね。私もそうします。

 

・レンズは出来るだけ明るいものを
出来るだけF値が低いものが良さそうです。暗い場所での撮影なので当たり前ですね。
F値2.8くらいのもが良いそうです。私は単焦点のSEL55F18Zで挑戦してみます。
本当は広角レンズで撮りたいのですが持ってないので諦めます。。。

 

・シャッタースピードは10秒以上が目安
シャッタースピードを出来るだけ長くして沢山の蛍の光が撮れる様にします。バルブ撮影で30秒以上も可能ですが、長くすればするほど写真にノイズが発生します。どの程度のシャッタースピードでどの位ノイズがでるのか事前に試しておいた方が良さそうです。

バルブ撮影になるとレリーズが必要になってきます。私のカメラα7は、「スマートリモコン」というアプリでスマホがレリーズになるので大丈夫ですが、必要な方は購入しておきましょう。夜景や花火撮影にも使えます。

 

・手振れ補正は切っておく
三脚を使用しての撮影時は手振れ補正の機能はオフにしとかないと、ぶれてないのに機能が働き、写真に影響がでるようです。写真を始めたばかりの頃は知りませんでした。
そして良くオフにするのを忘れがちなので気をつけないといけませんね。

 

・撮影マナーに気をつける
これは蛍の撮影以外でもそうですが、マナーは守りましょう。場所によっては三脚が使えない場所等あるようなので事前確認しておきましょう。また暗い所での三脚使用は他のお客さんの邪魔にもなりますし、転倒させてしまう危険も有ります。
また、光にも気をつけましょう。蛍も嫌いますし、他の撮影者の邪魔にもなります。携帯の画面の光も邪魔になります。

 

・沢山撮って後から合成も可
数が少なくても沢山撮っておいて後から合成も出来るようです。

 

蛍の見れる場所

蛍の名所は日本全国各地にありますのでお近くの場所を探してみましょう。
でも人が沢山来る様な名所では、じっくり撮影は出来ないかもしれません。。

私は妻の実家の前にある田んぼ用水路で蛍が飛んでいます。
数は少ないですが、ここで撮影するのは私一人なので思う存分蛍を撮影出来るスポットです。(いいでしょ〜!)

全国の蛍スポットはこちらから検索出来ます。

Linkホタル観賞スポット情報2016 – じゃらんnet

 

 

最後に

撮影が上手く行ったらここで紹介したいと思っています。

また、蛍の撮影は長時間掛かるようですので、虫除け等の準備も必要かもしれません。
水がきれいな所はマムシもいるんですよね?

そういった点も含め軽装はお勧めしません。

しっかりとした道具、知識の準備があればきれいな蛍の写真が撮れるかもしれませんね。今年蛍の撮影に挑戦しようと思っている方の参考になれば幸いです。

 

それでは。

 

 

撮影方法

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

写真・カメラを学習出来る教室やサービスの紹介|プロから学んでスキルアップ

写真が上手くなりたい。カメラの機能をもっと使いこなしたい。現像ソフトの使い方が知りたい。 写真をやっていれば誰でも一度はこの様なことを考えた事があると思います。 新しい技術や知識を身につけようとした時 […]

蛍の季節がやってきた!!さっそく蛍の写真を撮ってみました

自宅近くの蛍スポットで蛍が見れる様になりました。なので昨日蛍の撮影に行ってきました。 私は宮崎県在住なんですが、市によってはまだの所もあるようです。これから徐々に全国的に蛍が見れる様になってくると思い […]

打ち上げ花火の写真を撮ってきました

7月16日土曜日に、妻の実家のある宮崎県えびの市で花火大会があったので、打ち上げ花火の写真撮影に挑戦してきました。 去年は失敗に終わった花火大会の写真撮影でしたが、今回はどうなったでしょうか。

【構図】日の丸構図について思う事 とその他の構図について

カメラや写真に興味がある方は一度は聞いた事のある「日の丸構図」。 ど真ん中に被写体を置く構図でつまらないとか、初心者っぽいとか、よくダメな例として取り上げられる事もあり、「日の丸構図はやめよう」的な情 […]

【流れ星】8/12にペルセウス座流星群が見れるので流れ星の撮影方法を調べてみた

今月の12日ペルセウス座流星群が観測出来るようです。天気さえ良ければ流星群の撮影が出来そうです。夏の風物詩として花火の写真で盛り上がっていますが、このペルセウス座流星群も夏の風物詩として面白い被写体だ […]

線香花火を撮影してみました

近頃、コンビニ等でも花火を売ってるのを見かける様になりました。すこし夏を先取りしてストックフォト用に手持ち花火セットを購入し、線香花火を撮影してみました。 今回はマクロレンズを使用し、線香花火にクロー […]

【脱初心者】おすすめの撮影モード 絞り優先モードA/Av

初心者のうちは分かりにくいカメラの撮影モード。どれをどう使っていいか分からず、カメラ任せの「AUTO」をずっと使っている方も多いかと思います。 「AUTO」は色んな設定をカメラが自動で判断してくれるの […]

【テザー撮影】sony α7とLightroomでRAW画像のテザー撮影をする方法

今日はテザー撮影について書きたいと思います。 テーブルフォトや自室の簡易スタジオ撮影などで便利なテザー撮影ですが、私の持っているsony α7は、そのままではLightroomでテザー撮影が出来ません […]

お問い合わせプライバシーポリシー

© 2017 PHOTO for LIFE