読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHOTO for LIFE

カメラ初心者がストックフォトやカメラや写真について書いてます

打ち上げ花火をきれいに撮るためのカメラの撮影方法【一眼レフ・ミラーレス一眼】

写真 撮影方法

f:id:stockphoto-info:20160704221208j:plain

7月に入り、雨の日もだんだん少なくなり待ちに待った夏になってました。

夏と言えば花火ですね。手持ち花火も良いけど迫力ある打ち上げ花火は誰でも心躍るものだと思います。

そんな夏の風物詩、打ち上げ花火を一眼レフやミラーレス一眼等のカメラを使ってきれいに写真に収めるカメラの設定方法を紹介したいと思います。

打ち上げ花火の写真をきれいに撮るには

タイトルでは偉そうに書いてますが、私は去年打ち上げ花火を撮影した際、失敗に終わっています。

そんな失敗をしないために、自分のためにも改めて復習し今年こそキレイな打ち上げ花火の写真を撮る方法をまとめて行きたいと思います。

カメラ以外の撮影に必要な道具

三脚

打ち上げ花火を撮影するには、シャッタースピードを長めに設定しなければなりません。(詳しい設定方法を後述)ぶれなく撮るためにも三脚は必須になります。

花火は夜にするものなので、撮影時は周りは暗く足下は見えにくくなります。他の見物客の邪魔にならないよう十分に配慮しましょう。また、場所によっては三脚使用禁止の場合もありますので、花火大会の運営元に確認したり、人が少ない安全な場所で撮影する等してしっかりマナーを守るようにしてください。

レリーズ

カメラに触れずにシャッターを切れるレリーズを使っての撮影をおすすめします。
いくら三脚にカメラをセットしていても、シャッターを切る際にわずかにブレが発生する可能性があります。

私が使っているカメラα7を含めたSONYのαシリーズではアプリを使いスマホをレリーズ代わりに出来ますが、この方法では若干のタイムラグが出るため打ち上げ花火の撮影ではあまりおすすめ出来ません。しっかりタイミングよく撮るためにもレリーズがあると良いと思います。

 

カメラの設定方法について

撮影モード

カメラの撮影モードはマニュアルに設定し、絞り(F値)とシャッタースピード、ISO感度を設定し撮影します。マニュアルモードを使用した事の無い方は、花火以外でも良いので事前に練習して行くと良いと思います。

初心者には難しいイメージがあるかもしれませんが、何度か試すだけでも理解出来るようになると思います。

ホワイトバランスについて

ホワイトバランスは、晴天モードに設定します。RAW画像で撮影しておけばRAW現像の際いくらでも変更出来ますので、いろいろ試すよりも晴天モード固定で撮影しましょう。

絞り(F値)について

大体F8〜F16の間を目安に設定し、実際に撮影した写真を確認しながら調節してみましょう。

シャッタースピードについて

シャッタースピードは花火の種類にもよりますが最低でも2秒〜は必要かなと思います。
あまり短すぎてもタイミングが合わなかったりします。

ISO感度について

これはカメラに合わせ可能な限り低めの設定をします。100位でも充分です。ISO感度を上げるとノイズが発生してしまうので、せっかく撮った写真がノイズまみれにならないよう低めに設定します。

ノイズリダクションについて

ノイズリダクションとは、長時間露光での撮影時に発生するノイズを撮影後、カメラ内部で軽減させる処理の事です。(あってますよね?)このノイズリダクションがONになっていると、撮影するたびに写真の処理が始まり、時間を取られてしまいます。さらにこのノイズリダクションだと画像も悪くなるらしいので必ずOFFにしておきます。

手振れ補正について

三脚を使っての撮影なのでこれも必要ないので忘れずにOFFにしておきます。

ピント合わせ・構図とりについて

ピントはよく無限遠に合わせておけばという事を良く目にしますが、初心者のうちは無限遠のつもりでもズレていたという事が良くあります。
なので事前に合わせて固定しておくというよりも、実際に花火が始まってから合わせる方が無難かと思います。数発で終わる花火大会などは無いので始まってからでも充分に間に合いますので、慌てず落ちつてピントを合わせてください。

ピントと同様に構図も始まってから合わせると良いと思います。

 

カメラの設定については大体こんな感じです。

きれいな打ち上げ花火の写真を撮影する為には、カメラの設定以外にも気をつけないといけない事があります。

その他の注意点

シャッターを切るタイミング

打ち上げ花火の写真は、花火が開く前からシャッターを切らないといけません。これが遅れると花火の中心部分がスカスカになってしまい、なんだか微妙な感じになってしまいます。

タイミングが遅かった例(私の失敗写真です)

f:id:stockphoto-info:20160704215326j:plain

逆に早すぎると迫力の無い微妙な写真になります。

早すぎた例(同じく私の写真です)

f:id:stockphoto-info:20160704215425j:plain

パッと見、何の写真か分からないですね・・・

タイミングをつかむのは難しいかもしれませんが、挫けず何度も撮影しましょう。

 

撮影場所について

上の失敗例の写真を撮影した場所は、花火の場所からとても近い所でした。近すぎたため、見上げて撮る様な形で背景も空しか無く、また構図を取ったりも出来ないくらいに近い場所でした。

田舎なので人も少なく、近い場所でも人の邪魔にならずじっくり撮れたのは良かったのですが、写真は全て微妙な感じになりました。

打ち上げ花火を撮る時には、背景も何か入るように撮った方が花火の規模も分かり、いい感じになります。

Pixabayにあった背景の入ったいい感じの写真

f:id:stockphoto-info:20160704220247j:plain

f:id:stockphoto-info:20160704220257j:plain

本当はこんな感じの写真が撮りたかったのですが、知識も無かったので何も考えずめちゃくちゃ近い所から撮影してました。

もちろん、上手い人が撮れば近い場所からでもすてきな写真になると思いますが、場所選びも大切だなと思いました。

事前にロケハンなどしておいた方が良さそうですね。

 

最後に

今年もそろそろ全国各地で花火大会が始まる頃です。夏の風物詩の打ち上げ花火を写真で楽しむのもいいですね。皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

日本全国の花火大会の情報はこちらから確認出来ます。

hanabi.walkerplus.com

それでは。