読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHOTO for LIFE

カメラ初心者がストックフォトやカメラや写真について書いてます

初心者にオススメ!簡単にいい感じの写真が撮れる逆光での撮影方法【初心者向け】

撮影方法 写真

f:id:stockphoto-info:20160804214631j:plain

写真を撮る時に逆光はダメ。という事をたまに目にしますが、それはちゃんとした方法で撮影していないから失敗写真となってるだけで、ちょっとした方法で逆光での写真も簡単にいい感じの写真になります。むしろ逆光を避けるのではなく積極的に取り入れた方が良いのではないかと思います。

人物撮影でも物撮りでも風景でも何をとってもいい感じになる逆光での撮影。特に人物撮影ではおすすめです。

逆光・半逆光でふんわりとした明るい写真

逆光をうまく利用するとふんわりとした明るいいい感じの写真が簡単に撮れます。私もよく使う方法ですが、特に娘達の写真を撮ったりする時は積極的に取り入れています。

いくつかのポイントを押さえれば初心者の方でも簡単に撮れるようになるので是非覚えて試してみてください。

何も設定せず逆光で撮ってしまうと下の様な暗い写真になてしまいます。

f:id:stockphoto-info:20160804153321j:plain

いい失敗写真がなかったのでlightroomで失敗写真に見えるよう編集しました。

こんな写真になってしまうのなら「逆光はダメ」という理由もうなづけますが、これは撮り方がマズいだけで、ちゃんと撮ればこんな感じになります。

f:id:stockphoto-info:20160804153336j:plain

逆光・半逆光とは?

逆光とは、被写体の後方に光源がある状態の事を言います。
半逆光は被写体の斜め後方に光源がある状態です。

f:id:stockphoto-info:20160804164844j:plain

被写体の正面に光源がくる順行で人物撮影をする場合は、被写体となる人物は太陽等の光源のある方向を向いている事になります。眩しい光の方を向いていると目を細めてしまったりするのでちょっと微妙な表情となってしまいます。

ところが逆光や半逆光での状態だとその様な事も無く、より自然な表情が撮れるようにもなります。

逆光・半逆光時のカメラの設定

撮影モード

撮影モードはオート以外に設定します。今回は初心者向でも簡単に出来るように、「絞り優先モード」で説明して行きます。もちろんマニュアルモードでも撮影可能です。

撮影モードダイヤルを[A]または[Av]に合わせます。そしてISO感度は特にコレというのは無いですが、目安として最低〜400位が良いかと思います。もちろんこれより高くなっても良いですが、最高でも800位の間でお好みの明るさに合わせてください。

測光モード

測光モードは「中央部分重点」か「スポット」で撮影可能ですが、個人的には「スポット測光」の方が使いやすいので「スポット測光」を使っています。

測光モードの設定が出来たら、測光ポイントを被写体に合わせ測光します。この時光源のある明るい所で測光してしまうと、被写体が暗くなってしまうので気をつけましょう。

露出

大体の場合、逆光・半逆光の状態で、被写体で測光すればいい感じになりますが、それでも被写体が暗い場合は露出ダイヤルを+側に回し、ちょうどいい明るさになるように設定します。

以上の3つのポイントを押さえていれば、逆光・半逆光を利用した撮影が可能になると思います。

あとはF値の設定もありますが、これは撮りたい写真のイメージに合わせて設定すれば良いと思います。解放気味で撮影するとより柔らかく明るい写真になります。この辺りは被写体や被写体からの距離等で色々設定方法が変わってくると思いますので、沢山撮って自分好みの設定を探してみてください。

撮影例

私の写真で撮影例を探してみました。あまり良い写真ではないですが雰囲気としては伝わるかと思います。

f:id:stockphoto-info:20160804165109j:plain

f:id:stockphoto-info:20160804165121j:plain

f:id:stockphoto-info:20160804214303j:plain

f:id:stockphoto-info:20160804214321j:plain

もっと分かりやす作例を出したかったんですが、ストックを見てみたらちょうどいいのがあまりなかったので今度新しく撮ってこっそり追加しときます。

逆光・半逆光での撮影時の注意

上記の設定で撮影すれば簡単にいい感じの写真が撮れると思いますが、より良い写真を撮る為にちょっとした注意点があります。

それは光源となる光の元(太陽など)をフレームインさせないように撮影する事です。

太陽等を入れて撮ると、今度はフレアやゴースト等の問題が出てきます。フレアやゴーストがは出ていても良い写真は沢山ありますが、初心者のうちはそれらまで意識して撮影するのは難しいと思いうので、慣れるまではフレームインさせないように撮影すると成功率も上がってきます。

逆光・半逆光での撮影に向いている被写体

これは正直向いていない被写体が無いんじゃないかと思う位、ほとんどの被写体の撮影におすすめ出来ます。

よく見る美味しそうな料理写真等は、ほとんど逆光・反逆光で撮影された写真ですよね。

そんなオールマイティーに使える逆光・半逆光の撮影で個人的に好きなのが人物撮影です。特に子供や女性を撮る時におすすめです。

逆光・半逆光で撮影すると被写体の境界線が明るくなるのですが、この時の髪の毛の写り方が特にお気に入りです。きちんとピントさえ合っていれば髪の毛の一本一本が輝くように綺麗に写ります。この方法で彼女や奥さんなど撮影すると喜ばれる事間違い無しです。

あとは花等の風景写真でもおすすめです。花びらや葉っぱから透き通ってくる光がより自然の美しさを表現してくれます。

逆光・半逆光での撮影のおすすめの時間帯

特におすすめな時間帯は朝日や夕日の時間帯です。この時間帯は光が柔らかく、よりドラマチックな雰囲気の撮影が簡単に出来る時間帯です。

朝日や夕日の撮影は、逆光・半逆光の撮影以外でもより良い写真が撮りやすい時間帯なので、色んな写真の練習にオススメなので、初心者の方は特にこの時間帯での撮影に挑戦してみてください。

 

最後に

逆光・半逆光での撮影について書いてきましたが、この撮影方法は太陽を光源とした屋外での撮影以外でも使えます。懐中電灯やランタン、デスクライトなどの光でも出来るし、室内では窓際で簡単に撮影出来ます。

室内での撮影用などに定常光のビデオライトなど1つ持っておくと便利かも知れません。数千円で買える物もあるので便利です。

関連記事:フラッシュの代わりにLEDビデオライトを買ってみました【定常光】

とりあえず被写体の後方に明るい場所がくるように立ち回り撮影するだけなので本当に気軽に簡単に出来ますので是非試してみてください。

 

それでは。