読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHOTO for LIFE

カメラ初心者がストックフォトやカメラや写真について書いてます

【脱初心者】おすすめの撮影モード 絞り優先モードA/Av

撮影方法

f:id:stockphoto-info:20160905223159j:plain

初心者のうちは分かりにくいカメラの撮影モード。どれをどう使っていいか分からず、カメラ任せの「AUTO」をずっと使っている方も多いかと思います。

「AUTO」は色んな設定をカメラが自動で判断してくれるので便利ですが、意図的に色んな表現をしたい場合は「絞り優先モード、A/Av」を使ってみましょう。

コツを覚えれば初心者でも簡単に使えるのでおススメです。

初心者におすすめしたい絞り優先(A/Av)モード

F値を決めて撮影するモードです。Canonのカメラでは「Av」となっていますが、他のカメラでは「A」となっていると思います。以降文中では「Aモード」と表記します。

「Aモード」で撮影する時は、背景をボカすかボカさないかを考えてから設定すると便利です。

一眼レフやミラーレス一眼等で撮影された写真を見ると背景がボケている写真が多いですよね。たとえばこんな感じ。

f:id:stockphoto-info:20160905223811j:plain

f:id:stockphoto-info:20160905223821j:plain

写真の善し悪しは置いといて、この様なボケた写真を撮るにはF値を設定すると簡単に撮る事が出来ます。

F値について

F値とは、レンズ内にある絞りをどの程度開いたり絞ったりするかを数値化した物です。写真の撮影データなどをみると、F1.4とかF2とか書いてあります。これがF値です。

F値は数字が小さい方が絞りを開いた状態で、数値が大きくなるほど絞って行くという事になります。

F値の数字が小さいと、光を取り込める量が増えます。そして数値が小さいほどピントが合う部分が少なくなり、よくボケます。

逆にF値の数値が大きくなると、取り込める光の量は減り、ピントが合う部分が多くなりボケも少なくなってきます。

初心者の方やF値を触った事が無い方はいくら本等のテキストを読んでも分かりにくいと思います。これを覚えるには取りあえずやってみるしかありません。実践あるのみです。

最初のうちは難しい事を無理して覚えなくても、ボカしたければF値を低く、全体的にピントを合わせたければF値を大きくすると言う事だけでも覚えておけば写真の幅も広がっていくと思います。

 

F値によるボケの違い

F値を解放側にするとよりボケて、絞っていくとボケかたも弱まりピントのあう部分が大きくなります。

この違いを実際に写真に撮ってみたので見てください。

f:id:stockphoto-info:20160905165014j:plain

f:id:stockphoto-info:20160905165022j:plain

上の写真がF1.8で下の写真がF8.0で撮影しています。

ピントはスピーカーの真ん中部分に合わせています。F1.8の写真は中心部分のみピントがあっていて、その他の部分は大きくボケていますが、F8.0の写真はピントの合っている部分も増え、ボケも少なくなっているのが分かると思います。

f:id:stockphoto-info:20160905165350j:plain

F値を段階的にあげ、拡大した物です。ボケ方の違いが分かると思います。

 

被写体の位置によるボケの違い

ボケはF値でも変わりますが、被写体と背景の位置でも大きく変わってきます。

これも分かりやすくする為写真に撮ったので見てください。

f:id:stockphoto-info:20160905165830j:plain

f:id:stockphoto-info:20160905170359j:plain

両端に注目してください。上の写真では両端にあるフィギュアが何か分からない位に大きくボケていますが、下の写真ではボケが弱くなっています。これらの写真はこの様な配置で撮影しました。

f:id:stockphoto-info:20160905170305j:plain

f:id:stockphoto-info:20160905170456j:plain

上の写真では両端のフィギュアが一番前のフィギュアから大きく後ろに下がっています。逆に下の写真では両端が近くなってボケが弱くなっています。

これでおなじF値でもピントの合っている所からの距離の違いでボケ方も変わってくる事が分かると思います。

F値解放で気をつける事

F値を解放していくとピントの合う部分が狭くなります。狭くなる事でピント合わせがより難しくなってしまうので気をつけてください。

特に人物撮影等でピントが鼻の頭にあって目の所はボケている。なんてこともあるので解放時はピント合わせに気をつけましょう。

Aモードで写真の明るさを調節するには

Aモードで写真を明るくしたい場合は「ISO感度」で調節する方法をおすすめします。

日中の屋外など、明るい環境であればそこまで気にする事はありませんが、少し暗めの環境ではISO感度で調節します。

調 節すると行っても初めのうちはAUTOで問題ないと思います。AUTOであればカメラが自動的に設定してくれます。ISO感度を上げすぎるとノイズが出てしまいますが、ほとんどのカメラではAUTO時のISO感度の上限を設定出来るようになっていますので、お好みの数値を設定し調節してください。

ISO感度はシャッタースピードを上げてくれます

写真の明るさを調節する場合、露出補正ダイヤルでする方法もありますが、露出補正ダイヤルを+にして写真を明るくしていくとシャッタースピードが遅くなってしまいます。

しかしISO感度をあげるとシャッタースピードは速くなってくれます。

簡単に言うと、ISO感度はセンサーに当たる光をデジタルの力で増幅してくれます。そのため、光が少ない環境でも明るい写真をとることが出来ます。

詳しい事を書くと難しくなるし、私の知識では説明しきれないので詳しく知りたい方はググってください。

難しい事は置いといて、暗めの環境でも明るくしたい場合はISO感度で調節すると覚えていてください。

Aモードでのシャッタースピードについて

AモードではF値を設定すると、カメラが自動でシャッタースピードを設定してくれます。これは便利な機能ですが、次に説明する内容を理解しておかないと失敗写真が増えてしまう可能性があるので気をつけてください。

シャッタースピードが変わるとどうなるのか

基本的にF値を開いていくとシャッタースピードは速くなり、絞っていくと遅くなります。これは開いている状態だと沢山光が入ってくるので、シャッタースピードは速くても大丈夫ですが、絞った場合、シャッタースピードを長くする事で光の量を調節し明るさを保ちます。

シャッタースピードが速い場合はあまり問題ではないのですが、F値を絞りシャッタースピードが遅くなってしまった場合、手持ちでの撮影だとぶれてしまったりします。

シャッタースピードと手ぶれの関係

シャッ タースピードが遅くなってしまうとどうしても手ぶれが出てきてしまいます。慣れてる人であれば、ある程度シャッタースピードが遅くても手持ちでブレなくす ることは出来るようですが、初心者のうちはシャッタースピードをあまり意識していなかったりで難しくなってしまいます。

どの程度のシャッタースピードならブレないのか

良く言われるのが「1/焦点距離」のシャッタースピードがブレない目安と言われてます。この通りにすれば全くぶれないという事ではないですが、ある程度の目安として覚えておくと良いかも知れません。

焦点距離とはレンズに書いてある○○○mmの数字の所です。

f:id:stockphoto-info:20160905224304j:plain

望遠側のレンズだと、やはりちょっとしたブレでも大きく影響してしまいます。良くあるダブルズームレンズキットなどについているレンズは~200mm以上などのレンズがあります。この様なズームレンズをよく使われる方は、焦点距離によってブレにくいシャッタースピードが変わるので「1/焦点距離」という目安を覚えておくと良いかも知れません。

この目安を覚えておいてISO感度などでいい感じのシャッタースピードになるよう調節すると手ぶれ写真は少なくなると思います。

まとめ

簡単に書くつもりが長々と書いてしまいました。文章だと分かりにくいかも知れませんが、Aモードでの撮影は本当簡単なので試してみてください。

簡単にまとめれば以下の事を覚えておけば大丈夫と思います。

・ボカしたければF値を低い数値に。
・ピントを全体的に合わせたい場合はF値を大きい数値に。
・写真を明るくしたい場合はISO感度で調節。
(慣れるまではAUTOにしておくといいかも)
・シャッタースピードはレンズの焦点距離を目安に調節。

スポンサードリンク

 

最後に

以上初心者にお勧めな撮影モード「絞り優先モード、A/Av」についてでした。

Aモードで撮影していくと、F値やシャッタースピードの違いがより分かりやすくなると思います。

もっと詳しく書き出すと広角レンズではボケにくかったりとか、F値解放でも遠い所にピントを合わせればボケなかったりと色々ありますが、それはまたいつかということで。

こちらの本でもAモードについて書かれています。