読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHOTO for LIFE

カメラ初心者がストックフォトやカメラや写真について書いてます

長女がコンデジデビューしました

カメラ ブログ

f:id:stockphoto-info:20160902212910j:plain

先日書いた高千穂の記事で長女が写真デビューしました。
おもちゃのカメラでは写真を撮ったりはしていましたが、ちゃんとしたカメラを持たせたのは初めての事でした。

娘のカメラがコンデジになった理由

私がカメラを始めてからすぐに長女はカメラに興味を持ち始めました。持っているカメラ機能付きのおもちゃで一緒に写真を撮るようになりました。

しかしおまけ機能としてついているカメラでは画質だったり、撮りにくさだったりで、もうちょっとちゃんとしたカメラを使わせてあげたくなりました。

初めてコンデジを使った日

昔使っていたコンデジがあったのでそれを娘に使わせてみました。ちゃんと対策していなかった私が悪いのですが、渡した初日にカメラを落としてしまい電源が入らなくなってしまいました。

ネックストラップを使っていれば回避出来たのかもしれませんが、リストストラップしか付けていなかったのでこのような結果となってしまいました。

そこで壊れにくそうな子供用のカメラを探すことになりました。そして見つかったカメラがこの記事に書いてあります。

www.photo4life.net

それから色々ありました

この記事を書いた数日後、実家に行った時に母が「これ娘ちゃんにあげて。欲しい物じゃないかもしれないけど。。。」と言って昔使っていたというコンデジを出してきました。

びっくりして母に訳を聞くと「なんか悔しかった」と一言。

もっと詳しく訳を聞いてみると面白い事が分かりました。

上の子供用カメラの記事で、娘が「これが欲しい」といったミラーレス機の事を書いたのですが、その事に対して「欲しい物を買ってやれ」的なブコメが付いたんです。

どうやらそのブコメに反応してしまったらしいのです。笑 そしておもちゃではなく、少しでもカメラらしいカメラを持たせてあげたかったとの事。

その事で母の孫に対する深い愛情を知り嬉しくなり、そしてブコメまでしっかり見ている母にびっくりしました。笑

ブログを見ている事は知っていたのですが、まさかブコメまで見ていたとは知りませんでした。

その後改めてお礼を言い、ブコメは強い口調の物があってもあまり気にしなくて大丈夫だからね。と伝えておきました。

実は長女にはやっぱりおもちゃのカメラよりコンデジぐらいの方が良いのかなという考えも出てきていました。ブログにしておすすめしといてなんですけど、やっぱり画質とかも気になるし、どうせなら最初からある程度良い物を使った方がいろいろいいんじゃないかと思うようになりました。

貰ったカメラはこちら

おもちゃカメラじゃなくコンデジにしようと思った理由

おもちゃカメラの記事を書いたら、いつも素晴らしい写真やカメラの記事を書かれているタケル(id:sfTKL)さんに言及して頂けました。

www.spaceflier.com

記事中で実際に娘さんが実際にコンデジを使ってる写真があるんですが、表情は見えなくても後ろ姿から溢れ出す写真を楽しんでいる感じ!!まさにこれです。こんな感じで私も娘に写真を楽しんでほしかったんです。

もうこの記事を見てから気持ちはコンデジになっていました。

そしてただコンデジをあげるだけではなく、ステッカーシートを使いカスタマイズする徹底ぶり。世界に1つしか無いカメラだと、より愛着がわき写真が好きになりそうですよね。

そんなことがあり、やっぱりコンデジにしようと思っていた矢先の母からのプレゼント。いろんな人のいろんな行動のおかげで、娘は無事コンデジをゲットする事が出来ました。もうカメラの神様が娘に微笑んでいるんじゃないかと思ってます。笑

娘(4才、もうすぐ5才)がコンデジを使ってみて思った事

現在娘は4才ですが、あと一ヶ月ちょっとで5才になります。そんな年頃の子供にコンデジを持たせたらどんな感じになるの書いてみたいと思います。同じようにお子さんにコンデジを持たせてみようと考えている方の参考になれば幸いです。

落下防止

今度は落としてしまわないようネックストラップを付けました。これのおかげで落とす事は無くなりました。しかしただ首から掛けている状態だと座ったり遊んだりしている時にちょっとぶつけてしまう事があるので、撮らない時はたすき掛け状態にする事で何とか改善出来ました。

シャッター半押しが難しい

親の私が言うのもなんですが娘は手先がかなり器用なほうだと思います。お箸も1才のうちから使いこなし小さい豆も難なくつかんでました。

そんな娘でもシャッターを半押ししてからピントを合わせ、シャッターを切るという流れが上手く出来る時と出来ない時があります。実際撮った写真の半分くらいはピントが合ってない写真です。

ピントを合わせるという概念も理解できてないみたいで、この辺りが難しい問題ですね。

やっぱりおもちゃより良いかも

操作が難しい所はあるけれど、これはその内慣れてくると思います。そして初めての自分のカメラが嬉しかったのか本当に嬉しそうに写真を撮ってます。

そして画質もいいので我が家で毎年作っているアルバムにも使えそうです。貰ったカメラは1400万画素あり、おもちゃカメラでは良い方でも200万画素でした。この差は大きいですね。せっかく撮った写真なので色んな用途で使えるのは嬉しいです。

4才くらいからならコンデジもおすすめ

落下防止対策などをしっかりしておけば、4才前後くらいの子供ならおもちゃでなくてもコンデジでも良いかも知れません。

おもちゃカメラは次女(1才9ヶ月)にアンパンマンカメラを買ってあげようと思ってます。長女のカメラを羨ましがってるので。

そして落として一度は電源が入らなくなったコンデジもいつの間にか治ってました。これで長女はカメラ2台持ちになりました。うらやましい。笑

f:id:stockphoto-info:20160902212934j:plain

思いのほか写真にハマった長女。その内ストックフォトデビューする日も来るかも知れません。笑

晴れてコンデジデビューした長女ですが、昔の写真を探っていたらこんなのが出てきました。

f:id:stockphoto-info:20160902212944j:plain

これは私のカメラα7の購入特典でもらったおもちゃです。

f:id:stockphoto-info:20160902212954j:plain

上の写真は次女のお宮参りの時の物です。このおもちゃで口で「カシャ」といいながら家族写真を撮ってくれました。笑 これが最初のカメラデビューかも知れません。笑

これを長女にあげたら凄く喜んでよく持ち歩いていました。この時から写真に興味を持ち始めたんでしょうね。

そんな娘にコンデジを持たせてみた記事でした。最後は娘の撮った写真で閉めたいと思います。

f:id:stockphoto-info:20160902213012j:plain f:id:stockphoto-info:20160902213029j:plain