読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHOTO for LIFE

カメラ初心者がストックフォトやカメラや写真について書いてます

ストックフォト各社の審査状況や分かった事など

ストックフォト まとめ

f:id:stockphoto-info:20160505225608j:plain

今日は、私が登録しているストックフォトサービス3社の現在の審査状況や分かった事について書きたいと思います。

3社それぞれの傾向がありますので、これからストックフォトを始める方や、ストックフォトをしている方に参考になればと思います。

PIXTA

creator.pixta.jp

2016年3月15日に登録。

現在PIXTAで販売中となっている素材数は94枚。
審査待ちの素材数は102枚あります。

今回この記事を書こうと思った最大の理由がこのPIXTAなんですが、最近どうも審査状況が遅れている様な気がします。

登録したての頃は、平均的に10日前後で返答が来ていたのですが、最近は3週間近くたっても結果が出なかったりしています。

現在審査待ちの詳細は、4/8分が3枚、4/15分が64枚、4/20分が8枚、4/21分が27枚となっています。

4/20.21分はまだいいとして、それ以前の物はとっくに結果が出てもいい様な気がします。かなり遅れてるようですね。

私のアカウントでは毎月15日にアップロード上限がリセットされるのですが、それまでに結果が出るかも怪しいですね。

その他のPIXTAの特徴

PIXTAは審査結果が非常にやさしい印象です。今まで申請に出した物は全て採用となっています。

しかし、ベクター素材は結構細かく見ているようです。オープンパスなど他社より厳しく見ています。

動画も登録し、申請しているのですが、まだ結果が帰ってきてないので何とも言えませんが、動画は無制限でアップロード出来るようです。

PIXTAのアップロード上限について

PIXTAにはアップロードに上限数があります。最初は10枚からのスタートで、徐々に上がっていくようです。
どうやらこのアップロード上限をあげる為には、採用率が良くないとあまり上がらないようです。さらに一番最初にアップロードする10枚の結果が後々に響いてくるようです。

最初の採用率が悪いとアップロード上限が上がりづらかったりするようです。
私は運良く最初の10枚全て採用になり、しかも最初の10枚の結果が分かる前にいきなりアップロード上限が10枚から100枚に増やされました。

 

stockphoto-info.hatenablog.com

 

この時はPIXTAのシステムエラーだと思っていて、取り消されないよう次の日に大量に画像をアップしたのを覚えてます。

こんな事もあるので、新規にPIXTAに登録される方は、最初の10枚は厳選した物をアップすると良いかもしれません。

 

今までPIXTAで売れた写真

現在までにPIXTAで売れた写真は2枚です。
売れた写真は下記記事より確認出来ます。

 

stockphoto-info.hatenablog.com

 

stockphoto-info.hatenablog.com

 

PIXTAのまとめ

・最近は審査が遅め

・審査自体は優しめなので初心者にもオススメ!

・ベクター素材は審査が厳しめ

アクセス数も他社に比べると多めです。タグ付けも他社より簡単なので、始めて登録するならPIXTAがいいかもしれません。

 

 

fotoliaについて

jp.fotolia.com

 

PIXTAと同じ2016年3月15日に登録。

現在fotoliaで販売中となっている素材数は92枚。
審査待ちの素材数は0枚です。

アップロードに上限は有りませんが、ブラウザからアップロードする時は一度に10枚しか出来ないのでちょっと不便です。

しかしFTPアップロードを使えば一度に大量の画像をアップロード出来ます。
あとタグ打ちは全て手打ちしないといけないので、これまた面倒です。

この辺は下記記事を参考にしてもらえば多少は改善出来ます。

stockphoto-info.hatenablog.com

 

その他のfotoliaの特徴

fotoliaはPIXTAと比べると審査が厳しめの印象です。両社に同じ写真をアップしているのですが、PIXTAで合格でもfotoliaでNGになった物が多数あります。

私の場合だと承認率が6割くらいです。
審査期間も比較的安定していて3日前後で帰ってきます。早い物はその日のうちに帰ってきたりしますが、遅い場合はNG率が高い気もします。

写真だと被写界深度の浅い解放気味で撮った写真はNG率が高い様な気がします。作品として意図した被写界深度なら良いと思います。私の腕前だと解放気味の写真はダメな物が多いです。

fotoliaに一度に沢山の写真を申請に出すとNG率が高くなるとの情報も有ります。
実際に私もその様な結果が出てる感じです。(ただ写真が悪いだけかもしれませんが)

 

大量にアップして悪かった時はこちら

stockphoto-info.hatenablog.com

 

少数で良かった時がこちら

stockphoto-info.hatenablog.com

 

この件はもしかしたらっと言う程度ですが、ネット上でも多数そのような意見も見かけました。この件を確かめる為にも私もアップする際は10枚前後で出していこうかなと考えています。

 

fotoliaの動画について

fotoliaにも動画はアップしているのですが、動画は審査が帰ってくるのがめちゃくちゃ早いです。申請して約2時間で帰ってきました。

stockphoto-info.hatenablog.com

 

動画はまだ5本しかアップしていませんが、ここまで審査が早いのをみると、fotolia側も動画素材を求めているのではと考えています。
動画をやっている方にはfotoliaがおすすめです。

 

fotoliaで今までに売れた写真

現在までにfotoliaで売れた写真は5枚です。
売れた写真は下記記事より確認出来ます。

 

stockphoto-info.hatenablog.com

 

stockphoto-info.hatenablog.com

 

stockphoto-info.hatenablog.com

 

stockphoto-info.hatenablog.com

 

fotoliaのまとめ

・審査は厳しめだが早い

・被写界深度の浅い写真はNGが多いかも?

・一度に大量に申請に出すとNG率が高いかも?

・動画はめちゃくちゃ審査が早い。今がチャンス?

 

 

フォトライブラリー

www.photolibrary.jp

 

2016年4月28日に登録。

現在フォトライブラリーで販売中となっている素材数は5枚。
審査待ちの素材数は20枚です。

 

フォトライブラリーは始めたばかりであまり情報が有りませんが、審査は甘めとの情報が多いです。
審査期間は7-20日位と有りますが、申請後2時間で帰ってきた物も有ります。

stockphoto-info.hatenablog.com

 

アップロードも1枚ずつしか出来ず、FTPアップロードも出来ません。さらにタグ打も少しめんどくさいです。

lightroom等で設定したタグも使えず、全部手打ちしないといけません。なのでまずPIXTAにアップロードして、そのタグ情報をコピペして登録すると多少は楽になります。

アップロード上限は有りませんが、申請中の写真が25枚を超えるとアップ出来なくなります。その後結果が帰ってきた枚数分またアップロード出来る様になります。

 

フォトライブラリーのまとめ

・審査は甘め?

・結果は早い時は早い

・アップロード等の作業が面倒

・あまり分からないので何か良い情報有りましたら教えてください

 

 

以上、私が登録しているストックフォトサービスの特徴でした。
これからストックフォトを始める方の参考になれれば嬉しいです。

 

それでは。

 

 

写真で稼ごう ~ストックフォトサービス ピクスタが教える写真をお金にかえる方法~

写真で稼ごう ~ストックフォトサービス ピクスタが教える写真をお金にかえる方法~

  • 作者: LOCUS. AND WONDERS.,PIXTA
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/08/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 4人 クリック: 180回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る
 
写真で稼ごうハンドブック 季節・風景イメージ編 (PIXTAオフィシャル・ブック)

写真で稼ごうハンドブック 季節・風景イメージ編 (PIXTAオフィシャル・ブック)

 
写真で稼ごうハンドブック 雑貨・フードイメージ編 (PIXTAオフィシャル・ブック)

写真で稼ごうハンドブック 雑貨・フードイメージ編 (PIXTAオフィシャル・ブック)