読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHOTO for LIFE

カメラ初心者がストックフォトやカメラや写真について書いてます

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」iphoneを落としてしまい、拾った人を追跡した話

ブログ

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」

f:id:stockphoto-info:20160505012016j:plain

ゴールデンウィークのまっただ中。
5月4日(日付が変わったので昨日ですね)に妻がiPhoneを落としてしまいました。

先に断っておきますが、今回の記事は写真どころかストックフォトも一切出てきません。個人的にめったにない事件だったので日記として書かせてもらいました。すみません。

 

我が家もゴールデンウィークで、この日は花の綺麗な公園と近くで開催されてたフリーマーケットとショッピングモールに買い物に行ってました。

買い物に行ったとき妻が携帯が無い事に気づき、慌ててバッグの中や車の中を探したけど見つからず、携帯に何度掛けても呼び出しだけ。

妻に聞くと最後に使ったのは公園との事。
公園の管理窓口に落とし物の問い合わせをしても携帯は届いていないとの事。

iPhoneを探すアプリを使ってみようとしても、妻はapple IDとパスワードが分からない状態。しかも設定のiPhoneを探すはオフにしているとの事。

八方ふさがりで、子供達は実家に預け、行った場所を探しに回り、同時にドコモやappleに問い合わせをしました。

妻はまず、ドコモのけいたいお探しサービスに連絡。住所氏名等の情報を色々聞かれたあげく、appleは対象外との事。最初にiPhoneと伝えたのにも関わらずこの対応。(ひどすぎと妻はご立腹でした)

次にappleサービスセンターに問い合わせ。IDとパスワードが分からないとダメと終了。

どうしようもなくなり、ダメ元でもう一度appleサービスセンターに問い合わせ。すると運良くappleの有資格者的な方にあたり、すごく協力的で親身なってくれメルアドから検索してくれて無事にIDが分かり、パスワードリセット&再設定まで行きました。

 

追跡開始!!

それから私のiPhoneを使って探そうとしても現在地設定等していなくて探せない。諦めかけて取り合えず紛失中設定をしました。

すると妻のiPhoneの現在地を示すGPSが動きだしました。

あきらかに誰か拾っていて、しかも移動している。これ盗られてるよね〜。

これで拾った人を追跡する事にしました。
誰かが持っている事は確実になったので、何度も妻のiPhoneに掛けるも出てくれません。二十分くらい追跡してみると、どうやら実家から10分くらいの所のファミレスで動かなくなりました。

そこで一度、このあとに予定があった妻を送り、私一人で追跡する事に。

GPSはファミレスで止まったまま。
ファミレスに到着し、私も一人で入店。

お店には6組ほどのお客さんがいました。
お客さんの中に金髪の若者の2人組の男性を発見。見た目で怪しいと判断してしまい、すぐ後ろの席へ。

そこで耳を澄ませながら妻のiPhoneに掛けてみたり、紛失モードのサウンドを再生という警告音が鳴る機能を使ってみても何の反応も無し。

車の中に置いてきてるのだろうか、と思いながら一人でドリンクバーのアイスカフェラテを飲んでいました。

相変わらずGPSはファミレスで止まったまま。必ず犯人はこの中にいる!!と考えながら拾った人が見るかもと思い、LINEで「いま○○にいるだろ?」と送ってみた。

妻のLINEはロック画面でも通知が表示される様になっていたため、見る可能性は高いと考えてました。

そのままどうしようもない状態が続き、この若者達に、いっそ「iPhone拾わなかった?」と聞こうかなと考えていました。

そんな中、三杯目のドリンクバーを作りにいったとき、ファミレスの中なのに裸足で駆け回る5歳くらいの子供がいました。
親は注意しないのかなとか考えながら見ていたら、どうやら3家族のグループで来ている子供でした。親も子供も日焼けしているのを見て、今日行った所は家族連れが多い所だったな、晴天で日焼けする程天気が良かったなと思い出し、もしかして!と思い始めました。

それから間もなく、そのグループがお店を出るようだったので、あわてて私も清算し駐車場に向かいました。
その3家族は別々の車で来ており、挨拶を済ませるとそれぞれの車に乗っていきました。それを見計らって紛失モードの警告音を鳴らしてみましたが聞こえません。これは違うのかなと思っていたら、みなバラバラに駐車場から出て行きました。

そこでGPSを見てみると動き出しました!!
間違いない!この中の誰かだと確信し、また車で追跡する事にとりあえず最後にでた車を追跡したのですが、信号に掛かり離れてしまいました。

 

iPhoneとの再会

近くのお店の駐車場に止まり、GPSを確認すると少し戻った所でまた止まっていました。慌てて引き返しGPSの示す所にいくとそこは派出所でした。

派出所に入ると警察官は不在でしたが、30代後半の女性とその子供がいました。まさにファミレスにいたグループの中の家族でした。

「もしかしてiPhoneですか?」との私の声に驚いた反応で「そうです」と。
手に妻のiPhoneが。

「どこにありました?」と聞くとフリーマーケットの会場で拾ったそうです。
拾ったので派出所に届けにきたが、警察官は不在。派出所のカウンターにある、不在時用?の固定電話で連絡をしたら警察官が来るまでまっててとの事で待っていたとの事。

その間いろいろ聞いてみると、その家族はフリーマーケットの出品者だったらしく、そこで拾ったらしい。

私がフリーマーケットの本部に問い合わせたけど携帯は無かったと言われた事等話すと、本部の場所が分からなかったらしい。

そこまで広い会場じゃ無かったし、出品者が本部の場所が分からないなんて事あるのかな、周りの人やさっきまで一緒にいた出品者仲間に聞けば本部の場所くらいすぐ分かるだろと思っていた。

何度も掛けた電話に出なかったのも、出ていいのか分からなかったと。拾った携帯に40回も着信があれば普通でるんじゃないかな、ていうかファミレス行く前に普通届けない?とかいろんなやり取りをしていると警察官が到着。

いろいろ府に落ちない所だらけだったけど、証拠も無いし、なにより子供の前ていうのもあり警察官には何も言いませんでした。

警察官とのやり取りでも色々おかしい点もあり、私には階段の所で拾ったとの事だったけど、警察官には駐車場で拾ったとか、拾った時間もフリーマーケットの終了時間近くの5時前と言っていました。
私はその階段の場所を三時位に探しに戻ってるので確実に5時は嘘だなとかおもってました。

たぶん、LINEの「いま○○にいるだろ?」とか警告音が鳴りだしてビビリ出したんじゃないかなと思ってます。

 

最後に

そんなこんなで拾った人には怪しい所が多々ありましたが、無事iPhoneが戻りました。

かなり長くなりましたが、iPhoneを探すの設定をオフにしていても、appleIDとパスワードが分からなくてもiPhoneは探せます。しかもGPSの精度はかなり高いのでほとんどの場合、無くしたiPhoneは見つかると思います。という記事でした。

あと見た目で疑った金髪のお兄ちゃん達、本当ごめんなさい!!

皆さんも紛失・盗難には気をつけましょう!!