読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PHOTO for LIFE

カメラ初心者がストックフォトやカメラや写真について書いてます

ストックフォトでのベクター素材や動画素材について考えてみた

ストックフォト-fotolia ストックフォト-PIXTA ストックフォト 動画 ベクター

ストックフォトを始めて、現在2社で販売が始まっている状態です。
PIXTAには新たに50枚の写真を申請に出しています。
fotoliaは新たに49枚申請したところです。

 


販売が始まってから、他のクリエイターをみるようになりました。

そこで気づいた事があります。
それは、写真だけではなく、動画やイラスト、ベクターなども同時でアップしている方多いという点です。
せっかく色んな形式のもがストックフォトで販売出来るのならしないと損です。

絵を描くのが得意な人は、描いた絵をスキャンしてアップする事も出来ます。
illustratorを使える人は、ベクター素材を販売出来ます。
動画を撮影出来る機材を持っていれば動画も販売出来ます。

このように、ストックフォトで収入を得るには、写真以外にも選択肢があります。

それで私も、写真以外もストックフォトで販売してみようと思います。
絵を描くのは苦手なので、それ以外のベクター素材と動画素材に挑戦してみたいと思います。

実は既に1枚のベクター素材をfotoliaに申請し、合格をもらっています。

ピンクのラベル
jp.fotolia.com



動画については、現在使用しているカメラで動画も撮れるのでそれで試してみたいと思います。

数でいえば手軽さから写真がメインになると思いますが、ベクターも動画もアップし、アクセス数の違いなども調べていきたいと思います。

ベクターも動画も、現在手持ちがありません。
1からの制作・撮影になるのでアップ出来るまでに時間がかかると思いますが、これからは写真以外の情報をお伝え出来ればと思います。